児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2016年08月


● 今日(8月31日)の主なできごと

1957年 マラヤ連邦独立……19世紀後半からイギリスの支配下にあったマラヤは、マラヤ連邦としてこの日、独立宣言をした。なお、マラヤ連邦は、1963年にイギリス保護国だった北ボルネオ他と統合し「マレーシア」となった。

1997年 ダイアナ妃交通事故死……イギリスの元皇太子妃ダイアナが、パリ市内で不慮の交通事故で亡くなった。


● 今日の主な記念日・恒例日

野菜の日……「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せから、全国青果物商業協同組合連合会など9団体が1983年に制定。


● 今日生まれた人

1832年 ワーグマン……イギリスの漫画家。幕末に来日し、日本初の漫画雑誌『JAPAN PUNCH』を創刊。

1870年 モンテッソーリ……イタリアの医師・教育家。「モンテッソーリ教育法」開発。

1878年 鏑木清方……明治・大正・昭和期の日本画家。代表作『朝涼』『三遊亭円朝像』『一葉像』など。

1931年 高橋和巳……昭和期の小説家・中国文学者。代表作『悲の器』『邪宗門』など。


● 今日亡くなった人

1867年 ボードレール……フランスの詩人。代表作『悪の華』『パリの憂鬱』など。

1913年 ベルツ……ドイツ人医師。「日本医学の恩人」

1963年 ブラック……フランスの画家。代表作『レスタックの風景』『桃と洋梨と葡萄のある静物』など。

1973年 ジョン・フォード……アメリカの映画監督。代表作『駅馬車』『怒りの葡萄』『わが谷は緑なりき』『静かなる男』など。

1986年 ヘンリー・ムーア……イギリスの彫刻家。

1997年 ダイアナ……イギリスの元皇太子妃。ウィリアム王子・ヘンリー王子の実母。


● 過去のマイブログ「8月31日」のテーマ

2015年ブログ  『横たわる人体』 のヘンリー・ムーア
20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家のヘンリー・ムーアが、1986年に亡くなった日です。1898年、北イングランドのヨークシャーに貧しい炭鉱夫の子として生まれたヘンリー・ムーアは、中学時代に粘土や木による造形を美術教師にほめられたのがきっかけになって、彫刻家になる決心をしました。しかし、両親は彫刻を手工業的な労働として評価しませんでした……。

2012年ブログ 現代絵画の先駆者ブラック
ピカソとともに「キュービズム」(立体派)の創始者といわれるフランスの画家ブラックが、1963年に亡くなった日です。1882年パリ郊外にあるセーヌ川沿いの町アルジャントイユで生まれたジョルジュ・ブラックは、ル・アーブルで育ち、少年時代は家業のペンキ屋・装飾画家の見習いをしながら、1897年ころから2年間美術学校の夜学で絵を学びました。1900年、装飾画家としての資格を得ようとパリに出ると……。

2011年ブログ 「フランス近代詩の父」 ボードレール
フランスの詩人・批評家のボードレールが、1867年に亡くなった日です。1821年パリに生まれたシャルル・ボードレールは、6歳のとき父が亡くなり、母はのちに将軍となる軍人と再婚しました。ボードレールは、母を奪われた悲しみから義父とは仲が悪く、孤独な少年時代を送りました。中学時代は、ラテン後の詩作や翻訳に優れ、全国コンクールに入賞するほどの能力を発揮しましたが……。

2010年ブログ 日本近代医学の恩人・ベルツ
明治時代初期に日本に招かれたドイツ人医師で、26年にわたって医学を教え、日本医学界の発展に尽くしたベルツが、1913年に亡くなった日です。明治新政府ができたとき、欧米の進んだ文化や学問や技術をとりいれて、いち早く欧米に追いつきたいと考えました。そのために、たくさんの外国人教師を招きましたが、そのなかでも特に立派な人格と優れた指導力で、日本人に大きな影響力を与えたばかりでなく……。

