児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2019年01月

● 今日(1月16日)の主なできごと

BC27年 オクタビアヌスがアウグストゥスの尊号……カエサル(シーザー)の養子オクタビアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳な者)の尊号を受け、事実上のローマ帝国初代皇帝となる。

1854年 ペリーが2度目の来航……前年7月に来航したペリー米東インド艦隊指令長官は、この日7隻の軍艦を率いて再来航。江戸幕府は3月にペリーと「日米和親条約」を結び、下田と箱館(今の函館)を開港したことで鎖国体制は終焉した。

1974年 電力使用制限令……この日、石油危機(第1次オイルショック)により電力使用制限令が発動された。街からネオンサインが消え、電車の暖房が切られ、NHKテレビが23時で放送終了になる。


● 今日の主な記念日・恒例日

禁酒の日……清教徒(ピューリタン)の影響が強かったアメリカではアルコールに対する強い批判があり、20世紀初頭までに18の州で禁酒法が実施されていた。1920年のこの日、アメリカ全土で「禁酒法」が実施され、飲料用アルコールの製造・販売等が禁止された。ところが、密造酒による健康問題や、アル・カポネら密売にかかわるギャングの出現等逆効果を招いたため、1933年2月に「禁酒法」廃止された。こんな由来による記念日。

囲炉裏の日……「い(1)い(1)炉(6)」の語呂合せから、囲炉裏を囲んで温かい会話をはずませようという記念日。

籔入り……かつて、商店に奉公している人や、嫁入りした娘が、休みをもらって親元に帰ることができた。この日と7月16日だけ実家に帰ることが許されており、7月のものは「後(のち)の藪入り」とも言われた。

初閻魔/閻魔賽日/十王詣……正月16日と7月16日は「閻魔賽日」(えんまさいじつ=地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)といわれ、寺院では「十王図」や「地獄相変図」を拝んだり、「閻魔堂」に参詣したりする。「十王」とは地獄にいて亡くなった人の罪を裁く閻魔をはじめとする10人の判官のこと。


● 今日生まれた人

1103年 鳥羽天皇……第74代天皇で、崇徳・近衛・後白河天皇の上皇となって28年に及ぶ院政を行い、「保元の乱」の遠因となる。

1905年 伊藤整……昭和期の小説家・詩人・評論家・翻訳家。翻訳した『チャタレイ夫人の恋人』がわいせつ文書に当るとして警視庁が摘発。


● 今日亡くなった人

1794年 ギボン……イギリスの歴史家。代表作『ローマ帝国興亡史』。

1855年 江川英龍(36代江川太郎左衞門)……幕末の伊豆韮山代官・兵学者。

1986年 梅原龍三郎……大正・昭和期の洋画家。代表作『横臥裸婦』など、昭和洋画界の重鎮。

1992年 入江泰吉……昭和期の写真家。大和路風景、仏像、行事などの写真に高い評価。

2002年 いぬいとみこ……昭和・平成期の児童文学作家。代表作『ながいながいペンギンの話』『北極のムーシカミーシカ』『トビウオのぼうやはびょうきです』など。

2008年 片岡球子……昭和・平成期の日本画家。代表作『渇仰』『桜島の夜』『富士山』シリーズなど。

2009年 ワイエス……アメリカの画家。代表作『クリスティーナの世界』『海からの風』『松ぼっくり男爵』など。「20世紀アメリカの国民的画家」

2014年 小野田寛郎……昭和期の陸軍情報将校。ルバング島で戦後30年間潜伏。帰国後小野田牧場経営、小野田自然塾を主宰。


● 過去のマイブログ「1月16日」のテーマ

2014年 『ローマ帝国衰亡史』 のギボン
不朽の名著といわれる『ローマ帝国衰亡史』を著したイギリスの歴史家ギボンが、1794年に亡くなった日です。1737年、ロンドン近郊パトニーに地主の子として生まれたエドワード・ギボンは、幼少年期は病弱のため通学することができずに、読書にふける毎日でした。健康が回復した1752年、紳士階級の子息としてオックスフォード大学のカレッジに入れられたものの……。

