児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2016年05月


● 今日(5月10日)の主なできごと

1863年 下関事件……長州藩は下関海峡を通るアメリカ商船を攻撃した。これが下関事件。孝明天皇の命により14代将軍徳川家茂が5月10日を攘夷期限と奏上したことに呼応したもので、他に実行する藩はなかった。長州藩はフランス艦、オランダ艦にも発砲、6月1日には米・仏艦が報復攻撃に来航するなど、長州藩は苦境に立つことになった。

1871年 円誕生……近代日本貨幣法として「新貨条例」が制定され、「円」が誕生した。円の100分の1を「銭」、現在はほとんど使われないが、銭の100分の1を「厘(りん)」とすることも決められた。


● 今日の主な記念日・恒例日

日本気象協会創立記念日……1950年のこの日、気象情報の伝達・配布、気象調査、気象知識の普及等を行う「気象協会」が創設されことにちなむ記念日。1966年に関西気象協会・西日本気象協会と合併し、現在の「日本気象協会」の名称になった。

コットンの日……5(こ)ten(テン)の語呂合せと、綿が夏物素材として最盛期を迎えることから、日本紡績協会が1995年に制定。


● 今日生まれた人

1846年 和宮……孝明天皇の異母妹で、幕末期に「公武合体」のため江戸幕府14代将軍徳川家茂に嫁ぐ。

1888年 スタイナー……アメリカの映画音楽作曲家。代表作『風と共に去りぬ』『カサブランカ』など。

1904年 桑原武夫……昭和期のフランス文学者・文芸評論家。代表著作『文学入門』『日本の名著』など。

1925年 橋田壽賀子……昭和・平成期の脚本家。代表作 『愛と死をみつめて』『おしん』『渡る世間は鬼ばかり』など。


● 今日亡くなった人

1398年 洪武帝……明(中国)の初代皇帝。

1904年 スタンリー……アメリカの探検家・ジャーナリスト。遭難したリビングストンを発見。

1909年 二葉亭四迷……明治期の小説家・翻訳家。代表作『浮雲』『あひゞき』など。

1930年 下村観山……明治・大正・昭和初期の日本画家。

1987年 平沢貞道……昭和期のテンペラ画家。帝銀事件で逮捕された死刑囚。刑の執行も釈放もされないまま、逮捕から39年間を獄中で過ごす。


● 過去のマイブログ「5月10日」のテーマ

2013年ブログ 華麗な作風を完成させた下村観山
横山大観や菱田春草らとともに明治から昭和初期に活躍した日本画の大家・下村観山(しもむら かんざん)が、1930年に亡くなった日です。1873年、紀州徳川家おかかえの能楽師の家系の子として和歌山市に生まれた下村観山(本名・晴三郎)は、1881年に一家とともに東京へ移住しました。幼いときから絵の好きだった観山は、はじめ藤島常興に狩野派の手ほどきを受けた後、狩野芳崖に学びました。芳崖は、近代日本画の父といわれるほど激しい気概の持ち主で……。

2012年ブログ 「初アフリカ横断」 のスタンリー
アフリカで遭難したリビングストンを発見したことや、初めてアフリカを横断したことで有名なジャーナリスト・探検家のスタンリーが、1904年に亡くなった日です。1841年、イギリス・ウェールズ北部のデンビーに私生児として生まれたスタンリー(幼名ジョン・オーランズ)は、2歳の時に父を亡くし、母は育児を放棄したため5歳まで祖父の元ですごしたのち、10年近くも孤児院で暮しました。しかし、あまりに乱暴な監督に反抗して脱走……。

2011年ブログ 『浮雲』 の二葉亭四迷
初の言文一致体小説『浮雲』や、ロシアの作家ツルゲーネフの翻訳『あひゞき』など、明治時代に活躍し「近代日本文学の創設者」ともいわれる二葉亭四迷(ふたばてい しめい)が、1909年に亡くなった日です。1864年、尾張藩士の子として江戸の藩邸で生まれた四迷(本名・長谷川辰之助)は、幼少のころから漢学や武道に親しみました。5歳のときに明治維新となり名古屋に移って成長、軍人をめざしましたが近視のためにかなわず……。

2010年ブログ セポイの反乱
イギリスの支配から逃れようとインド人がおこした反乱(セポイの反乱)が1857年におきた日です。2年以上にわたる反乱もイギリスが制圧してインドを植民地化、偉大な指導者 ガンジー やネルーがあらわれるまで、100年近くも支配を続けました……。

2007年ブログ 自分の行動には、はっきり責任を持たせる
小学校の体育館で、人形劇が行なわれたときのことです。幕間の10分の休けい時に、子どもたちが座席をはなれてさわぎはじめました。会場係の人がマイクで 「みなさん静かにしてくださいね。走りまわらないでくださいね」 と呼びかけてもなかなか静まりません。そのうち、うしろの方で大きな音がしたと思うと、女の子が火がついたように泣きだしました……。

2006年ブログ 最後の一葉
「最後の一葉」(オー・ヘンリー作)のあらすじは次の通りです。そまつな3階建のアパートに住むジョンジーは、肺炎におかされ、しだいに生きる気力を失っていく。そして窓から見える壁を見つめては、12、11、10、9、8、7、と数えつづけ、深いため息をつく。 1枚、また1枚と落ちながらもくずれかけたレンガにしがみついている、つたの葉を数えては、あの葉が散ってしまうとき自分のいのちも終わるのだ、と思う……。


● 今日(5月9日)の主なできごと

1873年 日本初の公園誕生……この日の太政官布告により、東京の上野公園、大阪の住吉公園と浜寺公園、広島の厳島、金沢の兼六園の5か所が公園に指定された。これらは江戸時代以来、花の名所、名園として知られてきたところばかりで、1876年までにはそれぞれ、市民のいこいの場所として一般公開されている。