2007年ブログ 「プリマベーラ」(春) と 「ビーナスの誕生」 にまつわる驚き
昨日、イタリア・フィレンツェの「ウフィツ美術館」にある、ボッティチェリの名画「プリマベーラ」(春)を紹介しましたが、この絵について調べているうちに、実に興味深いことが判りました。そのいくつかを記してみることにします。(1) 「ウフィツ美術館」の名称の意味 この絵を所蔵している「ウフィツ美術館」という名称のことですが、このイタリア語の「ウフィツ」は、英語の「オフィス」(事務所)です……。

2006年ブログ 「ライト兄弟」 のこども時代
弟のオービルと、4歳うえのウィルバーは、1日じゅうでも、物を作ったり、こわしてみたりして遊ぶのがすきでした。台所を実験室にしてさわいでも、母は 「あとは、きちんと、かたずけるのよ」 と、やさしくいうだけで、なにもしかりませんでした。また、父も、ふたりの機械好きをよろこんで、家のだいじな大工道具を使うのを許してくれるほど、やさしい人でした。ある日、ふたりは、旅行から帰ってきた父から……。

2005年ブログ 幼児の「科学する心」について
「こども科学図書館」の編集にたずさわっていた1977年頃のこと。私の二人の男の子の上が5歳、下が3歳だった。初秋のある日、子どもたちと近所を散歩していると、都会ではめずらしく赤トンボが何十匹となく空を舞っている。子どもたちは、キャッキャといいながら追いかけまわしていたが、そのうち「お父さんつかまえて」というので、悪戦苦闘しながら1匹をつかまえてあげると、もう下の子は大喜び。おっかなびっくり羽根をつかみ、下からながめ、こんどはひっくりかえしながめまわしている……。


● 今日(8月30日)の主なできごと

1945年 マッカーサー来日……第2次世界大戦に敗れた日本は、9月から1952年4月まで6年9か月間占領され、連合国軍司令部(GHQ)による間接統治が行なわれた。その最高司令官に任命されたアメリカのマッカーサー元帥がこの日、神奈川県の厚木飛行場におりたった。そのためこの日は「マッカーサー進駐記念日」に制定されている。


● 今日の主な記念日・恒例日

富士山測候所記念日……1895年のこの日、気象学者の野中到(いたる)が私財を投じ、富士山頂に野中測候所(今の気象庁富士山測候所)を開設したのにちなむ記念日。

冒険家の日……1989年に堀江謙一が小型ヨットでの太平洋の単独往復を達成、1970年に植村直己がマッキンリーの単独登頂して日本人初の大陸最高峰登頂を成功させ、1965年に同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流から130kmを世界で初めてボート下りをした。これらの冒険が、いずれも8月30日だったことから制定。


● 今日生まれた人

1748年 ダビッド……フランスの画家。代表作『ナポレオンの戴冠式』『アルプスを越えるナポレオン』『レカミエ夫人』など。

1797年 メアリー・シェリー……イギリスのホラー小説家。代表作『フランケンシュタイン』など。

1871年 国木田独歩……明治期の小説家・詩人・ジャーナリスト・編集者。代表作『武蔵野』『牛肉と馬鈴薯』『源叔父』 など。

1871年 ラザフォード……イギリスの物理学者。「原子物理学(核物理学)の父」


● 今日亡くなった人

1940年 トムソン……イギリスの物理学者。電子・同位体の発見、質量分析器の発明など。

1984年 有吉佐和子……昭和期の小説家。代表作『複合汚染』『紀ノ川』『恍惚の人』など。

1992年 五社英雄……昭和・平成期の映画監督・テレビプロデューサー・脚本家。代表作『極道の妻たち』『三匹の侍』『鬼龍院花子の生涯』など。

1995年 山口瞳……昭和・平成期の小説家。代表作『江分利満氏の優雅な生活』など。


● 過去のマイブログ「8月30日」のテーマ

2013年ブログ  『複合汚染』 の有吉佐和子
『紀ノ川』『華岡青洲の妻』『複合汚染』『恍惚の人』など、歴史や古典芸能、社会問題まで広いテーマの話題作を多く著した作家の有吉佐和子(ありよし さわこ)が、1984年に亡くなった日です。1931年、和歌山市に生まれた有吉佐和子は、父の転勤のために小学時代は旧オランダ領東インドで過ごし、1941年に帰国後、東京市立第四高女から疎開先の和歌山高女、光塩高女、府立第五高女を経て、1952年に東京女子大学英語学科を卒業、演劇評論家を志して、雑誌『演劇界』の嘱託となりました……。