2013年 「西洋流砲術」 と江川英龍
地方の一代官でありながら、西洋砲術を幕末に活躍する多くの志士に教え、幕閣入りを果たして江戸湾防備につとめた江川英龍(えがわ ひでたつ)が、1855年に亡くなった日です。1801年、伊豆国韮山(にらやま)の豪族で、鎌倉時代から代々江川太郎左衛門を名乗る35代目の代官の子として生まれた英龍は、1835年に36代目として代官職を継ぐと、支配地は伊豆・駿河・相模・武蔵の4か国(のちに甲斐を加えて5か国)におよび……。

2012年 「倭の五王」のひとり仁徳天皇
第16代天皇にあたる仁徳天皇(にんとくてんのう)が、399年に亡くなったとされる日です。大阪府堺市に、前の方は四角でうしろの方は円く、全体の長さが486メートル、前方の幅が306メートル、そのまわりに堀をめぐらした、「前方後円墳」とよばれる日本最大の墓があります。1日に1000人ずつ働いたとしても、完成までには、4年以上かかったといわれる、仁徳天皇陵です。しかし、この陵が、まちがいなく……。

2009年  国民画家・梅原龍三郎
豊かな色彩と豪快な筆づかいで独自の世界を拓き、昭和画壇を代表する梅原龍三郎(うめはら りゅうざぶろう)が、1986年に亡くなった日です。こまかい部分にこだわらない、太く力強い線、かがやくような、ゆたかな色彩。これが梅原龍三郎のえがく油絵の特色です。梅原龍三郎は1888年に京都に生まれました。家は大きな染物商でしたので、着物の図案をかいたり染物をする人びとの仕事を見ながら成長しました……。

2008年 [おもしろ民話集 29] 小ウサギの悪徳商法
あるところに、少しばかり土地を持った小ウサギがいました。ある日、袋いっぱいのトウモロコシと豆をとり入れました。小ウサギは、これでひと儲けができないかと、悪知恵を思いつきました。翌朝早く起きた小ウサギは、メンドリの家へ行ってこういいました。「トウモロコシと豆をひと袋ずつとり入れたので、売ってあげてもいいと思って、まずお宅にうかがいました。どう、たったの1000円でいいですよ……。

2007年  よい友だち悪い友だち
子どもが、思いがけないような友だちを、家につれてくることがあります。そんなとき、その友だちがわが子よりも、服装のきたない子、ぎょうぎの悪い子、成績の悪そうな子だと、あとで、わが子に 「あんた、あんな子と遊んでるの?」 「あの子のうち、なにやってるの?」 「あの子、勉強はできるの?」 などと問いつめて、やはり、なんとなく気にくわない子だったら 「ダメよ、あんな子と、あまり仲よくしちゃ……。

● 今日(1月15日)の主なできごと

1862年 坂下門外の変……大老の井伊直弼が「桜田門外の変」(1860年)で殺害されたあとを受けて老中となった安藤信正が、江戸城坂下門外で、水戸浪士ら6人に襲われて負傷。

1926年 治安維持法初適用……京都帝国大学などでの左翼学生運動に対して行われた検挙事件「京都学連事件」に関連し、この日河上肇京大教授宅を家宅捜査。一連の事件は、初めて治安維持法が適用されたもの。

1939年 70連勝成らず……大相撲春場所4日目、69連勝中の横綱双葉山は関脇安芸の海に敗れ、70連勝をのがした。当時の大相撲は、1月と5月の1年2場所・10日制で、現在の1年6場所・15日制と条件の違いはあるものの、69連勝という記録は、いまだに破られていない。


● 今日の主な記念日・恒例日

小正月……1月1日から7日までの松の内を「(大)正月」とよぶのに対し、15日を「小正月」という。松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう「女正月」ともいわれる。

