児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

今日はこんな日

今日12月17日は、『古代社会』を著して人間文化の進化・発展に関する普遍的法則理論を主張したアメリカの文化人類学者モーガンが、1881年に亡くなった日です。

1818年、ニューヨーク州オーロラに農場主の子として生まれたルイス・ヘンリー・モーガンは、少年時代から郷里の近くに住む原住民の暮らしぶりに興味をもちました。1840年ユニオンカレッジを卒業したのちに法律を学び、1844年冬からロチェスターで法律事務所を開きましたが、26歳のころから、本格的に民族学や人類学の研究をはじめました。

やがてモーガンは、イロコイ族の暮らしぶりに興味を持ち、原住民同士の争いをやめさせたりして彼らの信頼を得ると、イロコイ部族連合のなかのセネカ族といっしょに暮らすなど、さまざまなフィールドワークを行いました。それをまとめた『共同長屋の民─イロコイ部族連合』を1851年に出版すると、客観的な記述による民族誌として評価されました。

1850年代半ばまでのモーガンは、主に法律業務のかたわら鉄道事業や鉱山業に投資して、実業家として財をなしましたが、後半になると、人類学の学問的追究に専念する決意を固めました。こうして、4度にわたる西部への調査旅行、ミズーリ川をモンタナ西部までさかのぼるなど、さまざまな原住民を訪ね歩きながらフィールド調査を拡大していきました。いっぽう、民族学者、宣教師、商人、領事、入植者たちに質問状を送って、諸民族の親族名称体系についてのデータ収集をしていきました。

こうした努力の積み重ねの成果を、1871年に『人類の血縁と婚姻の諸体系』として著すと、その「親族名称体系」という、人類学の重要な分野を扱った最初のものとなり、モーガンの数々の業績の中でも、もっとも長く影響力を与えるものとなりました。

さらにその6年後の1877年、主著となる『古代社会』を刊行しました。この著書の中でモーガンは、人間の文化の発展を「野蛮」「未開」「文明」の3段階に分け、さらに「野蛮」と「未開」をそれぞれ前期・中期・後期に分けました。そして「野蛮」を前農耕段階、「未開」を土器づくりと農耕段階、「文明」は文字の発明とともに始まるとしました。また、国家・家族・財産などの概念の発展の道筋をたどり、「野蛮」「未開」「文明」の各段階と関連してとらえ、人間文化の進化は、本質的に最も原始的な段階から、「文明」段階に単線的に発展すると主張しました。

このモーガン学説は、アメリカで、ときおり人種差別を恒久普遍化するために使われたりしましたが、マルクスやエンゲルスは、自分たちの研究を補足してくれる重要なものととらえ、マルクス主義者たちの古典となっています。

その後一時、厳しい批判を受けたりしましたが、アメリカ社会人類学、とくに親族研究の先駆者として、今も高く評価されています。


「12月17日にあった主なできごと」

1772年 ベートーベン誕生…『交響曲第5番』(運命)『交響曲第9番』(合唱)などの交響曲、『月光』『悲愴』などのピアノ曲のほか、管弦楽曲、歌劇、声楽曲など各方面にわたる作品を遺した、クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人であるドイツの作曲家ベートーベンが生まれました。

1903年 世界初飛行…アメリカのライト兄弟は、動力をつけた飛行機で、人類ではじめて空を飛びました。

今日12月16日は、軍部を中心とする勢力にかつがれ、3度にわたり首相を務めた貴族政治家の近衞文麿(このえ ふみまろ)が、1945年に亡くなった日です。

1891年、貴族院議長で公爵の近衛篤麿の長男として、東京・麹町に生まれた近衛文麿は、幼い時に両親を亡くし、13歳で家をつぎました。一高を経て、東京帝国大学哲学科に入るものの、京都帝国大法科に転学し、河上肇らの指導を受けました。大学卒業後に内務省入りした近衛は、1916年には公爵の特権で貴族院議員となり、西園寺公望に信頼され、1919年の第1次世界大戦後の講和条件を結ぶパリ講和会議に、西園寺らの全権随員として参加しました。

1931年に貴族院副議長、1933年には同議長になり、満州事変以降の政局混乱の中で天皇にも信頼され、各方面にも知り合いの多い近衛は、将来の首相候補といわれるようになりました。そのため、軍部が接近をはじめるいっぽう、友人らと昭和研究会をつくり、政策の構想を練るようになりました。

