児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2016年09月


● 今日(9月30日)の主なできごと

894年 遣唐使の廃止……630年に最初の遣唐使を中国(唐)に派遣してから、約260年間に20回(12回説あり)にわたって遣唐使をおくってきたが、唐が8世紀中頃から国が乱れてきたこと、飢饉つづきで朝廷が財政難に陥ったこと、周辺の海域に海賊が出没していたことなどの理由で、遣唐大使に任ぜられた菅原道真の建白により、遣唐使の廃止が決定した。ただし、民間の唐との交流は以後も続けられた。

1862年 ビスマルクの鉄血演説……プロシアの宰相ビスマルクが軍拡問題で議会と衝突し、「ドイツ問題は鉄と血によって解決される」と演説して議会を押えこんだ。これ以降ビスマルクは「鉄血宰相」とよばれ、小国が分立していた当時のドイツを統一に導くきっかけとした。

1999年 東海村で臨界事故……茨城県東海村の核燃料施設で臨界事故が発生、至近距離で中性子線を浴びた作業員3名のうち、2名が死亡、1名が重症となったほか、667名の被曝者を出した。


● 今日の主な記念日・恒例日

クレーンの日……1972年のこの日、現行の「クレーン等安全規則」が公布されたことにちなみ、日本クレーン協会とクレーン・ボイラ安全協会が1980年に制定。

くるみの日……「く(9)るみ(3)はまるい(0)」の語呂合せから、長野県東御市などのくるみ愛好家が制定。


● 今日生まれた人

1472年 王陽明……明(中国)の思想家。「陽明学」を創始。

1884年 天野貞祐……昭和期の哲学者。独協大学創設。文相を歴任。


● 今日亡くなった人

1351年 夢窓疎石……鎌倉後期~室町時代初期の臨済宗僧侶。「京都五山の祖」

1626年 ヌルハチ……清朝(中国)の前身となる「後金」を創始。

1913年 ディーゼル……ドイツの機械技術者。ディーゼル機関を発明。

1955年 ジェームズ・ディーン……アメリカの映画俳優。代表作『エデンの東』『理由なき反抗』『ジャイアンツ』。

1978年 山岡荘八……昭和期の小説家。代表作『海底戦記』『徳川家康』。


● 過去のマイブログ「9月30日」のテーマ

2015年ブログ 「清王朝」 の基礎を築いたヌルハチ
中国清朝の前身となる「後金」を創始し、清の初代皇帝とされるヌルハチ(太祖)が、1626年に亡くなった日です。1559年、ヌルハチは今の中国東北部に住んでいたツングース系種族「女真族」の一派である建州女直の一首長の子として生まれました。生まれたころの「女真族」は、建州女直、海西女直、野人女直の3つに分かれて、激しく主導権争いをしていました……。

2014年ブログ 「怒れる若者の代弁者」 ジミー
映画『エデンの東』『理由なき反抗』『ジャイアンツ』の3作品の主役を演じ、ジミーの愛称で親しまれたジェームズ・ディーンが、1955年になぞに満ちた自動車事故により、24歳の若さで亡くなった日です。1931年、インディアナ州マリオンに退役軍人病院の歯科技工士の子として生まれたジェームズ・ディーンは、幼いころから身体が弱く、そのため母親から過保護に育てられたために神経質な性格になったようです。その母が9歳の時に亡くなり……。

2013年ブログ 「京都五山の祖」 夢窓疎石
鎌倉時代末から南北朝時代の臨済宗の禅僧で、南北朝和解のとりなしをした夢窓疎石(むそう そせき)が、1351年に亡くなった日です。1275年、伊勢国(三重県)に生まれた夢窓は、4歳の時、母方の一族の争いで甲斐国(山梨県)に移住しました。9歳で平塩寺に入門し、空阿に師事しました。真言宗や天台宗を学び、1292年に奈良の東大寺で受戒した2年後に京都へ入りました。ところが、臨済宗建仁寺の無隠円範(えんぱん)に接したことが……。

