児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

私の好きな名画・気になる名画

私の好きな名画・気になる名画 25

%88%D6%8Eq%82%C9%82%D0%82%B6%82%C2%82%AD%83W%83%83%83%93%83k.jpg

モディリアーニほど、さまざまな伝説の持ち主はあまりいません。伝説がほんとうなら、絵をかく時間などなかっただろうといわれるほどです。1914年におきた第1次世界大戦のころ、パリのモンパルナスのカフェは、若くて貧しい芸術家のたまり場でした。安酒や麻薬のにおいのただよう店の中で、芸術論をたたかわす者、大声で歌う者、酔いつぶれる者などの中に、30歳前後のモディリアーニがいました。「酔いどれ絵かき」 「モンパルナスの貴公子」 などと呼ばれ、女も男も思わずふりかえるほどの気品にみちた美貌の持ち主でした。

モディリアーニは1907年、23歳の時に、セザンヌの回顧展を見て深くその影響を受けました。でも、セザンヌの得意としていた風景や静物画をえがくことはなく、ほとんどが女性の人物か肖像画でした。しかも、ひと目見ただけで 「モディリアーニの絵だ」 とわかるほど個性的ですが、モデルの個性をとらえて描くのではなく、モディリアニの心の中のイメージを表現したにちがいありません。顔は細く長く、ことに首はとても長く、目は小さくて、多くはこの絵のように白眼も黒眼もない1色のうすい青か緑でえがかれています。

33歳のモディリアーニと、当時19歳だった画学生だったジャンヌ・エビュテルヌとの運命的な出会いは有名です。二人は結婚し、娘がうまれましたが、貧乏と酒におぼれ、結核にむしばまれた身体は少しも平穏にはなりませんでした。ただ、妻を心から愛していたのでしょう。モディリアーニはこの絵を含め20点以上ものジャンヌの肖像を残しています。そして1920年36歳で生涯を閉じてしまいましたが、なんとその葬式の日に、二人目の子を宿していたジャンヌは、アパートの6階から飛びおり自殺をしてしまうのです。

モディリアーニは、1884年イタリア・トスカーナ地方のリボルノという港町に、ユダヤ系銀行家の子として生まれました。早く父をなくし、母親の手ひとつで育てられました。母はモディリアニの絵の才能を見抜き、13,4歳の頃から絵の先生につかせ、16,7歳になると、ベニスやフィレンツェの美術学校で学ばせました。肺の疾患に苦しむ息子でしたが、22歳の時、絵画の都パリにモディリアーニを送り出しました。

その頃のモディリアーニは、画家よりも彫刻家をめざしていました。母国イタリアの古代遺跡で眼にした彫刻のほか、オーストラリアやアフリカの原始的な彫刻に魅せられ、形をシンプルに表現した作品を制作していました。しかし、身体の弱いモディリアーニには、石を扱うことは不向きでした。そこで、彫刻で学んだ表現方法を絵におきかえ、あのような個性的な作品群に結実したのでしょう。

生前は、ほとんど無名のモディリアーニでしたが、今や 「エコールド・パリ(パリ派)」 の代表的な画家として、シャガール、ユトリロらとともに世界中の人々に愛されています。日本でも、先月まで六本木の国立新美術館で 「モディリアーニ展」 が開かれていました。7月1日から9月15日までは、大阪・中之島にある国立国際美術館で、引き続き 「モディリアーニ展」 が開催されています。

私の好きな名画・気になる名画 24

%83h%83K.jpg

ドガにはたくさんの踊り子を描いた作品がありますが、この代表作 「舞台の踊り子」 には(エトワール)という別称がついています。主席ダンサーという意味で、まさにドガの作品の中でも第1級のできばえのパステル画です。2階のバルコニー席から見おろした舞台には、スポットライトと、左下からフットライトを浴びた踊り子は、華やかに、また軽やかに舞っています。客席からは大きな拍手をあびているにちがいありません。いっぽう、左上の舞台のすそには、出番を待つ踊り子やマネージャーなのか黒い服を着た男の姿があり、絵に光と陰を与えているかのようです。

ドガは、1834年、祖父がイタリアでおこした銀行のパリ支店長だった父と、アメリカに移民した貿易商を父にもつ母との間に生まれ、貴族の家系でした。本当の名はイレーヌ・エドガー・ジェルマン・ド・ガスといいますが、貴族に多い 「ド」 をつけるのをきらい、「ドガ」 と一文字の名を使うようになりました。働かずにいばっている貴族が気に入らなかったからだということです。

11歳でパリの名門中学に入り、2年後に母が亡くなるという悲しいできごとはありましたが、デッサンに興味を持ち、できれば絵描きになりたいと思いました。父親の強い希望で大学の法科に進むものの、絵をあきらめきれず、21歳のときに父親の許しをえて、国立美術学校にかわりました。アングルの弟子ラモットのアトリエにも通うようになり、アングルに強い影響力を受けて、生涯尊敬しつづけたようです。