2012年ブログ 「おもしろ古典落語」83回目 『船徳(ふなとく)』
江戸の隅田川の川筋には、船宿というのがありまして、ここから舟をだすというぜいたくな遊びがはやっていました。なかには、遊びに夢中になりすぎて、親から勘当されてしまった若旦那が、お出入りの船宿に居候をしてたなんてのが、よくありました。柳橋の船宿・大枡(だいます)に居候していましたのが大家の若旦那の徳三郎。ひまをもてあました末に、いなせな姿にあこがれて「船頭になりたい」といいだし……。

2011年ブログ 電子を発見したトムソン
電子と同位体を発見し、質量分析器を発明したイギリスの物理学者トムソンが、1940年に亡くなった日です。1856年、イギリス中部西海岸マンチェスターの本屋の家に生まれたジョセフ・ジョン・トムソンは、小さな私立学校に通ううち、科学への強い興味と才能を示し、ケンブリッジ大学で1880年に数学の学士号、1883年に修士号を取得。1884年に母校の教授になり、のちに物理学のキャベンディッシュ研究所の所長に……。

2010年ブログ 「原子物理学の父」 ラザフォード
ニュージーランド出身・イギリスで活躍した実験物理学者で「原子物理学(核物理学)の父」と呼ばれるラザフォードが、1871年に生まれた日です。すべての自然科学の研究のなかでも、特に注目されているのが原子や原子核についての研究です。その原子物理学のもとになる新しい考え方をいくつも生み出し、実験で証明して発展の道をきりひらいたのが、1908年にノーベル賞を受賞した……。

2007年ブログ ボッティチェリ「プリマベーラ(春)」
この絵は、イタリア・フィレンツェの「ウフィツ美術館」にあり、2.03m×3.14m の大きな絵です。フィレンツェは、ルネッサンスが花開いた都市としても有名で、14世紀末から16世紀始めころまで、都市国家フィレンツェの君主として「メディチ家」は隆盛を誇っていました。この絵の注文主はメディチ家のロレンツォ・イル・マニーフィコ、通称「豪華王」で……。

2006年ブログ 「野口英世」 のこども時代
1歳をすぎてまもなくのやけどで、左手の5本の指がくっついたまま棒のようになってしまっていた清作 (英世の子どものころの名) は、小学校へあがると、みんなに 「てんぼう、てんぼう」 「左手で石を投げてみろ」 とバカにされました。そして、くやしさと悲しさに涙を流すうちに、こっそり学校をずる休みするようになっていきました。でも、ずる休みは、まもなく、母にみつかって 「人に笑われたくらいで、くじけてはダメです。しっかり勉強して、いまはバカにしている人たちを、学問の力で、みかえしてやったら……。

2005年ブログ こども科学図書館について
これまで、いずみ書房の創業期の、まさに生きるか死ぬかの大苦戦物語を記述してきた。そして、独自のフランチャイズシステムによる販売組織を少しずつ作り上げることができ、以来およそ10年もの長い間、試行錯誤しながらもこのシステムの恩恵を受けながら、多くの出版物を刊行することができた。「せかい童話図書館」(全40巻)に続く、「ポケット絵本シリーズ」の第2弾は、1978年5月に完成した「こども科学図書館」(全40巻)だった……。


● 今日(8月29日)の主なできごと

1708年 シドッチ屋久島へ上陸……イタリア人宣教師のシドッチが屋久島に上陸。鎖国中だったため捕えられて江戸に送られ、新井白石の訊問を受け幽閉されたが、このときのやりとりは後に『西洋紀聞』にまとめられた。

