児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2019年02月

● 今日(2月28日)の主なできごと

1972年 「浅間山荘」強行突入……連合赤軍のメンバーが19日に軽井沢にある「浅間山荘」に押し入り、管理人の妻を人質に立てこもっていたが、この日機動隊が強行突入、激しい銃撃戦の末に人質を解放して犯人5名を逮捕、隊員2名が殉職した。突入の様子はテレビで生中継され、視聴率は総世帯の9割近くにも達し、今なおこの記録は破られていない。


● 今日の主な記念日・恒例日

ビスケットの日……1855年のこの日、水戸藩の柴田方庵が、長崎留学中にビスケットの製法を手紙に書いて自藩に送った。「二(2)度焼(8)かれた物」というビスケットの語原から、全国ビスケット協会が1980年に制定。

バカヤローの日……1953年のこの日、吉田茂首相が衆議院予算委員会の席上、ある議員の質問に対し「バカヤロー」と発言したと報道され、内閣不信任案が提出・可決され、この年の3月14日に衆議院が解散した。「バカヤロー解散」と呼ばれているのはそのためで、この日は腹が立っていることに対して「バカヤロー」と叫んでもよい日とされている。しかし、吉田は席に着いたとき、小声で「バカヤロー」とつぶやいたのを、たまたまマイクが拾ったためなので、「バカヤロー」は声に出さないのがよさそうだ。


● 今日生まれた人

1533年 モンテーニュ……フランスの思想家・随筆家。主著は、人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた『随想録(エセ―)』。

1811年 佐久間象山……幕末の開国論者。吉田松陰、坂本龍馬、勝海舟らを指導。

1833年 ヒルティ……スイスの法学者・思想家。代表著作『幸福論』『眠れぬ夜のために』など。

1864年 二葉亭四迷……明治期の小説家・翻訳家。言文一致体。代表作『浮雲』『其面影』(小説)『あひゞき』『めぐりあひ』(翻訳)など。

1908年 山川惣治……昭和期の絵物語作家・画家。代表作、『少年王者』『少年ケニヤ』『ノックアウトQ』など。


● 今日亡くなった人

1546年 ルター……ドイツの宗教家。免罪符を販売するローマ教会を批判し、ヨーロッパ各地で宗教改革を推し進めた。

1591年 千利休……戦国時代・安土桃山期の茶人。「千家流茶道」開祖。秀吉の怒りにふれて切腹させられた。

1638年 天草四郎……江戸時代前期「島原の乱」の指導者。この日、幕府の総攻撃を受け、四郎をはじめ37000人が死亡。

1892年 ルイ・ヴィトン……フランスの鞄職人。ファッションブランド「ルイ・ヴィトン」創始。

1916年 今村紫紅……明治・大正期の日本画家。代表作『熱国之巻』『伊達政宗』『細雨』など。

1935年 坪内逍遙……明治・大正期の小説家・演劇評論家・劇作家・評論家・イギリス文学者。代表作『小説神髄』『当世書生気質』「シェイクスピア全集」翻訳など。

1955年 野中到……明治・大正・昭和期の気象学者。

2014年 まど・みちお……昭和・平成期の詩人。代表作『やぎさんゆうびん』『ぞうさん』『ふしぎなポケット』など。

2015年 松谷みよ子……昭和・平成期の児童文学作家。代表作『龍の子太郎』『いないいないばあ』『モモちゃんとアカネちゃんの本』シリーズなど。


● 過去のマイブログ「2月28日」のテーマ

2014年 『富士案内』 の野中到
妻とともに、富士山頂で最初の越冬観測を試みたことで知られる気象学者の野中到(のなか いたる)が、1955年に亡くなった日です。1867年、いまの福岡市に生まれた野中到(本名・至)は、医学をめざして大学予備門(のちの東大教養学部)に入学しましたが、当時の日本が日清戦争に勝利して士気盛んな時期であったことから1889年に医学の道を断念し中退、富士山山頂で越冬気象観測を行って……。