21歳から24歳にかけて、ドガはイタリアへ行き、各都市をまわって古典的名画の研究したり模写したりしました。その絵は実に正確で、本物の絵の下書きのようなできばえでした。1870年以降、後に印象派の人たちの会合や展覧会にも出品しましたが、ドガ自身は印象派のひとたちとは違った道を歩みました。むしろ、ダビッド、アングルに続く古典の伝統をつぐ者だと信じ、素描家であることを自負していました。まさに、ドガの観察力の鋭さやデッサン力はデッサンには定評のあるアングルをしのぐとさえいわれています。

ドガの新しさは、動きの多いものを画題に選び、その瞬間的な動きを巧みに描くところでしょう。特に踊り子たちの人間模様に興味をひきよせられました。「踊り子たちは、たった1度の舞台に立つために、日々練習にはげんでいる。画家もこうあるべきだ」 と、毎日のように踊り子の稽古場に通い続けました。そして、その動きを注意深く観察し、ノートにぼう大な素描をかきとめました。そんな努力の積み重ねが、ドガの絵には美しく気品があるといわれる由縁なのでしょう。

私の好きな名画・気になる名画 23

%83N%81%5B%83%8B%83x%8E%A9%89%E6%91%9C.jpg

髪をぼうぼうと長く伸ばし、あごのまわりに濃いひげをはやした若い男が、パイプをくわえてこちらを見おろしています。顔はゆううつそうですが、自信にみなぎっている感じがします。これは、「写実主義」 (英雄や貴族が活躍するような歴史画、天使など想像する宗教画などを描くのでなく、自分が生きている時代の現実を、理想化せずにありのままに描く) という画風を標ぼうしたクールベが、28歳の時に描いた自画像です。クールベは自画像をいくつも描いているため、この絵は 「パイプの男」 と呼ばれています。

クールベは、1819年にフランス東部にある農村オルナンに生まれました。父は豊かな地主、母は代々法律家の家系でした。近くの町にある王立の中学に入り、勉学のかたわら、幼い頃から絵が好きで、地元の画家に師事したりしていました。やがて、21歳のとき、両親の勧める法律を学ぶためにパリにやってきました。でも、絵画への関心があまりにも強く、いつのまにか本格的な画家になろうと決心、ルーブル美術館で名画の模写をしたりしました。特に心酔した画家は、ティツィアーノ、ベラスケス、ルーベンス、レンブラントらだったようです。

そして23歳で、画家の登竜門ともいうべき官展(サロン) に出品した 「黒い犬を連れたクールベ」 が入選すると、オランダを旅しました。そこで目にしたレンブラントやフェルメールらの絵にいたく感銘、刺激されて、故郷のオルナンの石切人、埋葬にむかう村人など、当時フランスではあまり描かれることのなかった、ふつうの市民や村人たちを数多く描くようになりました。

1855年、パリで万国博覧会が開かれることになり、クールベは 「オルナンの葬式」 「画室のアトリエ」 という自信の大作2点を出品したところ、拒否されてしまいました。腹を立てたクールベは、博覧会場のすぐ近くに小屋を建て、「写実主義・クールベ展」 という大看板をかかげた個人展覧会を開きました。これが大評判になり、その名は海外にまで広まりました。

クールベには、生来の闘争的な反骨精神を発揮することが多く、1871年にパリに創られた世界最初の労働者政権である 「パリコミューン」 にも参加しました。しかし、コミューンが倒れて新政府が誕生すると、クールベは逮捕されてスイスに亡命、5年後の1877年の大晦日、フランスに帰ることなくその地で亡くなってしまいました。

しかし、クールベの掲げた 「写実主義」 は、現実そのものがもっている力強さや美しさを表現したことで、次の時代の印象派の画家たちに影響力をあたえ、近代絵画の道筋をしっかり示したと高く評価されています。

私の好きな名画・気になる名画 22

<%83%7D%83%8A%81%5B%83%8D%81%5B%83%89%83b%83T%83%933%90l%82%CC.jpg p>  

ローランサンは、1883年、私生児としてパリに生まれました。母は裁縫の仕事をしながらローランサンを育てました。子どもの頃から絵を描くのが好きだったローランサンは、やがてデッサンの勉強をはじめましたが、母と娘だけの狭い世界での時間が長く、本格的に絵の勉強をはじめたのは、20歳をすぎた頃のことでした。

時代は20世紀に入り、画家たちは新しい絵画の表現を求めて模索をしていました。フォービズム(野獣派)という絵画を発表したマチスに対し、ピカソやブラックは、キュービズム(立体派)という造形美術に挑戦していました。その活動の中心はピカソのアトリエで、「洗濯船」という名がついていました。たくさんの若い芸術家の中に、ローランサンもまじっていました。当時の画家は、ほとんどが男性で、女性がプロになるのは、ひと一倍努力しなくてはならなかったことでしょう。ある日ローランサンは、ピカソから、新進の詩人として注目を集めていたアポリネールを紹介されました。

ローランサンの描く絵は、ほとんどが女性の絵です。そして、独特のスタイルをしています。あごのとがった細い顔、大きな瞳をした切れ長の眼、長くてまっすぐな鼻、両すみが少し上がった唇、まっすぐに伸びた細くて長い手足。おしゃれな洋服は単純化されて描かれています。色彩はピンクとコバルトブルー、緑とグレーで、それに白がまじっていかにも女性の絵を感じさせます。