1929年 ツェッペリング号世界一周……全長236mものドイツの飛行船ツェッペリング号は、約12日間かけて世界一周に成功した。しかし飛行船は、実用的には飛行機にかなわず、現在では、遅い速度や人目につきやすい特長をいかして、広告宣伝用として使われている。


● 今日の主な記念日・恒例日

文化財保護法施行記念日……1949年1月26日に法隆寺金堂が全焼したのをきっかけに、文化財保護政策の改革が望まれ、これまでの「国宝保存法」「重要美術品等保存法」「史蹟名勝天然記念物保存法」をまとめた「文化財保護法」が、1950年のこの日に施行された。これにちなみ、1951年に制定。

焼き肉の日……「やき(8)に(2)く(9)」の語呂合せから、全国焼き肉協会が1993年から実施。

ケーブルカーの日……1918年のこの日、大阪電気軌道(今の近鉄)の子会社が、奈良県生駒山の鳥居前~宝山寺間で日本初のケーブルカーを開業させたことから制定。

ベルばらの日……1974年のこの日、宝塚歌劇で「ベルサイユのばら」が初演されたことにちなんで制定。池田理代子原作の劇画を脚色したもので、1976年の上演打ち切りまでに延べ140万人の観客動員を記録。


● 今日生まれた人

1619年 コルベール……フランスの財政家・政治家。「重商主義」政策推進。

1632年 ジョン・ロック……イギリスの哲学者・思想家。代表作『人間知性論』『統治二論』など。立憲制・三権分立を主張。

1780年 アングル……フランスの画家。代表作『泉』『グランド・オダリスク』など。

1862年 メーテルリンク……ベルギーの劇作家・エッセイスト・詩人。代表作『青い鳥』『貧者の宝』など。

1888年 大内兵衛……大正・昭和期のマルクス経済学者・財政学者。


● 今日亡くなった人

1858年 渋江抽斎……江戸時代後期の医師・考証学者。

1979年 竹鶴政孝……大正・昭和期の実業家。ニッカウヰスキー創業。


● 過去のマイブログ「8月29日」のテーマ

2014年ブログ  「進歩的経済学者」 大内兵衛
大正・昭和期に、日本のマルクス経済学の一大グループをリードし、統計制度や社会保障制度の整備に尽力した大内兵衛(おおうち ひょうえ)が、1888年に生まれた日です。兵庫県淡路島に生まれた大内兵衛は、旧制洲本中学、第五高校(熊本)を経て、1913年東京帝国大学経済学科を首席で卒業すると、大蔵省に入って書記官をつとめましたが、1919年に、新設されたばかりの東大経済学部助教授として財政学を担当……。

2013年ブログ 「おもしろ古典落語」129回目 『おしの釣り』
「おいおい、与太郎、そんなとこへ突っ立ったまんま笑っているやつがあるか」「えへへ、どうも、七兵衛さん、驚いた」「妙なあいさつだな」「なんだってね、七兵衛さんは、釣の名人だって、ほんとか?」「まあ、名人といわれるほどでもないが、釣は好きだな」「釣の好きな人は出世するって、大家さんがいってた。弁天さまは、釣竿(つりざお)と鯛を持ってるって」「あきれたね、それは恵比寿(えびす)さまだ……。

2012年ブログ 「渋江抽斎」 と鷗外
江戸時代末期の医師・考証学者の渋江抽斎(しぶえ ちゅうさい)が、1858年に亡くなった日です。なお、渋江は、明治・大正時代の文豪・森鷗外の史伝小説により、一般の人たちに広く知られるようになりました。1805年、弘前藩(青森県)の侍医の子として江戸の藩邸で生まれた渋江抽斎(幼名・恒吉)は、儒学を考証家・市野迷庵に学び、迷庵の没後は狩谷棭斎(えきさい)に学び、医学を伊沢蘭軒から学びました……。