チャキラコ(綾竹)……神奈川県三浦市の海南神社で行われ、少女たちがきれいな色のふさをつけた綾竹と扇を持って踊る神事。


● 今日生まれた人

1622年 モリエール……フランスの劇作家。代表作『人間嫌い』『ドン・ジュアン』『守銭奴』など。

1881年 石原純……理論物理学者・歌人。日本にアインシュタインの相対性理論を紹介するなど、物理学の啓蒙に大きな役割を果たす。

1892年 西条八十……大正・昭和時代の詩人。『かなりや』などの童謡、『青い山脈』『東京音頭』などの歌謡曲の作詞も手がける。

1918年 ナセル……エジプトの首相。スエズ運河の国有化やアスワン・ハイ・ダムの建設につとめ、第三世界の指導者として活躍。

1929年 キング牧師……黒人公民権運動の指導者。非暴力抵抗運動によりノーベル平和賞受賞。


● 今日亡くなった人

1153年 平忠盛……平清盛の父。日宋貿易に従事して莫大な富を蓄え、後の平氏政権の礎とした。

1895年 有栖川宮熾仁(ありすがわのみや たるひと)親王……幕末から明治時代の皇族・政治家・軍人。戊辰・西南戦争での征討総督。

1919年 ローザ・ルクセンブルク……ドイツの女流革命家・経済学者。政府に対する反乱を指導して虐殺される。

2013年 大島渚……昭和・平成期の映画監督。主な作品『青春残酷物語』『愛のコリーダ』『戦場のメリークリスマス』など。

2014年 吉野弘……昭和・平成期の詩人。代表作『祝婚歌』『夕焼け』『I was born』など。


● 過去のマイブログ「1月15日」のテーマ

2015年 「理論物理学の先駆」石原純
アインシュタインに学んで相対性理論をわかりやすく紹介するなど、わが国初の世界的レベルの理論物理学者として活躍し、アララギ派の歌人としても知られた石原純(いしわら じゅん)が、1881年に生まれた日です。日本キリスト教本郷教会の牧師の子として生まれた石原純は、郁文館中学、旧制一高を経て、東京帝国大理科大学に入学し、長岡半太郎や本多光太郎らに学んで物理学の基礎をしっかり身につけました……。

2014年 「平氏全盛の基盤」残した平忠盛
白河・鳥羽上皇を武力的に支え、平清盛の父として平氏全盛の基礎をこしらえた平忠盛(たいらの ただもり)が、1153年に亡くなった日です。1096年、白河法皇の北面武士(警備兵)として仕えた平正盛の子として生まれた忠盛は、1108年13歳で父とともに法皇に仕えはじめ、1111年には検非違使を兼ねて京の治安維持に従事したり、地方の治安に当たる追捕使(ついぶし)として瀬戸内海の海賊を討つなど、法皇から大きな信頼をえました……。

2013年  黒人解放運動を指導したキング牧師
黒人の公民権運動を指導し、ノーベル平和賞を受賞したアメリカ合衆国のキング牧師が、1929年に生れた日です。1862年リンカーン大統領によって行われた「奴隷解放宣言」により、アメリカ合衆国での奴隷制は廃止されました……。

2010年  坂下門外の変
幕末の1862年のこの日、老中安藤信正が江戸城の坂下門外で、水戸浪士ら6人に襲われた日です。水戸浪士らは、1860年3月に桜田門外の変を起こして、大老・井伊直弼を殺害しています……。

2009年  アラブ民族の星・ナセル
スエズ運河の国有化、アスワン・ハイ・ダムの建設につとめ、第三世界(アジア、アフリカ、ラテンアメリカなどの発展途上国)の指導者として活躍したナセルが、1918年に生まれた日です。エジプトの政治家ガマール・アブドゥル・ナセルは、古代エジプト文明を生んだナイル川のほとりで生まれました。父は郵便局員でした……。

2008年  子どもひきずっていく母親
ある団地で目撃した、あまり気分のよくないできごとです。3、4歳くらいの男の子が、もう10分近くも泣き続けています。母親に帰ろうといわれても、その男の子は、砂場と木馬でもっと遊びたいらしく、母親の手をふりきって、まだ遊ぼうとします……。

● 今日(1月14日)の主なできごと

1950年 ベトナム民主共和国再独立宣言……1945年9月、ホーチミンを大統領とするベトナム民主共和国が独立を宣言し、東南アジア最初の共産主義国家として独立した。しかし、翌年支配国だったフランスが待ったをかけ、8年にもわたる第1次インドシナ戦争に突入、1949年6月、「ベトナム国」(南ベトナム) がサイゴンを首都に成立した。この日ホーチミンは、ベトナム国に対抗して「ベトナム民主共和国」(首都ハノイ・北ベトナム)として再独立を宣言したもの。なお1976年、北ベトナムは南ベトナムを吸収、ベトナム民主共和国は「ベトナム社会主義共和国」となって統一をはたし、現在に至っている。