2013年 「おもしろ古典落語」108回目 『帯久(おびきゅう)』
江戸時代のなかごろ、日本橋本町四丁目に和泉屋(いずみや)与兵衛という、たいへん繁盛している呉服店がありました。隣町の本町二丁目には、帯屋久七が営む通称「帯久」という呉服屋がありましたが、これが流行らないため「売れず屋」とかげ口をたたかれていました。ある年の3月、金に困った久七が、和泉屋与兵衛に20両の借金を申しこみました。こころやさしい与兵衛は、「無利息、無証文、あるとき払いの催促なしで結構……。

2012年 日本画の革新児・今村紫紅
独創的で大胆な作品で後進に大きな影響を与えた画家の今村紫紅(いまむら しこう)が、1916年に亡くなった日です。1880年、横浜市の提灯屋を営む家に生まれた今村は、15歳ごろ地元の画家に水彩画を学び、1897年に画家だった兄と共に松本楓湖に師事しました。1898年に日本美術協会展で早くも初入選を果たすと、1901年、生涯の友となる安田靫彦らと「紅児会」をつくって、主に歴史人物画の研究を進め……。

2011年 近代文学の開拓者・坪内逍遥
『小説神髄』『当世書生気質』を著し、シェイクスピア全集の翻訳など、作家・評論家・翻訳家・劇作家・教育家として、多岐な分野で活躍した坪内逍遥(つぼうち しょうよう)が、1935年に亡くなった日です。逍遥は1858年、尾張藩だった現在の岐阜県美濃加茂市に生まれました。父は尾張藩士でしたが、母は芸術好きの商人の子で、逍遥は、幼いころから、読本・草双紙などの江戸文学や俳諧、和歌に親しんで……。

2008年 グレゴリオ暦のはじまり
よく知られているように、2月29日のある年は閏年(うるうどし)といって、4年に1度あります。では、どうして閏年ができたのでしょう。私たちがふだん使っているカレンダーは、太陽暦といって、太陽の動きをもとにして作られた暦です。地球が太陽のまわりを一回りする長さを1年とする考え方です。初めて1年の長さをかなり正確に計ったのは、6000年も昔の古代エジプト人でした。他の民族の人たちはたいてい……。

2007年 幼児の創造性の芽をつんでいませんか
幼児である子ども自身にとっての善悪感は、親の考える善悪感、おとなの認識している善悪感とは、まるでちがいます。幼児にとっては、自分が楽しいこと、うれしいことが自分の善であり、楽しくないこと、いやなことが悪です。したがって、親の善悪感を絶対的なものとして、幼児の行動を 「それはいい」 「それはいけません」 と一方的に規制していくことには、大きな疑問が残ります。もちろん、いけないことを……。

2006年 「説得」から「納得」の営業へ
いずみ書房のフランチャイズ販売組織にかげりが見えはじめたのは、1983年頃だったろうか。訪問販売という販売手法は、読書や家庭教育に無関心な母親に、幼児期の子育ての大切さを知らせるという点で、たいへん重要な役割をはたしてくれたと思う。私は、営業にたずさわる人たちの基本的な理念にしてもらうため、「絵本のすすめ」(後に改題「かしこい子どもの育てかた」)という小冊子をこしらえ……。

● 今日(2月27日)の主なできごと

1876年 江華条約の締結……鎖国をつづける朝鮮に国交を求めていた明治政府は、前年に日本の軍艦が朝鮮の江華島付近で砲撃を受けたのに対し、猛反撃を加えた(江華島事件)。この日、更なる圧力をかけて江華条約を締結させ、念願の朝鮮開国を実現させた。この条約は釜山・江華港を貿易港として開港、朝鮮海航行の自由、江華島事件の謝罪など、日本優位の不平等条約で、日本の朝鮮侵略の第1歩となった。

1933年 ドイツ国会議事堂炎上……この日の夜突然、首都ベルリンの国会議事堂が燃え上がり、ヒトラーはこれを共産党員のしわざだとして、共産党員をすべて逮捕し、間近にせまった選挙に出られなくさせた。このため、ナチス党は選挙を有利に進め、独裁の足がかりとした。


● 今日の主な記念日・恒例日

絆の日/冬の恋人の日……2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーの中間の日で、恋人同士の絆を深める日。「きづ(2)な(7)」の語呂合せでもある。