1936年に、陸軍の青年将校らによるクーデター「2.26事件」の直後、最後の元老といわれた西園寺の推薦により天皇から後継の首相に推されましたが、自信がないと辞退しました。しかし、1937年6月に政党政治が崩壊し、再び首相に推され、こんどは各界ならびに国民の支援の声と期待を受けて、第1次近衛内閣を作りました。それからまもない7月、日中戦争の導火線となる「盧溝橋事件」が発生。参謀本部が不拡大方針だったにもかかわらず、近衛は高姿勢で対応したため全面戦争に拡大し、南京占領後は、「国民政府を対手とせず」という声明を出したことで、日中戦争は泥沼化していきました。その後、対英米戦争に拡大しようとする勢力と、それに反対する勢力が閣内で対立し、1939年1月に第1次近衛内閣は総辞職しました。

同年秋に、第2次世界大戦がはじまり、1940年夏にドイツのヒトラーがヨーロッパ戦線で大勝利をおさめると、近衛は再度各界の注目を集め、戦争に国民を駆り立てる「新体制運動」の中心人物に推され、1940年7月に第2次近衛内閣を組織し、日独伊三国同盟を結び、国内ではすべての政党や労働組合を解散させて、戦争体制の整備をはかりました。いっぽうでは日米交渉を続けようとするものの、陸軍が南部仏印に侵入したことでアメリカは石油の対日禁輸を決め、これが日米戦争への分岐点になりました。

1941年7月、第3次近衛内閣を組織して日米交渉に最後の努力を傾注するものの、アメリカ側から中国・南部仏印からの撤退の最後通告を受けてからはその決断がつかずに3か月足らずで総辞職、東条英機が首相になって日米開戦となったのでした。

なお、敗戦後に近衛は、東久邇宮内閣に国務大臣として入閣し、大日本帝国憲法改正に意欲を見せたものの、連合国軍にA級戦犯に指定され、出頭当日の未明に服毒自殺しました。「お坊ちゃま」として育った近衛には決断力に欠け、団結力でまさる軍部に引っ張られてしまった責任には重いものがありそうです。


「12月16日にあった主なできごと」

1773年 ボストン茶会事件…この日の夜、高い関税に苦しむインディアンに変装したボストン市民が、港内に停泊中のイギリス東インド会社の船に侵入。342箱の茶を海に投げ捨てました。この事件がキッカケとなって、イギリス本国と植民地の関係が急速に悪化、1年4か月後にアメリカ独立戦争が勃発しました。
 
1864年 奇兵隊の挙兵…11月の第1回長州征伐に敗れた長州藩でしたが、高杉晋作の率いる足軽・百姓・町人の有志で組織された「奇兵隊」がこの日挙兵して、藩の主導権を握りました。

1993年 田中角栄死去…豪雪地帯の貧困から志をたてて内閣総理大臣となり、『日本列島改造論』を発表して経済発展に取り組み、日中国交回復をはたすものの、その金権政治が批判された田中角栄が亡くなりました。

今日12月15日は、領民から名君として評価されるものの、赤穂浪士に仇討ちされた吉良義央(きら よしなか)が、1702年に亡くなった日です。義央は、「吉良上野介」としても知られています。

1641年、江戸幕府の旗本で、今の愛知県吉良町にあった4200石の領主吉良義冬の嫡男として、江戸鍛冶橋の吉良邸で生まれた吉良義央(幼名・三郎)は、父が「高家(こうけ)」という、幕府の儀式や勅使(朝廷の使い)の接待を司る重職を兼ねていました。そのため、父のあとつぎになるように育てられ、1657年に上野介に任じられ、1668年に父の後を受け、高家となり、肝煎り(筆頭)となりました。

義央は、領主としては黄金堤の築堤、饗庭(あえば)塩の製造、新田の開発など、領民から名君として評価される存在でした。高家としては、24回にもわたる朝廷への使いや、将軍の名代や伊勢や日光への代参をつとめたり、諸儀式の礼典をまかせられた諸大名に、有職故実の指導をおこなうなど、高家御曹司としての才覚をいかんなく発揮しました。

やがて年齢を重ねるうち、将軍家や紀州家などと縁続きとなって傲慢な態度をとるようになったのでしょう。1701年3月、京都から勅使が江戸へ下向してくるため、赤穂(兵庫県)藩主の浅野長矩がこの接待役に任命され、高家の義央に指導を受けることになりました。ところが長矩が義央の侮辱をうけ、14日に長矩は江戸城中松の廊下で、義央を刀で傷つけました。そのため長矩は、即日切腹を命じられたばかりか、領地を取り上げられ、同年4月19日には赤穂城の幕府への明け渡しがおこなわれ、赤穂藩士数百人は全員離散の運命をたどることになりました。

そして、1702年の12月14日夜、吉良邸で茶会があるという報を受けた元赤穂藩家老の大石義雄は、46人の元藩士を2隊にわけ、表門と裏門から吉良邸に討ち入りし、翌未明に義央の首をとり、これを芝高輪泉岳寺にある長矩の墓前にすえたのでした。