2011年ブログ 「おもしろ古典落語」41回目 『堀の内』
世の中には、ずいぶんとそそっかしい人がいるもんで。「ちょいとあんた、起きなさいよ」「こりゃ、どうも、おはようございます」「おはようじゃないわよ、あんた」「あんたって、あんたはどたたです?」「何いってんの、おまえさんの女房、おかみさんじゃないの」「そうか、どっかで見たことがあると思った」「きょうは、そそっかしいのを治してもらいに、堀の内のお祖師(そし)さまに、願をかけに行くっていったじゃないの……。

2010年ブログ 「陽明学」 の祖・王陽明
中国が明とよばれていたころ、儒教の流れをくむ「朱子学」に対し、日常生活の中での実践を通して人の生きるべき道をもとめる「陽明学」という学問の大きな流れを作った思想家の王陽明が、1472年に生まれた日です。陽明は子どものころから、人間が大きく、広い心をもっていました。「試験に合格して、役人になるのが人のしあわせなのではなく、孔子や孟子のようになってこそ、初めてりっぱな人間といえるのだ」と言って塾の先生をたいへん驚かせ……。

2008年ブログ 間(ま)を大切に、ゆっくりと
母から子への読み聞かせ──心さえこもっていれば、じょうず、へたを気にすることはありません。10回も続けるうちに、その人なりの、その人らしい読み聞かせの型ができてくるものです。でも、ひとつだけ大切にしたいことがあります。それは間(ま)です。正確にゆっくり読み進めながら、じゅうぶんに間をとっていくことです。ひとつの文がマルで終わったあとの間、それは話に聞き入る子どもの心を落ち着かせます……。

2005年ブログ 誤解されている日本
第二次世界大戦に敗れて打ちのめされた日本人には、進駐軍の何もかもが別世界のようでした。私自身も小中学生の頃、アメリカの兵隊たちが口にするチューインガムやチョコレートを、あこがれの目でみていたことを思いだします。洋画にみる欧米人のくらしぶりはまさにこの世のパラダイスでした。それから35年以上経過した今日、まさに様相は一変しました……。


● 今日(9月29日)の主なできごと

1972年  日中国交正常化……「日中共同声明」の調印式が、この日に北京で行われ、田中角栄、周恩来両首相が署名した。これにより、半世紀ぶりに中国との国交が回復した。共同声明の前文に「日本が過去に中国に与えた重大な損害について深く反省していること、戦争状態の終結と、国交の正常化」をうたっている。また、本文では、「日本は中国(中華人民共和国)を唯一の合法政府として承認」していることから、中華民国(台湾)との国交が断絶した。しかし、日本と台湾とは、民間での交流が今も盛んに行われている。


● 今日の主な記念日・恒例日

クリーニングの日……「ク(9)リーニ(2)ング(9)」の語呂合せから、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が1982年に制定。

招き猫の日……「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合せから、日本招き猫協会が制定。この日を中心に、伊勢の「おかげ横丁」の招き猫まつり等、全国各地で記念行事が開催される。

洋菓子の日……フランスでは大天使ガブリエル(ミカエル)が、洗礼者ヨハネの誕生を予言したり、聖母マリアに神の子を宿したことをつげるなど「神のメッセンジャー」といわれ、菓子職人の守護聖人でもあって、その祝日がこの日であることから、三重県洋菓子協会が2002年に制定。


● 今日生まれた人

1547年 セルバンテス……スペインの小説家。代表作『ドン・キホーテ』。

1758年 ネルソン……イギリスの軍人。「トラファルガー海戦」でフランス・スペイン連合艦隊を破る。

1837年 徳川慶喜……江戸幕府第15代将軍。「大政奉還」や新政府軍への「江戸開城」を行なう。

1862年 黒岩涙香……明治・大正期の新聞記者・探偵小説家・翻訳家。

1882年 鈴木三重吉……明治・大正期の小説家・児童文学者。雑誌『赤い鳥』主宰。

1896年 正木ひろし……昭和期の弁護士。反権力裁判・冤罪裁判に関与。「八海事件」に関する著書『裁判官』はベストセラーとなり、『真昼の暗黒』として映画化。


● 今日亡くなった人

930年 醍醐天皇……第60代天皇。平安時代前・中期に34年間天皇親政を行う。

1801年 本居宣長……江戸時代中期の国学者。代表作『古事記伝』(44巻)。国学四大人の一人。

1861年 バダジェフスカ……ポーランドの作曲家。代表作『乙女の祈り』。

1902年 ゾラ……フランスの小説家。代表作 「ルーゴン・マッカール叢書」(『ジェルミナール』『居酒屋』『ナナ』など全20作)