● 今日生まれた人

272年 コンスタンティヌス1世 (大帝)……古代ローマ皇帝。キリスト教を公認。

1861年 シュタイナー……ドイツの哲学者・思想家。提唱した「シュタイナー教育」は、自由教育の象徴的存在。

1902年 スタインベック……アメリカの小説家。代表作『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』『エデンの東』など。

1908年 長谷川一夫……昭和期の俳優。時代劇スター。『銭形平次捕物控』シリーズ『地獄門』『近松物語』に主演するなど、俳優初の国民栄誉賞受賞。

1925年 豊田章一郎……昭和期の実業家。「トヨタ自動車」会長・社長、経団連会長歴任。

1932年 エリザベス・テイラー……イギリス出身アメリカの女優。『バターフィールド8』『バージニア・ウルフなんかこわくない』でアカデミー主演女優賞受賞。


● 今日亡くなった人

1887年 ボロディン……ロシアの作曲家。「ロシア五人組」の一人。代表曲『中央アジアの草原にて』。

1936年 パブロフ……ソ連の生理学者。条件反射の理論を確立。

1989年 ローレンツ……オーストリアの動物学者。「動物行動学」創始。

2004年 伴野朗……昭和・平成期の小説家。代表作『五十万年の死角』『傷ついた野獣』『始皇帝』など。

2004年 網野善彦……昭和・平成期の歴史学者。代表作『中世荘園の様相』『無縁・公界・楽――日本中世の自由と平和』など。


● 過去のマイブログ「2月27日」のテーマ

2014年 「動物行動学」 のローレンツ
「刷り込み」の研究者で、動物行動学(エソロジー)を確立したオーストリアの動物学者ローレンツが、1989年に亡くなった日です。1903年、オーストリア・ハンガリー帝国時代に高名な外科医の子としてウィーン近郊に生まれたローレンツ・コンラートは、1922年に渡米してコロンビア大学で医学を学びはじめ、1923年に帰国後ウィーン大学で比較解剖学、動物学、医学、カント哲学を学び、1928年に医学博士となりました。その後、解剖学研究所で助教授をつとめながら……。

2013年  [おもしろ民話集 74] オイディプス王とスピンクス
むかし、ギリシャのテーベという国に、ライオスという王さまがいました。ある日王さまは、アポロンの神さまのお告げを受けました。それは、「こんど生れる王子に殺されるだろう」というものでした。驚いたライオス王は、生れたばかりのわが子を、一人の羊飼いに渡し、殺してくるように命じました。羊飼いは王子を抱いて城をでましたが、腕に抱かれた赤ん坊を見ると、かわいそうで、とても殺す気にはなりません……。

2012年 『中央アジアの草原にて』 のボロディン
ロシア国民主義の新音楽運動の発展に力をそそいだ作曲家集団「ロシア五人組」のひとりで化学者のボロディンが、1887年に亡くなった日です。1833年、グルジア系貴族の私生児としてペテルブルクに生まれたアレクサンドル・ボロディンは、幼いころからピアノやフルート、チェロなどに親しみ、13歳のときには協奏曲を作曲するほどでした。陸軍医科大学に進んで化学を専攻し1856年に卒業しました。その後、陸軍病院に勤務したり……。

2009年  条件反射のパブロフ
消化腺と条件反射の研究でノーベル賞を受賞したロシアの科学者パブロフが、1936年に亡くなった日です。「犬は、えさを見るとよだれをだす。ところが、えさをあたえるたびにベルを鳴らすのをくり返すと、やがて犬は、ベルの音を聞いただけで、よだれを流すようになる」 これは条件反射という、動物の脳のはたらきを示す実験です。1849年、ロシアのリャザンという古い町で生まれたイワン・パブロフは……。

2008年  [おもしろ民話集 35] 虎と干し柿
ある山奥に一つの村があり、その村の裏山に大きな虎がすんでいました。雪がたくさんふってきたため、虎の食べものが何もなくなってしまいました。ある冬の夜、虎は、食べものをもとめて、のそりと村のほうへ下りてきました。ある家に近づくと、中から子どもの泣き声が聞えます。いったい、何を怖がっているのだろうと、虎は窓の下にかがんでじっと耳をすませました。「もう泣くのはおやめ。だまらないと……。