この赤穂浪士の討ち入りは、1706年に近松門左衛門が『基盤太平記』として赤穂義士・悪役吉良として描かれ、1748年に竹田出雲の『仮名手本忠臣蔵』が生まれると、「忠臣蔵」として有名になり、歌舞伎や人形浄瑠璃の舞台から、浪曲・講談・映画などを通し、ますます悪人として誇張され、今日に至っているのはよく知られています。

じっさいの義央は、松の廊下で負傷後まもなく辞職を願って許され、1701年8月には呉服橋から本所に転宅し、同年12月に隠居して養子義周が家督を相続しました。しかし義周の赤穂浪士に襲われたときの処置の仕方が「不埒」であるとの理由で信州高島の諏訪家に預けられ、吉良家は断絶しました。また、大石ら赤穂浪士たち46人は、1703年2月4日に自刃を命ぜられ、主君と同じ泉岳寺に、今も葬られています。


「12月15日にあった主なできごと」

1945年 婦人参政権…GHQの指示で、この日の帝国議会は男女同権の新選挙法を可決、翌日公布されました。翌年4月、戦後初の衆議院選挙の結果、日本初の女性議員39名が誕生しました。

1966年 ディズニー死去…アニメキャラクター「ミッキー・マウス」を生みだし、いまや世界的なエンターテイメント企業となったウォルト・ディズニー・カンパニーを創業したディズニーが亡くなりました。

今日12月14日は、アメリカのジャーナリスト・コラムニストで、半世紀にわたり最も影響力ある政治評論家といわれたリップマンが、1974年に亡くなった日です。

1889年、ドイツからのユダヤ系移民の3世としてニーヨーク市に生まれウォルター・リップマンは、1906年にハーバード大学に入学、哲学を専攻して3年間で全単位を修得、最後の1年は同大学教授で哲学者のサンタヤーナの助手をつとめ、1910年に最優等賞で卒業する逸材でした。

卒業後は、著名なジャーナリストのステファンズの招きにこたえ『エブリバディーズマガジン』の編集に携わり、1913年には処女作となる『政治学序論』を刊行しました。この書は好評で、セオドア・ルーズベルト大統領率いる進歩党の「教科書」といわれました。1914年リベラルな政治雑誌『ニュー・リパブリック』の創刊に携わり、同誌で健筆をふるいます。

やがて、第1次世界大戦後半に参戦したウィルソン大統領のアドバイザーとなり、情報将校として渡仏し、対ドイツ軍に対する宣伝ビラの作成をしたり、「十四か条の平和原則」の原案作成に関わりました。しかし、大戦が民主主義を守る闘いと信じていたものの、殺戮のすさまじさと、ベルサイユ条約への幻滅は深いものがありました。

1921年「ニューヨーク・ワールド」紙に入って論説委員となり、洞察に優れた明晰な論説により、その名をあげました。そして翌1922年に代表作となる『世論』を刊行しました。リップマンはこの本のなかで、民主主義の基盤である世論がいかに操作しやすいものかを説き、世論に影響力を持つジャーナリストの使命を再認識する書として高く評価され、現代マスコミ研究の古典といわれています。

1929年に「ワールド」紙の主筆となるものの、同紙が経営難で廃刊となると、1931年から1967年まで『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』紙の特別寄稿家となって、「今日と明日」と題するコラムを担当しました。このコラムは、全米のたくさんの新聞に特約掲載され、1930年代末には189紙が掲載するほどで、リップマンはアメリカで最も影響力のある政治評論家として、1958年にはピュリッツァー賞の特別表彰、1962年に同賞の国際報道部門で受賞しています。

1963年からは「ワシントン・ポスト」紙や「ニューズウィーク」誌の特別寄稿家としても活躍するなど、半世紀にもわたるリップマンの主張は、豊富な情報源、鋭い分析、自由闊達な筆運びで政治に関心のある全米の読者を引きつけ続けました。国内的には、連邦政府の拡大を危惧する保守的リベラル、対外的には冷戦外交を支持しながらも、力のおごりを警告する現実主義者でした。

1947年には『冷戦・アメリカ外交政策の一研究』を発表し、以後この言葉が東西関係を表す国際政治の流行語となり、晩年はベトナム戦争を厳しく糾弾しています。政治、外交、社会問題に関する幅広い著作のなかでも、上記以外に、『公共の哲学』『国際政治とアメリカ』『共産主義世界とわれらの世界』などの著作を残しています。


「12月14日にあった主なできごと」

1799年 ワシントン死去…イギリスからの独立戦争で総司令官として活躍し、アメリカ合衆国初代大統領となったワシントンが亡くなりました。

2003年 フセイン大統領の身柄確保…アメリカ軍は、対イラク戦争で民家に隠れていたイラクの元大統領サダム・フセインの身柄を確保しました。裁判の結果死刑が確定し、3年後の12月30日に亡くなりました。