2011年ブログ 「近代民主政治」 とロック
イギリスの政治思想家・哲学者で、「アメリカ独立宣言」「フランス人権宣言」にも大きな影響を与えたロックが、1632年に生まれた日です。ジョン・ロックは、イギリス南西部サマセット州の法律家の息子に生まれました。ロックの少年時代に父は、清教徒(ピュリタン)革命の義勇軍に加わって活躍しました。ロックは、革命に成功したクロムウェルが政権を握っていた1652年、オックスフォード大学に入学……。

2008年ブログ  [おもしろ民話集 48] 卵裁判
むかしある国に、ひとりの王様がいました。あるとき、王様は旅に出なくてはならなくなり、お妃を呼んでこんな恐ろしいことをいいました。「わしの留守中に、もしお前が男の子を産んだら、いつまでもこの国の王妃にしておこう。だが、女の子を産んだら、お前の首をはねる」 と。王様が旅に出て、しばらくするとお妃は女の子を産みました……。

2007年ブログ 「青い鳥」の劇作家・メーテルリンク
詩人、劇作家、エッセイストとして活躍し、ノーベル文学賞を受賞したメーテルリンクが、1862年に生まれた日です。「病気のむすめのために、青い鳥をさがしてきておくれ。青い鳥さえあれば、あの子はしあわせになれるのだからね」クリスマスの前の晩、貧しい木こりの息子チルチルと妹のミチルは、魔法使いのおばあさんにたのまれ、犬やネコのほか、光の精や水の精などのふしぎなお供をつれて、夢の中の世界へ青い鳥をさがしにでかけます……。

2006年ブログ 「エジソン」 のこども時代
エジソンは、幼いころから、好奇心のつよい子どもでした。だれにでも 「なぜ、そうなるの?」 「それは、どうなっているの?」 と聞くから、たまりません。おとなたちは、エジソンを見ると、みんな逃げだしました。ある日、かじやのおじさんに 「火は、どうして、もえるの?」 と聞きました。おじさんは、そんなことは、わかりません。しかたなく 「もえるから、火なんだよ」 と、答えてくれただけでした……。

2005年ブログ 携帯サイト近日オープン
「いずみ通販こどもカタログ」2005年秋冬号が完成した。今回の目玉は、携帯電話のショッピングサイトをオープンさせたことである。これまでも携帯電話を使用して、QRコードという1.5cm平方の図形を撮影すると、「セサミえいごワールド」の資料請求ができるシステムをこしらえてはいた。そして、インターネットからの請求者の半数近くが、このシステムを利用していることがわかった……。


● 今日(8月26日)の主なできごと

1789年 フランス人権宣言の採択……フランス革命で、バスティーユ牢獄の襲撃やその後の動乱が落ち着いたこの日、国民議会は憲法の前文にあたる「人間と市民の権利宣言」(人間宣言)を採択した。アメリカの独立宣言を範としたこの宣言は17条からなり、権利の平等、人間が当然の権利として持つ自由、主権在民、思想・言論の自由、所有権、安全、圧政に対する抵抗権の確認などの原則が示されている。この民主主義の考え方は、新しい市民社会の原理となった。これにちなみ、8月26日は、「人権宣言記念日」とされている。


● 今日の主な記念日・恒例日

シルマンデー/ユースホステルの日……ユースホステルの創始者リヒャルト・シルマンを記念する日。ドイツの小学校教師だったシルマンは、1909年のこの日、児童たちと遠足に出かけたところ、突然の大雨のために小学校で雨宿りをした。夜になっても雨は止まず、翌朝までその小学校で過ごすことになった。この経験から、旅行中の青少年が何かあった時に、安い料金で安心して宿泊のできる施設の必要性を感じ、ユースホステルを創設した。