2007年 「Chaoone! ちゃおーね」 がスタート
いずみ書房のオンラインショップサイトが昨日夕方からリニューアルしました。ショップ名は、先にお知らせしました「Chaoone!~ちゃおーね」です。以下、私にはよく理解できない文言がたくさん出てきますが、主な改善点は以下の通りだそうです。[ウィッシュリスト] ウィッシュリストとは、あなたのお気に入り、または気になる商品をブックマークし、一覧で表示することができるメモリー機能。こうしておくことで、メモをとっておいたり、次回以降に再度商品を検索する手間が省ける……。

2006年  英国レディバード社を訪問
今思い起こすと、「レディバードブックス特選100点セット」を刊行した1987年から数年間が、英国レディバード社の最も繁栄していた時期だったように思う。マルコム・ケリー社長のもと、幹部も社員も生き生きと仕事に取り組み、次々と新企画を打ち出していた。1987年の晩秋、私はコンテストで優秀な成績をおさめた当社の営業幹部や営業マン7名を引き連れ、レディバード社を訪れた。私にとって初めての……。

● 今日(2月26日)の主なできごと

1609年 琉球征伐……薩摩藩の藩主島津家久は、この日大軍を率いて琉球王国に攻め入り、4月までに征服。当時琉球王国は、中国や東南アジアと日本を結ぶ中継貿易で栄えていたが、これ以後は、薩摩藩が独占することになった。

1815年 ナポレオンがエルバ島脱出……ヨーロッパ同盟軍に破れ、エルバ島に流されていたナポレオンは、この日の夜7隻の船に大砲を積みこんで島を脱出、皇帝に返り咲いた。しかし「100日天下」に終わり、セントヘレナ島に幽閉され、その地で亡くなった。

1936年 二・二六事件……陸軍「皇道派」の青年将校ら1400人以上が対立していた「統制派」の打倒と国家改造を目指し、首相官邸などを襲撃。天皇を利用して悪政を行う「重臣グループ」(君側の奸)として、岡田啓介首相(別人が殺され難をのがれる)、高橋是清蔵相、斎藤実内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監らを襲撃して暗殺した。戒厳令が敷かれ、3日後にクーデターは鎮圧されるが、この事件以降、軍部はこの事件の再発をちらつかせ、政・財・言論界を脅迫し、いっきに戦争体制へ歩みはじめた。