今日12月11日は、江戸中期の禅僧で、20数年にもわたる苦しみの修行の末に自らを納得させる悟りを完成させ、「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とうたわれた白隠(はくいん)禅師が、1768年に亡くなった日です。

1686年、駿河国原宿(今の静岡県沼津市原)にあった杉山家の3男として生まれた白隠(幼名・岩次郎)は、15歳のとき松蔭寺で出家得度し、単嶺和尚に慧鶴(えかく)と名づけられました。19歳の春、禅の功徳について懐疑的になって旅に出ると、今の岐阜・福井・愛媛・広島の寺を訪ね歩きました。しかし、仏法に対する迷いが生じ、仏像や経巻を見ることにさえ嫌悪を覚え、詩文に耽りました。

20歳の春、また立ち上がって美濃国大垣の瑞雲寺におもむき、馬翁和尚に厳しい指導を受けました。そして、膨大な本が虫干しされている中から、『禅関策進』に出会いました。明の雲棲が著した禅修業に対する古人の言行を集成したもので、とくに唐僧の慈明禅師が錐で自分の股を刺して睡魔と戦い、座禅したエピソードに感銘、すっかり堕落していたわが身を深く反省して、再び修行する決意をしました。その後、伊予国松山の正宗寺で逸禅和尚が講じる『仏祖三経』を聞いて感銘、両書を常に座右の友にしたということです。

さらに24歳の春、越後高田の英厳寺へ行き、性鉄和尚の荒々しい叱りに耐えたのが縁で、信州飯山の正受和尚・道鏡に出会いました。道鏡は慧鶴の高慢をののしり、時には打ちすえて厳しく接しました。約8か月の修行の末、道鏡に「汝、徹せり」といわせるに至り、松蔭寺へ帰って布教を続けますが、慧鶴の修行はまだまだ終わりません。

自身の禅定力(ぜんじょうりき=心を乱されない力)が不足していることを反省した慧鶴は、再び行脚しながら座禅に取り組んだところ、無理がたたって肺を患ってしまいました。それにもめげず、京都白川の山奥に住む白幽子という仙人に内観(心身のリラックス法)の秘訣を授かり、これを必死に実践して肺患を完治させました。

それ以後も、下総、伊勢、若狭などを旅するうち、松蔭寺が荒れ果てているという話を聞いて戻ると、やがて禅者としての慧鶴の名声が高まり、訪れる修行僧も増えてきました。そして、1718年34歳のとき、臨済宗京都妙心寺派の首座に推され、これを機に白隠を名のりましたが、松蔭寺にとどまって修行僧たちとともに座禅にはげみ、1727年7月、禅道仏法の妙処を43歳にしてはじめて会得することができました。

こうして、曹洞宗・黄檗宗に押されて衰退していた臨済宗を復興させ、禅の民衆化につとめて「公案禅」を確立しました。これは、優れた禅者の言葉や動作などを記して、これを座禅しようとする人に示し、考える対象または手がかりにさせたものです。また、禅を行うと起こる禅病を治す治療法を考案するなど、生涯にわたり禅の布教に尽力しましたが、権力者には近づかず、つねに農民や町民のなかにあり続けました。今も、臨済宗十四派は、すべて白隠を中興の祖としているため、白隠の著した「坐禅和讃」を坐禅の折に読誦します。

衆生(しゅじょう=人間)本来仏なり
水と氷の如くにて
水を離れて氷なく
衆生の外に仏なし
衆生近きを知らずして
遠く求むるはかなさよ
譬(たと)えば水の中に居て
渇を叫ぶが如くなり……

こうして、のちに臨済禅中興の祖、500年に一人の禅師と仰がれるようになった白隠は、禅画もをよくし、好んで釈迦、観音、達磨などを描いた数々の絵は、現在も松蔭寺に保存されています。


「12月11日にあった主なできごと」

1223年 運慶死去…国宝となっている東大寺南大門の「仁王像」などの仏像彫刻を残し、鎌倉時代初期に活躍した仏師・運慶が亡くなりました。
 
1485年 山城国一揆…日本最大の内乱といわれる応仁の乱(1467-77)の主な原因は、8代将軍足利義政に仕える守護大名畠山持国の実子義就(よしなり)と、養子政長の家督争いでした。この争いが、乱後も続いたため、この日住民たちは大規模な一揆をおこし、平等院に集合して、8年もの間、山城国の政治を自治的に運営しました。
 
1950年 長岡半太郎死去…原子核の存在を予見したり、磁気にひずみあることの研究など、地球物理学、数理物理学の発展に貢献した物理学者の長岡半太郎が亡くなりました。

↑このページのトップヘ