● 今日生まれた人

1451年 コロンブス……イタリアの航海者。アメリカ大陸の発見者。

1676年 ウォルポール……イギリス議会内閣制による初代「首相」。20年に及ぶ長期安定政権を築き、商業国家として躍進する土台を築く。

1740年 モンゴルフィエ兄弟 (兄)……フランスの発明家。兄弟で熱気球を発明、世界初の有人飛行。

1743年 ラボアジエ……フランスの化学者。質量保存の法則を発見。「近代化学の父」

1880年 アポリネール……イタリア出身フランスの詩人。代表作『腐ってゆく魔術師』『ミラボー橋』など。

1910年 マザー・テレサ……カトリックの修道女。修道会「神の愛の宣教者会」創立。


● 今日亡くなった人

1617年 後陽成天皇……安土・桃山・江戸初期の第107代天皇。

1723年 レーウェンフック……オランダの生物学者。史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察。「微生物学の父」

1850年 ルイ・フィリップ……フランスの国王。「市民の王」

1910年 ウィリアム・ジェームズ……アメリカの哲学者・心理学者。パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表。

1929年 アーネスト・サトウ……イギリスの外交官・駐日公使館書記官。代表作『一外交官のみた明治維新』『日本旅行日記』『アーネスト・サトウ公使日記』など。

1931年 浜口雄幸……大正・昭和期の財政家・政治家。第27代首相。

1974年 リンドバーグ……アメリカの飛行士。単独大西洋無着陸横断。

1998年 田村隆一……昭和・平成期の詩人・翻訳家・エッセイスト。代表作『四千の日と夜』『言葉のない世界』など。

2007年 サイデンステッカー……アメリカの日本文学研究者。『雪国』(川端康成作)の英訳など、日本文化を広く紹介。

2014年 米倉斉加年……昭和・平成期の俳優・演出家・絵本作家。代表作『魔法おしえます』『多毛留』(絵本)。


● 過去のマイブログ「8月26日」のテーマ

2015年ブログ  「初の印刷」 と後陽成天皇
安土桃山時代から江戸時代初期の天皇で、皇室の尊厳回復に努力し、古典文化研究の新しい潮流を生み出した後陽成天皇(ごようぜいてんのう)が、1617年に亡くなった日です。1571年、正親町(おおぎまち)天皇の皇子の誠仁(さねひと)親王の第1子として生まれた和仁親王は、1586年に父の急死により、祖父にあたる正親町天皇に譲位されて後陽成天皇として即位しました。当時は、織田信長の後継者として……。

2014年ブログ 「市民の王」 ルイ・フィリップ
1830年フランス「七月革命」後に即位し、1848年の「二月革命」まで、イギリス型立憲君主制「七月王政」をおこなったルイ・フィリップが、1850年に亡くなった日です。1773年、オルレアン地方に公領を有する貴族「オルレアン家」のフィリップ・エガリテ [平等公] の長男として生まれたルイ・フィリップは、文筆家で教育者のジャンリス夫人から自由主義教育を受け……。

2013年ブログ 雷が落ちたところがどれだけ離れているのか、なぜわかるの?
「おもしろ科学質問箱 26」 雷は、光った瞬間にドカン、バリバリという激しい音をたてて落ちます。それを離れたところで聞くと、ゴロゴロという音が、あとから聞こえてきます。光は、1秒間に30万km、地球を7まわり半もまわるほど速く進みます。ですから、10kmも離れたところで雷が落ちたとしても、落ちた瞬間に光は見えます。ところが、音は1秒間におよそ340mしか進みません……。

2011年ブログ 「おもしろ古典落語」36回目 たがや
江戸名物のひとつに、両国の川開きがありました。両国橋の上は花火の見物人でごったがえします。むかしは、鍵屋(かぎや)と、玉屋(たまや)と2軒の花火屋がありましたが、玉屋が火事を出したために取りつぶしになり、鍵屋だけになりました。ところが、どういうわけか花火をほめる言葉は「たァまァ屋ァ!」というのが相場になって、「玉屋」の声ばかりあちこちで聞こえる夕ぐれのこと……。

2010年ブログ 近代化学の父・ラボアジエ
従来の化学理論を次々と正し、実験で証明したフランスの偉大な科学者ラボアジエが、1743年に生まれた日です。しかし1789年にはじまったフランス革命によって命を奪われた悲劇の人でした。アントワーヌ・ローラン・ラボアジエは、パリの恵まれた家庭に生まれました。父は弁護士で、母も弁護士の家に育った人です。幼いころから名門校に通い、すぐれた教育をうけたラボアジエは、勉強が何よりもすきだという少年時代を過ごし、やがて大学にすすんで、法律を学びます……。