● 今日の主な記念日・恒例日

2.26事件の日……2.26事件が発生した日を記憶する日。

脱出の日……エルバ島に流刑されていたナポレオンが島を脱出してパリに向かった日にちなむ。

血液銀行開業記念日……1951年、日本初の血液銀行が大阪に設立されたことにちなむ。
 

● 今日生まれた人

1658年 室鳩巣……江戸時代前期の儒学者。代表作『駿台雑話』など。

1802年 ユゴー……フランスの小説家。代表作『レ・ミゼラブル』『九十三年』など。

1873年 河東碧梧桐……明治・大正・昭和期の俳人。

1873年 与謝野鉄幹……明治・大正・昭和期の歌人・詩人。与謝野晶子の夫。

1911年 岡本太郎……昭和・平成期の前衛芸術家。

1920年 川内康範……昭和・平成期の作詞家・脚本家。代表作『月光仮面』。


● 今日亡くなった人

1352年 足利直義……鎌倉後期から室町時代前期の武士。足利尊氏の弟。

1844年 間宮林蔵……江戸時代後期の北地探検家。

1900年 品川弥二郎……幕末の萩藩士、明治期の政治家。

1936年 斎藤実……明治・大正期の海軍軍人、昭和期の政治家。第30代首相。

1936年 高橋是清……明治・大正・昭和期の財政家・政治家。第20代首相。

1936年 渡辺錠太郎……明治・大正・昭和期の陸軍軍人。陸軍教育総監。

1958年 横山大観……明治・大正・昭和期の日本画家。代表作『無我』『屈原』『蕭湘八景』『生々流転』など。

1969年 ヤスパース……ドイツの哲学者・精神科医。実存主義哲学の代表的論者の一人。代表著作『精神病理学総論』『哲学』など。

1982年 衣笠貞之助……大正・昭和期の映画監督。代表作『狂つた一頁』『地獄門』『十字路』『雪之丞変化』など。

1996年 大藪春彦……昭和・平成期の小説家。代表作『蘇える金狼』『野獣死すべし』『汚れた英雄』など。


● 過去のマイブログ「2月26日」のテーマ

2015年 「二・二六事件」 で銃殺された斎藤実
日露戦争後に海軍の大御所となり、朝鮮総督、第30代総理大臣、内大臣を務めた斎藤実(さいとう まこと)が、1936年に亡くなった日です。1858年、仙台藩水沢城下(今の岩手県奥州市水沢)に、武士の子として生まれた斎藤実(幼名・富五郎)は、公務のかたわら寺子屋を開いていた父から漢学を学び、1872年に上京、翌年海軍兵学寮(後の海軍兵学校)に入学しました……。

2014年 「だるま蔵相」 高橋是清
大正・昭和初期に6内閣の大蔵大臣(蔵相)をつとめ、短期間ながら内閣総理大臣をつとめた政治家の高橋是清(たかはし これきよ〉が、1936年の「二・二六事件」で暗殺された日です。1854年、江戸幕府の御用絵師の私生児として生まれた是清(幼名・和喜次)は、生後まもなく仙台藩の下級武士高橋家の養子となり、養祖母の愛情に育まれました。運よく仙台藩の留守居に才能を見出されて宣教師の夫人から英語を学んだことで、1967年14歳のとき、藩費でアメリカに留学しました……。

2013年 「副将軍」 足利直義
兄の足利尊氏のおこした室町幕府創生期には政務の実権を握ったものの、やがて兄と対立して敗れた足利直義(あしかが ただよし)が、1306年に生れ、1352年に亡くなった日です。足利尊氏と同母の弟として生れた足利直義は、1333年、後醍醐天皇が幽閉先の隠岐島を脱出して鎌倉幕府打倒の兵を挙げると、尊氏とともにこれに味方し、六波羅探題(京都にあった鎌倉幕府出先機関)攻めに参加して滅ぼし、いっぽう新田義貞は鎌倉を攻めて鎌倉幕府は滅亡しました……。

2010年  間宮海峡を発見した間宮林蔵
北海道の北にある樺太(からふと・ロシア語で「サハリン」)が大陸とはつながっていない島であることを発見した間宮林蔵が、1844年に亡くなった日です。樺太が日本人に知られたのは、16世紀以降だと伝えられています。初めは松前藩の領地でしたが、のちに江戸幕府の直轄領となりました。そして、1855年の「日露和親条約」では国境を設けず、両国民の混住の地とすると決められました……。

2009年 「レ・ミゼラブル」 のユゴー
フランス文学史上屈指の名作といわれる『レ・ミゼラブル』を著わした作家のユゴーが、1802年に生まれた日です。たったひときれのパンをぬすんだために、19年も牢獄に閉じこめられたジャン・バルジャンは、社会へのはげしいにくしみをいだいて、牢をでてきます。ところが、慈悲ぶかい神父にさとされて心を入れかえ、社会の不幸な人びとへの愛に自分をささげて、清らかに死んでいきます。これは、フランスの小説家ビクトル・ユゴーの名作『レ・ミゼラブル』の物語です……。

2008年  日本中を震撼させた2・26事件のあった日
1936年2月26日、大雪の日の東京は、恐怖と不安に包まれた日となりました。若い青年将校たち20余名は1400名もの兵士を率い、「昭和維新を実現させよう」と、国会議事堂を中心とする日本の政治の重要個所を占領してしまったのです。この事件は、2月26日に行なわれたため、2・26事件とよばれています。この事件がおこる5年ほど前の1931年、柳条湖事件をきっかけに満州事変がおこり、日本は満州全土を制圧。そして溥儀を執政とする満州国を建国しました……。

● 今日(2月25日)の主なできごと

1000年 一条天皇2人の正妻……平安時代中期、政治を支配していた関白の藤原道長は、長女の彰子(しょうし)を一条天皇に嫁がせ、孫を天皇にしようと画策していたが、この日藤原定子(ていし)を一条天皇の皇后に、彰子を中宮として、ともに天皇の正妻とした。