1913年 ディーゼル……ドイツの機械技術者。「ディーゼルエンジン」発明。

1929年 田中義一……明治・大正・昭和期の陸軍軍人。第26代首相。

1996年 遠藤周作……昭和・平成期の小説家。代表作『白い人』『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』『私が棄てた女』など。

2013年 山崎豊子……昭和・平成期の小説家。代表作『花のれん』『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』『大地の子』など。


● 過去のマイブログ「9月29日」のテーマ

2015年ブログ  『古今和歌集』 と醍醐天皇
平安時代前・中期に、平安時代ではもっとも長い34年間天皇親政を行った第60代天皇の醍醐天皇(だいごてんのう)が、930年に亡くなった日です。885年、宇多天皇と、藤原高藤のむすめ胤子の子として生まれた第一皇子の敦仁(あつぎみ/あつひと)は、893年に立太子となり、897年13歳のとき、宇多天皇が上皇となり、位を譲られて醍醐天皇として即位しました。上皇の意向もあって摂政・関白をおかず、藤原時平を左大臣、のちに学問の神様といわれる……。

2014年ブログ 話題作を連発した山崎豊子
『白い巨塔』『華麗なる一族』『不毛地帯』『大地の子』など、社会問題に鋭く切り込んだベストセラー小説を著した作家として知られる山崎豊子(やまざき とよこ)が、2013年に亡くなった日です。1924年、大阪船場に老舗昆布屋の子として生まれた山崎(本名・杉本)豊子は、旧制相愛女学校をへて、1944年旧制京都女子専門学校(今の京都女子大学)国文学科を卒業後、毎日新聞大阪本社に入社しました。当時学芸副部長だった井上靖のもとで……。

2011年ブログ 軍部独裁の道を開いた田中義一
明治・大正・昭和初期の陸軍軍人・政治家の田中義一(たなか ぎいち)が、1929年に亡くなった日です。1864年長州藩士の子として萩にうまれた田中は、12歳のとき、明治政府に対する士族の反乱「萩の乱」に加わりました。しかし、未成年だったために許され、村役場の職員や小学校の教員を務めた後、1883年に陸軍へ入り、陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業して、日清戦争に従軍しました……。

2010年ブログ 英国海軍の英雄・ネルソン
トラファルガル沖海戦で、フランス・スペイン連合艦隊をうちくだいたイギリス海軍の提督ネルソンが、1758年に生まれた日です。イギリスのノーフォーク地方に生まれホレーショー・ネルソンは、わずか12歳で海軍にはいりました。各地の勤務でたたきあげ、20歳で大佐、25歳で艦長になりました。ネルソンは、1793年からは、おもにフランス軍と対戦して、目ざましいてがらをたてました。しかし、コルシカ島で戦っているとき右目を失明し……。

2008年ブログ 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜
大政奉還を行い、250年にもおよぶ江戸幕府の幕を閉じた15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)が、1837年に生まれた日です。15代将軍徳川慶喜は、長州藩の木戸孝允に「家康の再来を見る思い」といわせ、だからこそ幕府の体制がととのう前に早く倒さねばならないと考えさせたほど、頭のきれる人物でした。将軍慶喜の出現がもう少し早かったら、歴史は大きく変わっただろうといわれています……。

2006年ブログ 「板垣退助」 のこども時代
少年時代の退助には、後藤象二郎という幼なじみの友だちがいました。象二郎も、のちに、明治維新のために活躍した人です。退助と象二郎は、たいへん仲がよいのに、どういうわけか、いつも、けんかをしました。けんかになると、退助は、象二郎がいちばんきらいなヘビを、つかまえてきて、びゅんびゅんふりまわしながら 「おい、これでも、くるかっ」。すると、象三郎は、家へかけこんで、おけを、かかえてきます。肥えの入ったおけです……。