2008年ブログ よその子と比較しない
「○○ちゃんを見なさい。ちゃんとやってるじゃないの」 「みんなができるのに、どうしてできないの」 「そんなことじゃ、みんなに笑われるわよ」……。子どもを叱ったり、いましめたりする母親をよく見かけます。よその子と比較しながらわが子を見、よその子より劣っていると思えば案じ、よその子より優れていると思えば安心する。「♪ ナンバー1にならなくても もともとは特別なオンリー1」……。

2005年ブログ 全国の4割の地区に販売網
手元に1977年4月発売号の「月刊・セールス」(ダイヤモンド社刊)に掲載の1ページ広告がある。全国42支社の募集とあるから、わずか2ヶ月で18地区が決定し、全国29地区と、一気に販売組織が拡大している様子が見てとれる。ただし、どの地区も順調にいったわけでなく、大半が意気込みだけで終わってしまった。F商事が茨城支社の契約を交わしたが、業績が伴わずにやがて脱落していったように……。


● 今日(8月25日)の主なできごと

1543年 鉄砲伝来……ポルトガル人二人をふくむ100人以上も乗せた大きな船が九州の種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えた。

1830年 ベルギー独立革命……ベルギーの中心都市ブリュッセルの劇場で演じられていたナポリの独立闘争のオペラに刺激されて、ベルギーのオランダからの独立革命がおこった。たちまち各地に運動が飛び火して10月に独立宣言がなされ、年末までにオランダをのぞくヨーロッパの列強は、ベルギーの独立を認めた。

1944年 連合軍パリ解放……北フランスのノルマンディー上陸に成功した連合国は、ドイツ軍と激しくたたかいフランスの首都パリに入るとドイツ軍は降伏、パリは4年ぶりに解放された。


● 今日の主な記念日・恒例日

即席ラーメン記念日……1958年のこの日、日清食品が世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」を発売したことにちなみ、日清食品が制定。