1670年 箱根用水完成……着工から5年以上にもわたるノミやツルハシでトンネルを掘る難工事の末、芦ノ湖と現在の裾野市を結ぶ1280mの用水路箱根用水が完成。幕府や藩の力を借りずに、延べ人数83万人余という農民や町民の手で作り上げ、現在に至るまで裾野市とその周辺地域に灌漑用水を供給している技術は、高く評価されている。

1956年 スターリン批判……ソ連共産党第20回大会で、フルシチョフ第一書記が4時間の大演説をし、それまで神格化されてきたスターリンの権力欲と粗暴な性格、自分の意に染まない人物の逮捕・銃殺、側近だったマレントフ、モロトフらの粛清・追放など実名をあげて明らかにした。これでソ連という国が以前のような秘密主義でないことを示したものの、ポーランドで暴動、ハンガリーで反ソ蜂起がおこるなど同盟国に混乱がおこった。いっぽうこれがきっかけとなって、同年10月に日ソ国交回復が実現し、日本の国連加盟が実現した。


● 今日の主な記念日・恒例日

夕刊紙の日……1969年、日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』(タブロイド版)が創刊したことにちなんだ記念日。

箱根用水完成の日……日本の土木史上重要な意味を持つ箱根用水(今の深良川)が完成したことで、日本を代表する用水の一つとして、農林省の疎水百選に選定されている。


● 今日生まれた人

1304年 イブン・バットゥータ……アラビアの法学者・旅行家。代表作『三大陸周遊記』。

1415年 蓮如……室町時代の僧侶。浄土真宗中興の祖。代表著作『御文章(御文)』『領解文』など。

1835年 松方正義……明治・大正期の政治家。第4・6代首相。日本銀行を創立。

1841年 ルノアール……フランスの画家。代表作『アルジェの女』『舟遊びの人々の昼食』など。

1852年 児玉源太郞……明治期の陸軍軍人・政治家。

1888年 ダレス……アメリカの外交官・政治家。アイゼンハワー政権の国務長官。

1924年 黒岩重吾……昭和・平成期の小説家。代表作『背徳のメス』『天の川の太陽』など。


● 今日亡くなった人

903年 菅原道真……平安時代前期の学者・政治家。「天満天神」として信仰の対象となり、「学問の神様」とされる。

1634年  ワレンシュタイン……ドイツの軍人。30年戦争の英雄。

1953年 斉藤茂吉……大正・昭和期の歌人。写実的、生活密着的な歌風が特徴。

1983年 テネシー・ウィリアムズ……アメリカの劇作家。代表作『ガラスの動物園』『欲望という名の電車』『熱いトタン屋根の猫』など。

1993年 安房直子……昭和・平成期の児童文学作家。代表作『さんしょっ子』『風と木の歌』『遠い野いばらの村』『風のローラースケート』など。


● 過去のマイブログ「2月25日」のテーマ

2015年 「安保」生みの親・ダレス
日本と49か国との平和条約「サンフランシスコ講和」と、同時に結ばれた「日米安全保障条約(安保)」を推進し、アイゼンハワー米大統領の国務長官として活躍したアメリカの外交官で政治家のダレスが、1888年に生まれた日です。ワシントンに長老教会牧師の子として生まれたジョン・フォスター・ダレスは、ニューヨークの公立学校を経て、プリンストン大学とジョージ・ワシントン大学法学校で法律を学びました……。

2014年 「新劇王」 テネシー・ウィリアムズ
『ガラスの動物園』『欲望という名の電車』『熱いトタン屋根の猫』など、たくさんの戯曲を書いたアメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズが、1983年に亡くなった日です。1911年、アメリカ南部ミシシッピ州のコロンバスに靴のセールスマンの子として生まれたテネシー・ウィリアムズは、牧師の祖父、音楽教師の祖母、夫婦仲のよくない両親、2歳上の姉ローズ、弟デーキンとともに祖父の牧師館でおだやかに育ちました……。

2013年  名将ワレンシュタイン
400年ほど前、ドイツとフランス間で戦われた三十年戦争期の「神聖ローマ帝国」(ドイツ)皇帝軍総司令官として活躍したワレンシュタインが、1634年に暗殺された日です。1583年、ボヘミア(チェコ西部)ドイツ系プロテスタントの小貴族の家に生まれたアレブレヒト・ワレンシュタインは、カトリックに改宗してイタリアのパドバ大学に遊学後、オーストリアのハプスブルク家の傭兵として仕えました……。