こんなローランサンの絵が気に入ったアポリネールは、雑誌の評論でローランサンの絵の革新性を絶賛したことで、二人は急速に接近していきました。「洗濯船」で仲間たちと芸術論たたかわすことからはなれ、やがてセーヌ川にかかる「ミラボー橋」で、愛を交わす間がらになりました。

しかし、6年後に破局が訪れました。アポリネールが、ローランサンとの別れのせつなさつづった詩「ミラボー橋」は有名です。「ミラボー橋の下をセーヌ川が流れ、我らの恋が流れる。月日は流れ、私は残る……」と。後にこの歌は、シャンソンとなって大ヒットしました。

1914年にはじまった第1次世界大戦の前に、ローランサンはドイツ人と結婚したために、戦争中はスペインに亡命せざるをえませんでした。戦争が終わるとローランサンは、アルコール中毒の夫と離婚、かつての恋人アポリネールは、戦争の傷が原因で亡くなっていました。

第1次大戦後のローランサンは、より幻想的な絵を描くようになりますが、絵ばかりでなく、詩や本の挿絵をかいたり、バレーなどの舞台美術や衣装も手がけるなど、女性が社会的に多彩な仕事をするようになったリーダー的な存在としても、高く評価されています。

この「3人の女」は、60歳になった頃から描きはじめ、1956年に亡くなる少し前に完成させたローランサンの代表作です。左上にある橋は、セーヌ川にかかる思い出の「ミラボー橋」なのでしょう。最後の情熱をこの絵にこめたものと思われます。なお、この絵は長野県の茅野市にある、世界で唯一のローランサンの専門美術館「マリー・ローランサン美術館」に飾られています。1983年に100点ほどの展示物から開館し、いまでは学生時代のデッサンや版画など、あらゆる年代のローランサンの代表作500点を収納しています。

私の好きな名画・気になる名画 21

%81%5B.jpg  

アンリ・ルソーが近代絵画の歴史に大きな役わりをはたしたのは、次の2点にあります。まず、ルソーがどんな流派にも入らない独自の画風をもったことです。もう1点は、まったく美術教育を受けず、天真らんまんな童心の世界をひらいた点です。

ルソーは1844年フランス西部の田舎町ラバルで金物屋の子として生まれました。18歳のとき兵役に入り、5年後に除隊してからは、パリの通行税を集金するつつましい税関史の役人になって、ひまをみては好きな絵をかいていました。そして、つとめをやめて絵だけに専念しだしたときは、50歳近くになっていました。

この 「自画像」 は、ルソーが1890年の頃に描いた作品で、原題は 「私自身、風景=肖像画」 とあり、これまでの肖像画にはなかった、バックにエッフェル塔のそびえるパリの町、万国旗や気球など、さまざまなルソーの大好きなものを描きこみました。ルソーの人柄はとても善良で、友人の一人は 「あげられるものなら心臓でも人にあげるほどだった」 そうで、60歳をこえても、子どものように澄みきった目をしていたといいます。

ルソーは、目にうつる自然の形をとおりいっぺんに描く画家ではありませんでした。じぶんが心から感動し、体験したもの、あるいは空想したものを、いろいろな形をかりて創りだした画家でした。その子どものようなまごころ、すみきった熱情が、人なみはずれた創意と結びついて色となり形となって、独自の様式を生みだしたのでしょう。

ウーデという親友が、こういっています。「ルソーは40歳から25年間、1日もむだのない年月をおくり、1時間としてむだのない日をおくった。眠るひまも、食べるひまもげずって、絵をかく根気はすさまじかった。たどたどしい絵筆のために、かえっておもしろい形のくずしかたや単純化がでてきたし、1900年ごろになると、たどたどしさをのりこえた技術をつかんで、色どりも複雑なものになっていった。夢のようなパリの景色、物語のかおり立つジャングルのさま、花や静物。それらの作品には、不誠実やいつわりのかけらすら見られない素朴さ、あくまでくもりのない愛情でみたされた心──そうした尊い人間性がひしひしと感じられる」 と。

42歳のときから、ルソーはパリのアンデパンダン展 (審査のない展覧会) に出品するようになりました。いつも彼の絵は人びとから笑われたり、からかわれたり、はずかしめられたりのし通しでした。でも、ピカソやピカソの友人の詩人アポリネールらは、ルソーの芸術の価値を高く評価し、「ルソーじいさんを讃える夕べ」という会を開きました。ピカソ27歳、ルソー64歳の時で、招待されたルソーは感動の涙を流したそうです。こうして、ピカソと仲間たちのおかげで、ルソーは有名になり、絵が売れるようになったことを忘れてはなりません。

美しい精神が息づいているルソーの絵は、原始芸術や土民の芸術とともに、絵画の世界にまじりけのない素朴な新しいジャンルをひらき、絵画史では 「素朴派」 と位置づけられています。

↑このページのトップヘ