● 今日生まれた人

1530年 イワン4世……ロシアのモスクワ大公。ロシア最初の皇帝で、政治的能力は優れていたが残忍な性格だったため「雷帝」とあだ名された。

1836年 榎本武揚……幕末から明治期の幕臣・政治家。戊辰戦争で蝦夷共和国代表として新政府軍と戦って降服。明治政府の外相、海軍大臣を歴任。

1912年 福田恆存……昭和期の評論家・劇作家・翻訳家。代表作「シェイクスピア戯曲14点翻訳」『私の國語教室』『人間・この劇的なるもの』など。

1914年 笠置シヅ子……昭和期の歌手。戦後『東京ブギウギ』『買い物ブギ』など「ブギの女王」として一世を風靡。

1918年 バーンスタイン……アメリカの指揮者・作曲家。代表作『ウェストサイド物語』交響曲第1番『エレミア』など。

1931年 山村美紗……昭和・平成期の推理小説家。代表作『マラッカの海に消えた』『消えた相続人』など。「ミステリーの女王」「日本のアガサ・クリスティ」


● 今日亡くなった人

1648年 中江藤樹……江戸時代前期の儒学者。 「近江聖人」

1776年 ヒューム……イギリスの哲学者・思想家。『人間本性論』など、イギリス経験論を代表。

1786年 徳川家治……江戸幕府第10代将軍。

1819年 ワット……イギリスの機械技術者・発明家。蒸気機関を実用化。

1822年 ハーシェル……イギリスの天文学者。天王星の発見者。

1867年 ファラデー……イギリスの物理学者。電磁誘導を発見。

1900年 ニーチェ……ドイツの哲学者。実存主義の代表的思想家の一人。代表作『ツァラトゥストラはかく語りき』など。

1940年 ミシュラン……フランスの実業家。ミシュランタイヤ創業。旅行案内書「ミシュラン・ガイド」発刊。

1956年 キンゼイ……アメリカの動物学者・性科学者。代表作『男性の性行動』『女性の性行動』など。

2012年 アームストロング……アメリカの宇宙飛行士。人類初の月面着陸。


● 過去のマイブログ「8月25日」のテーマ

2015年ブログ  「田沼時代」 と徳川家治
江戸幕府の第10代将軍徳川家治(とくがわ いえはる)が、1786年に亡くなった日です。1737年、第9代将軍徳川家重の長男として江戸城西ノ丸に生まれた家治(幼名・竹千代)は、幼少時から聡明で、第8代将軍であった祖父吉宗の期待を一身に受けて育ちました。吉宗は1751年に亡くなるまで、家治に直接の教育・指導を行ったのは、言語が不明瞭だった家重に伝授できなかった帝王学を教えるためでもありました……。

2014年ブログ 「天王星」 を発見したハーシェル
天王星の発見をはじめ、天文学における数多くの業績で知られるドイツ出身でイギリスの天文学者ハーシェルが、1822年に亡くなった日です。1738年、ドイツのハノーバーに生まれたウィリアム・ハーシェルは、軍楽隊に所属する父から音楽の指導を受け、オルガンやオーボーの名手になりました。そのかたわら父に数学を学び、やがて天文学の本を熟読するようになります……。

2011年ブログ 蒸気機関とワット
イギリスの産業革命で最大のできごとといわれる蒸気機関を発明したワットが、1819年に亡くなった日です。蒸気機関の原理は、古くから考えられていました。でも、実用的なものができはじめたのは、17世紀の末ごろからです。セーバリやニューコメンらによって作られた単純な装置で、鉱山の排水などに利用されていました。ワットは、ニューコメンの機械を細かく調べあげ、新しい蒸気機関を発明しました……。

2010年ブログ 「近江聖人」 中江藤樹
人を愛し敬う心を大切にし、母に孝養をつくして 「近江聖人」 とその徳望が慕われた江戸時代の儒学者・中江藤樹(なかえ とうじゅ)が、1868年に亡くなった日です。中江藤樹は、江戸幕府が開かれてから5年後の1608年に、近江国(滋賀県)で生まれました。父は農民でしたが、藤樹は8歳で、武士の祖父のもとへ養子としてひきとられました。そして、6年ののちに祖父が亡くなると、祖父にかわって……。

2008年ブログ 鉄砲が伝来した日
ポルトガル人二人をふくむ100人以上も乗せた大きな船が、1543年九州の種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えた日です。島の領主は、まだ16歳の種子島時尭(ときたか)でした。漂着船に乗っていた中国人と漢字で筆談したところ、嵐にあって難破、20日以上も漂流して、種子島にたどりついたことがわかりました。難破船の修理をしているあいだ、ポルトガル人の二人は鉄砲をもって狩りにでかけ……。

2006年ブログ 子どもの心に残っている本
「あなたが、これまでに自分で読んだり、だれかに読み聞かせてもらった本のなかでいちばん心に残っているのは、何という本ですか。本の題名と心に残っていることを書いてください」──東京のある子ども文庫に集まってくる小学生53人を対象に、こんな調査をしました。その結果、「かわいそうなぞう」 「ごんぎつね」 などは、5人以上の子どもがあげ、結局53人の子どもが1冊ずつあげた本は全部で33冊になりました……。

2005年ブログ なけなしの土地を売却
私は1972年、まだ社会思想社に勤務していた頃、将来の居住を目的に、妻と共同で80坪ほどの土地を購入していた。当時、千葉県流山市が「南流山再開発地区分譲」ということで、新聞に大々的に広告をしていた。今後これほど安い物件は、首都圏では出ないといううわさもあり、資料を請求して検討してみた。多くの区画の分譲があったが、将来開通する予定の武蔵野線「南流山駅」から徒歩1分、80坪、1100万円の分譲地は価値ありと判断し申し込んでみた……。

↑このページのトップヘ