2005年ブログ もう一枚の世界地図を持つことの大切さ
私どもが編集面で心がけてきたもうひとつのポイントは、片寄りのない記述、そこに住む人たちの側に立った記述ということでした。通信や交通手段等の発展によって、たしかに地球は狭くなっています。しかし、情報面での片寄りには大きな問題があります。それは、世界のニュースの大部分がロンドン、パリ、ニューヨークを通じて行なわれているからで、AP、UP、ロイター、AFPといった大通信社が情報の80%近くを独占しているといわれています……。


● 今日(9月28日)の主なできごと

1331年 元弘の乱……この日、笠置山に蘢っていた後醍醐天皇が挙兵し、鎌倉幕府の足利尊氏・新田義貞らによる討伐軍によって鎮圧された。逃れた後醍醐天皇は、翌日捕えられ、隠岐の島へ流刑された。

1977年 ダッカ事件……日航機が日本赤軍5名によりハイジャックされ、バングラデシュのダッカ空港へ強行着陸した。乗員乗客156人を人質に、身代金600万ドルの支払いと日本で服役・拘留中の赤軍派ら9人の釈放を要求。政府は「超法規的措置」として事件を解決。


● 今日の主な記念日・恒例日

パソコン記念日……1979年のこの日、日本電気(NEC)がパーソナルコンピュータ「PC-8000」シリーズを発売し、パソコンブームの火つけ役となったことにちなむ記念日。

プライバシーデー……三島由紀夫の小説『宴のあと』でプライバシーを侵害されたとして、有田八郎元外務大臣が作者の三島と発行元の新潮社を訴えていた裁判で、1964年のこの日、東京地裁がプライバシー侵害を認め、三島由紀夫に損害賠償を命じる判決を出した。日本でプライバシーが争点となった初の裁判だった。


● 今日生まれた人

1573年 カラバッジョ……イタリア・バロック期を代表する画家。代表作『リュートを弾く若者』『女占い師』など。

1757年 大槻玄沢……江戸時代後期の蘭方医。『重訂解体新書』など、訳著書300点。

1803年 メリメ……フランスの小説家。代表作『カルメン』など。

1809年 島津斉彬……江戸時代後期の薩摩藩主。幕末期に一橋慶喜擁立運動の中心となるものの挫折。

1841年 クレマンソー……フランスの首相・ジャーナリスト。第一次世界大戦後のパリ講和会議で、厳しい対独強硬論を主張。

1852年 コンドル……イギリスの建築家。お雇い外国人として来日し、明治以後の日本建築界の基礎を築く。代表作「鹿鳴館」「宮内省」など。

1865年 謝花昇……明治期の沖縄・自由民権運動指導者。

1867年 平沼騏一郎……明治・大正・昭和期の政治家。第35代首相。司法相・内相・枢密院議長歴任。


● 今日亡くなった人

1891年 メルビル……アメリカの小説家・詩人。代表作『白鯨』。

1895年 パスツール……フランスの細菌学者・化学者。「近代細菌学」の開祖。

1921年 安田善次郎……幕末から明治・大正期の実業家。「安田財閥」の創始者。

1970年 ナセル……エジプトの政治家。スエズ運河の国有化・アスワン・ハイ・ダムの建設、第三世界の指導者。

1989年 マルコス……フィリピン大統領。20年にわたる独裁政治。

2003年 エリア・カザン……アメリカの演出家・映画監督。代表作『エデンの東』『欲望という名の電車』『波止場』など。


● 過去のマイブログ「9月28日」のテーマ

2015年ブログ  「人民革命」 に敗れたマルコス
フィリピン共和国の大統領として、20年にわたる独裁政治行ったマルコスが、1989年に亡くなった日です。1917年、アメリカ合衆国の植民地支配下にあったフィリピンのセブ島北イコロス州サラッドに、下院議員の長男として生まれたフェルディナンド・マルコスは、フィリピン大学法学部の学生だった1937年、父親と政治的に対立していた下院議員暗殺事件の容疑で起訴され、有罪判決を受けました……。

2012年ブログ 「蘭学」を発展させた大槻玄沢
江戸時代後期の蘭学者で、『解体新書』の翻訳で名高い杉田玄白・前野良沢の弟子として『解体新書』の改訂版を著わし、わが国初の太陽暦の元日を祝う「オランダ正月」を催すなど、蘭学をさかんにした大槻玄沢(おおつき げんたく)が、1757年に生れた日です。仙台藩の支藩である一関藩の藩医の子として生れた大槻玄沢(本名・茂質[しげたか])は、13歳で同じ郷里の医師である建部清庵に師事して、早くから医学や語学に才能を示しました……。