2011年 「おもしろ古典落語」11回目 『初天神(はつてんじん)』
天神様というのは、学問の神様といわれる菅原道真公のことで、その天神様を祀ってあるお宮が天満宮です。新年になってから、天満宮にはじめてお詣りにいくことを「初天神」といい、とくに25日が天満宮の縁日のため、1月・2月の25日には、おおぜいの人たちがお詣りでかけました。「おい、おっかぁ、ちょっと羽織を出してくれよ」……。

2010年  色彩画家ルノアール
フランスの印象派の画家で、風景画や花などの静物画から人物画まで、日本をはじめ世界中でもっとも人気の高い画家の一人 ルノアールが、1841年に生まれた日です。「目に見えた物を、ただ正確に美しく描くのではなく、見た瞬間に感じたことや印象に残ったことを、絵にしていこう。また、暗いアトリエから外にでて、明るい太陽の下で、きらめく色彩と光線をたいせつにして絵をかこう」19世紀の半ばすぎから20世紀のはじめに、このような考えで、絵をかくことが盛んになりました。印象派とよばれる絵です……。

2009年  近代の代表歌人・斎藤茂吉
写実的、生活密着的な歌風を特徴とするアララギ派の歌人の中心だった斎藤茂吉が、1953年に亡くなった日です。斎藤茂吉のはじめての歌集『赤光』が一躍有名になったのは、「母の死」 をせつせつと歌った一連の作品が、人びとの心に深い感動を与えたからです。「みちのくの母のいのちを一目見ん一目見んとぞただにいそげる」……。

2008年  電車を乗り越した母親
以前、電車に乗っていた若い母親が次で降りるのに気づき、座席にあがって窓の外をみていたふたりの子どもを 「さあ、降りるのよ」 「早く靴をはきなさい」 「なにをぐずぐずしているの」 と叱りつけながら、子どもを引きずるようにして電車を降りていった話を、このブログに書いたことがあります。ところが、先日、これとは全く逆の光景を目にして感銘しました……。

● 今日(2月24日)の主なできごと

1873年 キリスト教禁制撤廃……1612年以来禁止されてきたキリスト教を、明治政府も国禁にしてきたが、この日「キリスト教国禁」の高札を撤去。欧米諸国の非難や、条約改正を妨げる一因をなしていることを知った政府は、キリスト教を黙認する決断をした。

1933年 国際連盟総会で抗議の退場……日本の国際連盟代表の松岡洋佑ら代表団は、スイスのジュネーブで開かれた臨時総会で、議場からいっせいに退場した。前年に日本が中国東北部に建設した「満州国」を国際連盟が認めず、軍を引き上げるよう求める勧告案を、賛成42、反対1、棄権1で採決したことに抗議したもの。この総会の後日本は、3月27日、正式に国際連盟を脱退、国際社会の中で孤立する道を歩みはじめた。


● 今日の主な記念日・恒例日

月光仮面登場の日……1958年、KRテレビ(現在のTBS)で国産初のテレビ映画『月光仮面』(川内康範原作)の放送がはじまったことにちなんだ記念日。

鉄道ストの日……1898年、日本鉄道の機関手ら400人が鉄道初のストライキに突入し、上野~青森の列車が運休したことから制定された。

クロスカントリーの日……1977年、原野や森林等にコースを設定して走る競技・クロスカントリーの、統一ルールによる初めての大会がイギリスで開催されたことによる記念日。
 