1953年 チトー大統領選出……独立まもないユーゴスラビアはこの日、ユーゴ解放の国民的英雄チトーを大統領に選んだ。チトーの指導のもとに、非同盟中立という、社会主義国ばかりでなく資本主義国とも手をつなぐという独自の方針を貫き、6つの共和国をまとめあげた。しかし、1980年チトーの死とともに、共和国間の紛争があちこちでおこり、1991年「クロアチア」「マケドニア」「スロベニア」、1992年「ボスニア・ヘルツェゴビナ」が独立、2003年にユーゴスラビアは、セルビア・モンテネグロとなって独立、2006年には「セルビア」と「モンテネグロ」に分離したため、旧ユーゴスラビアは、「クロアチア」「マケドニア」「スロベニア」「ボスニア・ヘルツェゴビナ」「セルビア」「モンテネグロ」の6か国になっている。

1959年 タロとジロ生存……南極の昭和基地に、1週間の食糧を残し、くさりにつながれたまま1年間置き去りにされていたカラフト犬15頭のうち、タロとジロの2頭の無事をヘリコプターが確認。南極から打電されたニュースは、世界じゅうを感動させた。


● 今日の主な記念日・恒例日

成人の日……おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます国民の祝日。1948年7月公布・施行の祝日法によって制定され、当初は1月15日だったが、2000年から1月第2月曜日に変更。

飾納めの日……正月飾りや注連(しめ)飾りをはずし、書初めなどとともに燃やす「左義長(さぎちょう)」という火祭りが全国各地で行われる。
 
愛と希望と勇気の日……タロとジロの生存にちなんで制定。


● 今日生まれた人

1843年 新島襄……明治時代の教育・宗教家。同志社英学校(のちの同志社大)を設立。

1875年 シュバイツァー……フランスの神学者・医師。アフリカに病院を建て、病気に苦しむ現地人の治療に生涯をそそぐ。

1925年 三島由紀夫……昭和時代の小説家・劇作家。代表作『仮面の告白』『金閣寺』『潮騒』など。


● 今日亡くなった人

1742年 ハリー……イギリスの天文学・地球物理学者。「ハリー彗星」の存在やその軌道を示した。

1866年 高島秋帆……江戸時代後期の砲術家。

1867年 アングル……フランスの古典派を代表する画家。代表作『泉』『オダリスク』『トルコ風呂』など。

1898年 ルイス・キャロル…イギリスの数学(幾何学)者・児童文学者。代表作『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』 など。

1978年 花森安治……昭和期の編集者・グラフィックデザイナー・コピーライター。生活雑誌『暮しの手帖』を創刊。

1984年 レイ・クロック……アメリカの実業家。「マクドナルド」を世界的企業に育てあげた。

2011年 和田勉……昭和・平成期のテレビディレクター・タレント。NHK時代は「芸術祭男」の異名をとり、フリー後はバラエティーに進出「ガハハおじさん」と呼ばれた。


● 過去のマイブログ「1月14日」のテーマ

2015年 「マクドナルド」 のレイ・クロック
マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界的企業に育てあげたアメリカの実業家レイ・クロックが、1984年に亡くなった日です。1902年、シカゴに近いオークパークに生まれたレイ・クロックは、第一次世界大戦がおこったことで、高校を中退すると、志願して救急車のドライバーの訓練を受けて衛生隊に所属しました……。

2014年  ハリー彗星
イギリスの天文学・地球物理学・数学・気象学・物理学者で、「ハリー彗星」の存在やその軌道を示したことで知られるハリー(またはハレー)が、1742年に亡くなった日です。1656年、富裕な石鹸製造業者の子としてロンドン・ハッガーストンに生まれたエドマンド・ハリーは、セント・ポール校を経て、1676年オックスフォード大学で天文学を学び、1676年に卒業後、当時ほとんど知られていなかった南半球の恒星を研究するため南大西洋のセントヘレナ島に派遣されました……。

2011年  洋式砲術の先覚者・高島秋帆
江戸時代後期・幕末期の砲術家として活躍した高島秋帆が、1866年に亡くなった日です。1798年、長崎の代々町年寄(町政をあずかる役)の子として生まれた秋帆は、高島家が、日本で唯一の海外と通じることができた出島に出入りできる家柄だったため、父の代から研究のはじまった砲術を……。