2011年ブログ 沖縄自由民権の父・謝花昇
明治時代に沖縄自由民権運動を指導するものの、失意のうちに亡くなった謝花昇(じゃはな のぼる)が、1865年に生まれた日です。沖縄本島の東風平(こちんだ)村に、農家の長男として生まれた謝花は、小学時代から俊才といわれるほど優秀でした。師範学校に入学した翌年の1882年、第1回県費留学生5人の一人に抜てきされて上京。学習院漢学科をへて、東京山林大学(現・東大農学部)に入学、在学中から中江兆民のもとを出入りし……。

2010年ブログ 大財閥を築いた安田善次郎
一代で安田財閥を築き上げた実業家 安田善次郎が、1921年に暗殺された日です。安田善次郎は1838年、越中(現・富山)藩の下級武士の子として生まれました。子どもの頃から、勤倹貯蓄の家風を身につけ、12歳のころには昼は野菜の行商をし、夜には豊臣秀吉の生涯をつづった伝記『太閤記』の写本をして過ごすほどの努力家でした。しかし、富山に来た大坂の町人を武士たちが丁重にむかえる姿を目にした善次郎は、武士が権威を失っていること……。

2007年ブログ レンブラント 「夜警」
「絵画の黄金時代」といわれる17世紀オランダで、その頂点をきわめたレンブラントの「夜警」は、集団肖像画の革命ともいうべき 363×438cm の記念碑的な大作です。集団肖像画というのは、16世紀からオランダを中心に盛んになったジャンルで、市民隊や同業者組合の幹部らが、自分たちの肖像画を当時の有名画家に描いてもらい、公的な場所に飾りました。たいていの場合、モデルは10人から20人、画家はその全員を満足させなくてはならず……。

2006年ブログ 「孔子」 のこども時代
孔子は、小さいときに父を亡くしましたが、その父は、戦争で手がらをたてて貴族となった、勇かんな武士でした。しかし、孔子は、父のあとをついで武士になる気持ちは全くなく、少年のころから、自分は学問の道へ進むことを心にきめていました。13歳のころから学校へ行きはじめました。いまからおよそ2500年も前のことですから、学校といっても、村の年よりたちから、村に伝わっている古い話や、人間として守らなければいけないこと……。

2005年ブログ 国際理解はなぜ必要か
今日ほど、国際理解の必要な時代はないといわれています。それは、いったいどういう理由からなのでしょう。私たちが毎日生活しているところは、日本の国のある一部で、世界全体からみれば限られたほんの小さな地域にすぎません。しかし、この地球上には160を越える国があって、45億人もの人々が、それぞれの生活を営んでいます。これらの人々も、むかしは他の国、他の地方の人々とは交わることもなく、自分たちだけで暮らしていた……。


● 今日(9月27日)の主なできごと

1825年 蒸気機関車初の開業……イギリスの発明家スチーブンソンが蒸気機関車を実用化してから11年後、ストックトン~ダーリントン間19kmを走る世界初の鉄道が開通した。蒸気機関車はその後数十年で世界じゅうに広まり、産業革命に大きな貢献をした。

1945年 昭和天皇がマッカーサー元帥を訪問……この日、昭和天皇はアメリカ大使館にGHQの最高司令官のマッカーサー訪ねた。会議の内容の詳細は不明だが、「戦争の全責任は私にある」と語ったといわれている。その後も非公式ながら計11回面談したことで、マッカーサーは天皇の人柄に感服し、天皇の戦争責任を問うことはなかった。


● 今日の主な記念日・恒例日

世界観光の日……世界観光機関(WTO)が制定した記念日。WTOは、自由貿易促進を主な目的として創設された国際機関で、日本を含む162か国が加盟。この日は、特に加盟国間の観光推進活動を行う。