● 今日生まれた人

1786年 ウィルヘルム・グリム……ドイツの言語・文献学者。グリム兄弟の弟。『グリム童話』の収集を兄が、その整理と仕上げを弟が担当。

1890年 青野季吉……大正・昭和期の文芸評論家。代表著作『解放の芸術』『文学五十年』など。日本ペンクラブの再建に尽力。

1891年 滝川幸辰(ゆきとき)……大正・昭和期の刑法学者。「京大事件」で休職処分。京都大学総長歴任。

1909年 知里真志保……昭和期のアイヌ語学者。代表著作『分類アイヌ語辞典』など。

1955年 スティーブ・ジョブズ……アメリカの経営者。アップルコンピュータ創業。


● 今日亡くなった人

1610年 長谷川等伯……安土桃山期の画家。代表作『楓図』『松林図屏風』『大涅槃(ねはん)図』など。

1815年 フルトン……アメリカの技術者・発明家。実用蒸気船開発。

1945年 河口慧海……仏教学者・探検家。代表著作『西蔵旅行記』など。日本人初のチベット入国。

1995年 前畑秀子……昭和期の水泳選手・指導者。


● 過去のマイブログ「2月24日」のテーマ

2015年 「初の女子金メダリスト」 前畑秀子
1936年のベルリンオリンピック200m平泳ぎで、日本の女子で初めて優勝をとげた前畑秀子(まえはた ひでこ)が、1995年に亡くなった日です。1914年、今の和歌山県橋本市に豆腐店の子として生まれた前畑秀子は、幼いころから家の前を流れる紀ノ川で泳ぎ、小学校5年生のとき女子50m平泳ぎで学童新記録を出しました……。

2014年 「桃山時代の代表画家」 長谷川等伯
『楓図』『松林図屏風』『大涅槃図』などを描き、狩野永徳らと安土・桃山時代を代表する画人といわれる長谷川等伯(はせがわ とうはく)が、1610年に亡くなった日です。1539年、能登国七尾(いまの石川県七尾市)の戦国大名畠山氏に仕える下級家臣の子として生まれた等伯(幼名・又四郎)は、幼年期に染物屋を営む長谷川家の養子になりました。養父が仏画を描いていたことから、やがて父から手ほどきをうけ仏画や肖像画などを描くようになると、京都と七尾を往復し京の町衆から絵画の技法や図様を学びました……。

2012年 「おもしろ古典落語」60回目 『千早振(ちはやふ)る』
百人の歌人の有名な歌を一首ずつ集めたものを「百人一首」といいます。その中でも有名なのが藤原定家という人が選んだといわれる『小倉百人一首』です。この中に在原業平の「千早ふる 神代も聞かず竜田川 からくれないに 水くくるとは」という人気のある歌があります。長屋の八っつぁん、学校へ通っている娘からその意味を聞かれ、床屋から帰ったら教えてやるとごまかして、そのまま、知ったかぶりの隠居のところにかけこみました……。

2011年 チベットと河口慧海
日本人として初めてチベット入国に成功し、経典の翻訳やチベット語の研究に多くの業績を残した仏教学者・探検家の河口慧海(かわぐち えかい)が、1945年に亡くなった日です。慧海は1866年、桶や樽を作る職人の子として大坂(現・大阪)の堺に生まれました。本名は定次郎といい、慧海の名は、24歳で出家してからのものです。父に「職人の子に学問はいらぬ」と小学校を退学させられ、その後『釈迦一代記』を読んで心をうたれた慧海は、自分もシャカのようにきびしく生きることを誓い、仏教の世界へ近づいていったといわれています……。

2010年 グリム童話を集大成
ドイツに伝わる民話を「グリム童話」として集大成したグリム兄弟の弟ウィルヘルムが、1786年に生まれた日です。「グリム童話」とは、グリムが創作した童話ではありません。ドイツに伝わってきた口伝えの昔話や伝説(民話)を、主として兄のヤーコブが収集し、弟のウィルヘルムが美しい文章に書き上げたものです……。

2009年 「せかい童話図書館」 朗読CDの発売
いずみ書房は、今年の8月に創業35周年をむかえますが、創業時に発売を開始した「せかい童話図書館」(全40巻)が、このたびパンローリング株式会社から、10巻・20枚(1枚に2話)のCDとなって新発売(全10巻セット・定価29,400円)されました。このCD企画は、1年以上も前にパンローリング社から、30年以上ものあいだロングセラーを続ける絵本シリーズの朗読CD「オーディオブック」を作りたいという話からスタートしました……。

2006年  80日間世界一周 8
フォッグはリバプールに上陸したとき、安心だと思いました。ロンドンには6時間で着くし、まだ9時間残っていたからです。そのとき、彼は肩に誰かの重たい手がおかれるのを感じました。「女王陛下の名においてあなたを逮捕します」 フィックス刑事が言いました……。

↑このページのトップヘ