2010年  「不思議の国のアリス」 のキャロル
イギリスの数学(幾何学)者でありながら、『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』 などファンタジーあふれる児童文学作品を著したドジソン(筆名ルイス・キャロル)が、1898年に亡くなった日です。『不思議の国のアリス』 は、こんな内容です……。

2009年  密林の聖者・シュバイツァー
アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、生涯を原住民への医療などに捧げたドイツの神学者・医師シュバイツァーが、1875年に生まれた日です。シュバイツァーは牧師の子どもとして生まれました。幼い頃から音楽の天分をあらわし、8歳で教会のオルガンを、大人よりも上手に弾くようになりました……。

● 今日(1月13日)の主なできごと

1653年 玉川上水建設命令……江戸幕府はこの日、急増する江戸市民の水を補うために、町人(玉川)清衛門、庄衛門兄弟に建設を命じた。多摩川上流の羽村から四谷まで距離約43km・高低差約100mに水を通す大規模な難工事だったが、翌年6月、江戸市内に流れこんだ清流に、江戸市民は躍り上がって喜んだといわれている。この水のおかげもあり、江戸の人口は、17世紀末(元禄期)には100万人に達し、ロンドンやパリを越えて世界一だった。

1860年 咸臨丸出港……江戸幕府がオランダから購入した洋式軍艦咸臨丸は、品川沖からアメリカに向けて出港した。勝海舟を艦長に、福沢諭吉、中浜万次郎らをのせて、初の太平洋横断に成功。日米修好通商条約調印に伴う遣米使節団の随伴を兼ねたものでもあった。

1935年 ザールがドイツ復帰……ドイツとフランスの国境にあり良質な石炭に恵まれ鉄鋼業や工業が盛んだったザール地方は、第1次世界大戦後ドイツ本国から分離され、フランスの保護領になっていた。この日の住民投票の結果ドイツへ復帰、ヒトラーはこれをナチスの勝利として、さらに領土拡大のために軍備を整えていった。

1943年 敵性音楽禁止……内務省と内閣情報局は、ジャズなど米英の音楽を「敵性音楽」とし、演奏やレコード鑑賞を禁止。その理由は、敵性音楽は国民の士気を下げるというもの。

1945年 三河地震報道されず……東海地方にマグニチュード6.8の大地震「三河地震」がおこり、死者2300人を超える大被害が受けた。ところが政府は、国民の士気が落ちるとしてこの報道を許可しなかった。

1957年 美空ひばりに塩酸……人気歌手の美空ひばりは、浅草国際劇場で公演中に塩酸をかけられ、全治3週間の大けがを負った。犯人は美空のファンの女性で「みにくくなった顔が見たい」という異常心理が動機といわれる。


● 今日の主な記念日・恒例日

たばこの日……1946年、この日高級たばこ「ピース」が発売されたことで制定された。発売当初、他のたばこは4円なのに、ピースは10本入7円、パッケージは平和の象徴「鳩」のデザイン。日曜・祝日のみひとり1箱に限って販売されたが、東京有楽町の売店では、1000箱が1時間で売り切れたという。


● 今日生まれた人

1543年 狩野永徳……安土桃山時代の画人で「狩野派」を代表する日本美術史上最も著名な画家の一人。代表作『唐獅子図屏風』『洛中洛外図屏風』『山水花鳥図』など。

1828年 狩野芳崖……明治期の日本画家。代表作『不動明王』『悲母観音』『大鷲』など。

1849年 べルツ……ドイツの医師。「お雇い外国人」として来日、公衆衛生や伝染病予防に寄与して「日本医学発展の恩人」といわれる。草津や箱根を温泉治療地として開発したことでも知られる。