女性ドライバーの日……1917年のこの日、栃木県の渡辺はまという方が、日本女性初の自動車運転免許を取得したことにちなんで制定。


● 今日生まれた人

1389年 コジモ……イタリア・ルネッサンス期の富豪・政治家。メディチ家隆盛の基礎を築く。

1817年 月性……幕末期の浄土真宗の僧。長州の藩論を攘夷に向かわせた熱血漢。

1821年 アミエル……スイスの哲学者。30年にわたる「アミエルの日記」が有名。

1829年 武市瑞山(半平太)……土佐勤王党の盟主・剣客。

1848年 外山正一……明治期の教育家・文学者・社会学者・政治家。

1900年 戸坂潤……昭和期の哲学者・評論家。代表著作『唯物論全書』『科学論』など。

1914年 宇野重吉……昭和期の俳優・演出家。映画出演『愛妻物語』『第五福竜丸』『金環蝕』など。


● 今日亡くなった人

1901年 李鴻章……中国(清)末の政治家。洋務運動を推進し清末の外交を担当。

1917年 ドガ……フランスの画家。「舞台の踊り子」(エトワール)など踊り子の絵で知られる。

1944年 マイヨール……フランスの彫刻家・画家。ロダン、ブールデルとともに近代ヨーロッパを代表する彫刻家。

1989年 谷川徹三……昭和期の哲学者・評論家。「婦人公論」主幹、法政大学総長など歴任。詩人の谷川俊太郎は長男。


● 過去のマイブログ「9月27日」のテーマ

2013年ブログ 「おもしろ古典落語」131回目 『鬼の面』
大きな商家の河内屋に、住みこみで奉公にきているおせつは、まだ十二になったばかりの女の子。毎日、そうじやせんたく、子もりなどをして働いています。きょうも、赤ん坊を背負って、道具屋の前にやってきました。「おじょうちゃん、いつもこの店にきて、お面を見てるけど、なんのお面をみてるんだい?」「このお面、あたしの、おっ母さんにそっくりなの」「ほう、このおたふくのお面にそっくりなんだね」遠くの里から、奉公に来ていると聞いた道具屋のおやじさん、しばらく考えていましたが……。

2012年ブログ 「おもしろ古典落語」87回目 『権兵衛たぬき』
ある山の近くの村に権兵衛という男が、床屋を営んでいました。話ずきなひとり者で、人が集まらない日がないというくらい評判のよいお店でした。仕事を終え、寝る前に酒を一杯飲んで床に入るのが何よりの楽しみの権兵衛、その夜も、いい気持ちになってうとうとしていました。すると、ドンドン、ドンドンと戸をたたく音がして「権兵衛、権兵衛」と呼ぶ声がします。「おぅ、誰だぁ、忘れものか。寝ちまっただ、明日にしておくれ!……。

2011年ブログ 信念の哲学者・戸坂潤
日本を代表する唯物論哲学者として、軍部独裁政治を批判しつづけて獄死した、戸坂潤(とさか じゅん)が、1900年に生まれた日です。戸坂が、東京・神田に生まれたとき、父は死去して母も病弱だったため、祖父母に育てられました。子どものころから機械工作が好きだった戸坂は、開成中学時代には、自然や科学に関心をしめし、第一高校(現東大)の理科を経て、1921年に京都大学哲学科に入学しました……。

2010年ブログ 日独伊三国同盟
日本・ドイツ・イタリア3国の間で「日独伊三国軍事同盟」が、1940年に締結された日です。この同盟により、日本はアジア、ドイツとイタリアがヨーロッパで主導権を持つことをお互いに認め、軍事的にも協力しあうことが取り決められました。ポーランドへ侵攻したヒトラーの率いるナチス・ドイツに対し、1939年9月にイギリスとフランスが宣戦布告して、第2次世界大戦が始まっていました。開戦後のドイツは、次々に周辺諸国を占領……。

2007年ブログ  [おもしろ民話集 15] 「どろぼうと良寛さん」
いまから200年くらいまえ、越後の国(新潟県) に、良寛という心のやさしいお坊さんがいました。良寛さんは、山の中ほどの、ひと間きりの小さな家に、ひとりですんでいました。そして、昼のあいだは山をおりて、お経をとなえながら村の家いえをまわり、夜は、風の音や虫の声を聞きながら、本を読んだり、歌をつくったりしていました。まん丸い月が山の上にぽっかり浮かんだ、静かな夜のことです……。

2006年ブログ 「新井白石」 のこども時代
幼いときから、なによりも本が好きだった白石は、3歳のときには、もう字をおぼえ、6歳になると、むずかしい詩を暗記して、みんなをおどろかせました。武士だった父のいいつけで、9歳のときから、文字の手習いを始めました。人から教わるのではありません。紙に、なんどもなんども書いて、1字1字、文字をおぼえていくのです。白石は 「昼のあいだに3000字、夜は1000字だ」 と決心して、毎日、4000字ずつの手習いです……。

2005年ブログ 世界を見据える英国
子どもの本の世界一盛んな国である英国に目をやると、マクドナルド・エデュケーショナル社をはじめ、さまざまな出版社がこの種のシリーズを刊行している。ここでも、同じ島国でありながら世界を見据える視野の深さ、国際社会への理解の違いというものを強く感じたものだった。そんな英国でも、マクドナルド社は一歩先んじているようで、幼児向に Places というジャンルがあって、世界の主だった国20ヵ国を1ヵ国1冊で刊行している……。


● 今日(9月26日)の主なできごと

1968年 水俣病が公害病に認定……水俣病は、工場排水などに含まれたメチル水銀が、海や川の魚介類を汚染し、それを食べた人に発生したメチル水銀中毒のこと。1953年ごろから発生しだし、1959年に、熊本県水俣の新日本窒素肥料の工場が汚染源であることが判明した。また1964年ごろから発生した新潟水俣病は、昭和電工の工場が原因であることがわかり、患者や遺族が本格的な公害裁判をおこしたことで、この日、厚生省が水俣病と新潟水俣病を公害病としてようやく認定した。水俣病の発見から13年目のことだった。


● 今日の主な記念日・恒例日

台風襲来の日……1954年、青函連絡船・洞爺丸が転覆するなど、死者行方不明1100人以上となった「洞爺丸台風」。1958年、伊豆・関東地方に来襲し死者行方不明1200人以上となった「狩野川台風」。1959年、東海地方に上陸し、死者行方不明5000人以上という明治以来では最大の被害をもたらした「伊勢湾台風」は、すべてこの日だったことや、統計上台風襲来の回数が多いことで制定された。

ワープロの日……1978年のこの日、東芝が世界初の日本語ワープロ「JW-10」を発表した。日本語がひらがな、カタカナ、漢字が入り混じっているため、開発は困難をきわめ、当時の値段は630万円と高価だった。


● 今日生まれた人

1791年 ジェリコー……フランスの画家。代表作『メデューズ号の筏(いかだ)』など。

1808年 三井高福……江戸時代後期から明治期の実業家。三井財閥の基礎を築く。

1888年 エリオット……イギリスの詩人・批評家・劇作家。代表作『荒地』『寺院の殺人』『詩と劇』など。

1889年 ハイデッガー……ドイツの哲学者。代表著作『存在と時間』など。
 
1898年 ガーシュウィン……アメリカの作曲家・ピアニスト。代表作『ラプソディ・イン・ブルー』『サマータイム』『パリのアメリカ人』など。



● 今日亡くなった人

1685年 山鹿素行……江戸時代前期の儒学者。「古学派」の祖。

1904年 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)……イギリス出身の文学者・日本研究家。代表作『怪談』『知られざる日本の面影』など。

1943年 木村栄……明治・大正・昭和期の天文学者。緯度変化のZ項発見。

1945年 バルトーク……ハンガリーの作曲家・ピアノ奏者・民俗音楽研究家。

1945年  三木清……昭和期の哲学者・評論家。代表著作『哲学ノート』『人生論ノート』 など。

1947年 ロフティング……イギリス出身アメリカの児童文学者。代表作『ドリトル先生』シリーズ。

2006年 市川昭介……昭和・平成期の歌謡曲作曲家。代表作『恋は神代の昔から』『アンコ椿は恋の花』『涙の連絡船』『大阪しぐれ』『皆の衆』など。


● 過去のマイブログ「9月26日」のテーマ

2014年ブログ 『ドリトル先生』 のロフティング
イギリス出身でアメリカで活動した児童文学者・さし絵作家のロフティングが、1947年に亡くなった日です。1886年、イングランド南東部のメイデンヘッドに、時計職人の子として生まれたヒュー・ロフティングは、少年時代から動物や昆虫が好きで、戸棚に小動物を飼って「ミニ動物園」を作ったりしました。8歳で、寄宿学校に入って18歳までここで生活し、1904年に渡米してマサチューセッツ工科大学へ入学しますが……。