1863年 岸田俊子……明治時代の自由民権運動家・女性運動の先駆。福田(景山)英子らにも影響を与え、女子教育にも尽力。


● 今日亡くなった人

1199年 源頼朝……武士による初めての政権となった鎌倉幕府初代将軍。

1724年 英一蝶……江戸時代中期(元禄期)の画家。代表作『四季日待図巻』『吉原風俗図巻』『雨宿り図屏風』など。

1864年 フォスター……アメリカの歌曲作曲家。代表作『おおスザンナ』『オールドブラックジョー』『故郷の人々』『草競馬』など。

1908年 橋本雅邦……明治期の日本画家。横山大観、下村観山、菱田春草らの優れた後進を育てた。代表作『龍虎図』『白雲紅樹図』など。

2000年 丸木俊……昭和・平成期の女流画家。夫の丸木位里とともに15部からなる連作『原爆の図』を描く。


● 過去のマイブログ「1月13日」のテーマ

2015年 『原爆の図』 の丸木俊
配偶者の丸木位里とともに15部からなる連作『原爆の図』を描き、『ひろしまのピカ』など数多くの絵本を手がけたことで知られる女流洋画家の丸木俊(まるき とし)が、2000年に亡くなった日です。1912年、北海道石狩平野の北にある秩父別町の寺の長女として生まれた俊(本名・俊子)は、18歳で上京し、苦学しながら女子美術専門学校(今の女子美術大)で洋画を学びました……。

2012年  異色の風俗画家・英一蝶
はなやかな元禄期の江戸を中心に活動した多芸な画家・英一蝶(はなぶさ いっちょう)が、1724年に亡くなった日です。1652年、医者の子として京都に生まれた一蝶(本名・多賀香信)は、絵の好きな父の影響を受けて育ちました……。

2011年  障壁画の大家・狩野永徳
『唐獅子図屏風』『洛中洛外図屏風』『山水花鳥図』など、室町時代から江戸時代まで日本画壇の中心だった[狩野派]を代表する狩野永徳(かのう えいとく)が、1543年に生まれた日です。ふすま、障子、屏風(びょうぶ)、壁などにえがかれた絵を、障壁画といいます……。

2010年  鎌倉幕府をはじめた源頼朝
はじめて武士による政権となった鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝(みなもとのよりとも)が、1199年に亡くなった日です。平安時代の中期以降、天皇や貴族が治めていた摂関政治・院政の世に、武士が力を強めてきたのは、1156年におこった「保元の乱」がきっかけだといってよいでしょう……。

2009年  アメリカ音楽の父・フォスター
「オールドブラックジョー」「故郷の人々」など数多くの歌曲を作曲したアメリカを代表する作曲家フォスターが、1864年に亡くなった日です。150年の歳月を越えて世界の人びとに口ずさまれている『おおスザンナ』『草競馬』『なつかしきケンタッキーホーム』。このほか、およそ180の名曲を作ったステファン・コリンズ・フォスターは、1826年、アメリカ東部のペンシルベニア州ピッツバーグ市で生まれました……。

2007年   親は、話をしている子どもの代弁をしない
「この子は、人まえにでると、だまりんこになってしまう。家では、よく、おしゃべりするのに、内気なのかしら」──こういって、なげかれるお母さんが少なくありません。ところが、こんな子どもの場合、そのほとんどは、内気などという性格からくるものではありません。多くは、子どもをとりまく状況が原因になっています……。

2006年  レディバード版昔話6 まほうのかゆなべ
この話もグリム童話の1つです。家に、食べるものが全くなくなってしまったある日、おなかをすかせた女の子が、魔法使いのおばあさんから不思議なかゆなべをもらいます。このかゆなべは、命令されると、欲しいだけおかゆを作りつづけます。しかし、少女のお母さんが、おかゆを作るのをやめさせる命令の言葉を忘れてしまったために、町じゅうがおかゆであふれて……。

● 今日(1月12日)の主なできごと

1574年 瀬戸焼の特権……織田信長は、自領の尾張国瀬戸(愛知県瀬戸市)の焼物窯に免許を出し、焼物の独占権を与えた。これにより衰えていた窯業が復活、陶器を「瀬戸もの」というきっかけとなった。

1874年 初の政治結社……板垣退助を中心に後藤象二郎らがわが国初の政治結社「愛国公党」を設立、政党の先駆となった。

1875年 屯田兵……北海道開拓民の保護、警備にあたる屯田兵の設置を決め、東北3県の士族から募る。

1929年 相撲の実況放送開始……わが国初の相撲実況放送が、両国国技館からNHKラジオで放送を開始。

1914年 桜島大爆発……鹿児島湾北部の火山島桜島が大爆発をおこし、火砕流が発生。近くの集落をのみこんで海へ流れ込み、大隅半島と陸続きとなった。死者・行方不明58名。