2013年ブログ  [おもしろ民話集 100] 動物の恩返し
むかし、子どものいない夫婦がありました。あるとき、おかみさんが近くの川で魚をとっていると、網に小さな金色のカメがかかりました。心やさしいおかみさんは、カメを逃がしてやり、別のところで魚をとっていると、また、おなじカメがかかりました。また逃がしてやろうとすると、そのカメが「おねがいですから、ぼくを飼ってくれませんか」といいます。カメが口を聞いたのでビックリしましたが、「いいわ、家には子どもがいないから……。

2012年ブログ 東欧民族音楽の祖・バルトーク
「民族的古典主義」を代表する作曲家・ピアノ奏者として活躍するいっぽう、民俗音楽研究家として7千曲もの民謡を収集したハンガリーのバルトークが、1945年に亡くなった日です。1881年に、ハンガリー・トランシルバニア地方のナジセントミクローシュの音楽愛好家の両親のもとに生まれたバルトークは、幼いころから音楽の素質をみせはじめ、5歳ころからピアノ教育を受けはじめました。しかし7歳の時に父が32歳で急死したため……。

2011年ブログ 古学派の祖・山鹿素行
江戸時代前期に活躍した儒学者で、官学の「朱子学」に対抗し「古学派」をおこした山鹿素行(やまが そこう)が、1685年に亡くなった日です。素行は、山鹿流兵法を始めたことでも知られています。1622年、伊勢亀山藩出身の父が、陸奥国会津に仕えていたときに生まれた素行は、6歳で江戸に出ました。9歳のとき幕府の大学頭を務めていた林羅山の門下に入って朱子学を学び、15歳からは当時最高の兵法家といわれた小幡景憲・北条氏長に入門……。

2008年ブログ 「怪談」 の小泉八雲
「耳なし芳一」 や 「雪女」 などを収録した 『怪談』 などを著し、日本の文化や日本の美しさを世界に紹介したラフカディオ・ハーンこと小泉八雲(やくも)が、1904年に亡くなった日です。目が見えない芳一は、毎晩、ふしぎな屋敷にまねかれて、琵琶をひきながら平家物語を語って聞かせました。語りが進むと、いつも、武士たちのすすり泣きの声が聞こえてきました。ところが、屋敷だと思っていたのは、人ひとりいない墓場でした……。

2007年ブログ 手伝いの中から、思いやりも育つ
これは、ある幼稚園の先生から聞いた話です。父母会の席で、宏美ちゃんという4歳の女の子が、とてもよく気がつき、思いやりがあり、いつも大きな声で 「ありがとう」 と言うので、先生は、その母親に家でのしつけをたずねたそうです。すると、30歳くらいの母親が 「とくに、きびしいしつけなどしていません」 と前置きして、次のように答えてくれたそうです。「家では、可能なかぎり、どんなことでも手伝わせます……。

2006年ブログ 「ガンジー」 のこども時代
ガンジーが7歳のころのことです。ある日、はじめてイギリス人を見たガンジーは、インド西部の小さな国の総理大臣をしていた父にたずねました。「あの人たちは、インドへ来てなにをしているの?」 父は、はじめはインドと貿易をしようと思ってやってきたイギリス人が、もう300年もインドにいて、とうとう、インド全土を支配するようになったことや、イギリス人を追いはらうためにインドの軍隊がどんなに戦っても……。

2005年ブログ テレビ番組が世界への眼を開かせる
1980年に出版した「子どもワールド図書館」の刊行の動機は、割と単純な発想からだった。わが子とテレビを見ながら考えたことなのだが、当時「世界名作劇場」という番組があり日曜日の夜7時30分から30分間、フジテレビで放送されていた。「アルプスの少女ハイジ」とか「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」「ぺリーヌ物語」「フランダースの犬」「トムソーヤの冒険」といった世界各地を舞台にした良質で楽しいアニメを……。

↑このページのトップヘ