1988年 脳死で臓器移植可……日本医師会の生命倫理懇談会は、脳死を個体死と認め、脳死段階の臓器移植を認める最終報告をまとめて日本医師会長へ答申。


● 今日の主な記念日・恒例日

スキーの日……1911年のこの日、訪日していたオーストリアのレルヒ陸軍少佐が、新潟県高田(今の上越市)の陸軍歩兵将校十数人にスキーの指導を行った。日本の近代スキーの第一歩となったことから、1994年に「スキーの日」と制定。

伏見稲荷大社祭……京都伏見稲荷大社が行う「御弓初」の神事。2人の神職が20メートル先の的に矢を放ち、その当たり外れで、五穀の豊凶と景気の吉凶を占う。


● 今日生まれた人

1628年 ペロー……フランスの詩人・童話作家・収集家。代表作『長靴をはいた猫』『青ひげ』『眠れる森の美女』など。

1746年 ペスタロッチ……スイスの教育実践家。現代の教育理念の基礎を築く。

1866年 河口慧海……明治・大正・昭和期の僧侶・探検家・仏教学者。仏教の原典を求め、単身でネパールや鎖国中のチベットに入る。代表作『西蔵旅行記』など。

1896年 吉屋信子……大正・昭和期の小説家。代表作『花物語』『屋根裏の二処女』『小さき花々』『黒薔薇』など。

1949年 村上春樹……昭和・平成期の小説家・翻訳家。代表作『ノルウェーの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』など。



● 今日亡くなった人

1527年 尚真王……今の沖縄県と奄美諸島は、江戸時代以前は「琉球」と呼ばれ、尚家(しょうけ)という王族が支配する国だった。この王朝の全盛期を築く。 

1976年 アガサ・クリスティ……イギリスの女流推理小説作家。代表作『アクロイド殺し』『オリエント急行の殺人』『そして誰もいなくなった』など。

2003年 深作欣二……昭和・平成期の映画監督。代表作『仁義なき戦いシリーズ』『蒲田行進曲』『里見八犬伝』など。


● 過去のマイブログ「1月12日」のテーマ

2012年 女性に絶大な人気を得た吉屋信子
大正・昭和期に活躍した作家の吉屋信子(よしや のぶこ)が、1896年に生まれた日です。公務員家庭の8人兄弟の紅一点として新潟県に生まれた吉屋は、父の転勤のために栃木県で少女時代をすごしました……。

2011年 「ミステリーの女王」 アガサ・クリスティ
『オリエント急行の殺人』『ナイルに死す』『そして誰もいなくなった』など、数々の話題作を著したイギリス生まれの推理作家アガサ・クリスティが、1976年に亡くなった日です。アガサ・クリスティは、1891年にイギリスの南西部の港町トーキィに、アメリカ人実業家の父、イギリス人の母との三人きょうだいの末っ子に……。

2010年  近代教育の父・ペスタロッチ
スイスの片田舎で孤児や貧民の子らへの教育に従事するなど、子どもたちへの愛の教育を貫いたペスタロッチが、1746年に生まれた日です。従来の初等教育は、教壇に立つ先生が、文字を教えたり聖書の言葉を覚えさせるといったものでした……。

2009年  困難から逃げる子、我慢できない子
逆説的しつけ法「ダメな子の育てかた」15回目。子どもが困っている時は、どうしたら解決できるか、全部教えてやりましょう。また親がすぐ手を貸してあげて、さいごまで手伝ってあげます。友だちとの関係で悩んでいる時は、助言して自分で処理させず、親が中に入って解決してやることです……。

2006年  レディバード版・昔話5  こびととくつやさん
グリム童話にでてくるお話です。「グリム童話」と普通呼ばれている童話集は、正確にはグリム兄弟の創作集ではなく、兄弟がドイツのいろいろな地方に昔から伝わっている物語や伝説を集めて、独自の語り口で再構築したものです。ドイツ民族が先祖から受け継いできた魂を、やさしく親しみやすく紹介したので、世界じゅうの子どもたちの心をとらえてはなしません。人のいい靴屋の夫婦と、やさしい小人たちとの心暖まる交流は、幼児の胸にも素直に溶け込んでいくことでしょう……。

↑このページのトップヘ