1948年 「母の日大会」開催……この日、東京・日比谷公会堂で「母の日大会」が開催された。アメリカでは5月の第2日曜日に指定されていた「母の日」の習慣を日本にも採り入れようとしたもので、以降5月第2日曜日が「母の日」に定着した。

1994年 南アに初黒人大統領……アパルトヘイト(人種隔離)政策が長くすすめられてきた南アフリカ共和国に、国民全体が参加した選挙で、人種差別とたたかってきた黒人解放運動の闘士マンデラが大統領に選出された。


● 今日の主な記念日・恒例日

アイスクリームの日……アイスクリームのシーズンが始まる連休明けの1964年のこの日、東京アイスクリーム協会(今の日本アイスクリーム協会)が記念事業を行い、さまざまな施設へアイスクリームをプレゼントした。以後、この日を「アイスクリームの日」として、各種のイべントを実施。


● 今日生まれた人

1860年 バリー……イギリスの劇作家・小説家。代表作『ピーター・パン』『ピーターパンとウェンディ』など。

1874年 カーター……イギリスのエジプト考古学者。ツタンカーメン王墓を発見。

1920年 森光子……昭和・平成期の女優。代表作 テレビドラマ『時間ですよ』『渡る世間は鬼ばかり』舞台『放浪記』など。


● 今日亡くなった人

1724年 前田綱紀……江戸時代前・中期の大名。加賀藩の第5代藩主。

1805年 シラー……ドイツの詩人・劇作家。代表作、『群盗』『たくらみと恋』『フィエスコの反乱』『ドン・カルロス』など。ゲーテと並びドイツ古典主義の代表。

1920年 岩野泡鳴……明治・大正期の小説家・評論家。代表作『耽溺』『放浪』、評論『神秘的半獣主義』など。

1959年 梁田貞……大正・昭和期の作曲家・音楽教育家。代表作『城ヶ島の雨』『どんぐりころころ』など。


● 過去のマイブログ「5月9日」のテーマ

2014年ブログ  「名君」 前田綱紀
加賀前田家第5代藩主で80年近い優れた治世により、徳川光圀や池田光政と並び、江戸時代前期の名君として讃えられた前田綱紀(まえだ つなのり)が、1724年に亡くなった日です。1643年、第4代加賀(石川県)前田家藩主前田光高の子として江戸藩邸に生まれた前田綱紀(幼名・犬千代)は、3歳の時に父の死により家督を相続すると、幕命により、隠居していた祖父の利常が後見することになりました……。

2013年ブログ 「愛すべき楽天主義者」 岩野泡鳴
田山花袋、島村抱月らとともに自然主義文学者として活躍した岩野泡鳴(いわの ほうめい)が、 1920年に亡くなった日です。兵庫県淡路島の洲本市に生まれた岩野泡鳴(本名・美衛[よしえ])は、14歳のときキリスト教の洗礼を受け、宗教家を志して明治学院大学、仙台神学校に学ぶも中退、専修学校(のちの専修大学)で法律学と経済学を修めて……。

2012年ブログ 「おもしろ古典落語」68回目 こんにゃく問答
上州(今の群馬県)の安中にあるこんにゃく屋の六兵衛さんは、若いころ江戸で親分とか、兄ぃといわれた人でした。昔の縁で、江戸からやってきた者が顔を出します。もともと世話好きですから、ひと月でもふた月でも置いてやるので、居候がごろごろしています。「おい、八公、ちょいと来い。おめぇに話があるんだ、そこへ座れ……。

2011年ブログ 復活した旧ユーゴスラビア
4月20日からプライベートで阪急交通社が主催する 「クロアチア・スロベニア・ボスニア ヘルツェゴビナ・モンテネグロ」(旧ユーゴスラビア4か国) をめぐる10日間の旅を体験してまいりました。旧ユーゴスラビアといえば、ユーゴスラビアをまとめてきたチトー大統領が1980年に亡くなって以来、特に1990年代から今世紀初めまで、民族・国家・宗教のちがいによる内戦のため、国土が荒廃したことで有名です。そのため、そんな危険な国々へどうして行くのか……。

2008年ブログ 「ピーターパン」 の物語
児童文学の不朽の名作 「ピーターパン」 を創作したイギリスの作家・劇作家のジェームス・バリーが、1860年に生まれた日です。「ピーターパン」 は、イギリスの首都ロンドンにあるケンジントン公園で、乳母車から落ちて迷子となったことから年をとらなくなり、異世界ネバーランドに移り住み、妖精のティンカーベルと共に日々を送る永遠の少年。ネバーランドにはピーターと同じように親とはぐれて、年をとらなくなった子どもたち (ロストボーイ) がいて、ピーターは彼らのリーダー的存在です……。

2007年ブログ 言葉の発達を遅らせないために
幼児が、むずかりながら何かを要求しようとするとき、あるいは、不充分な片言を発しながら、からだで何かを表現しようとするとき、それを先取りして 「そう、あれがほしいの」 「これが、いやなの」 などと言いながら、その幼児の要求を満たしてやる親が少なくありません。また、孫のしたいことなら、なんでもわかるといわんばかりに手を貸して、満足する祖父母が少なくありません。しかし、これはどれも、まちがっています……。

2006年ブログ 花さき山
「花さき山」(斉藤隆介作・滝平二郎絵 岩崎書店刊)のあらすじは次の通りです。お祭りのごちそうに使う山菜を採りに、山へ行った少女のあやは、山奥でやまんばに出会いました。ふもとを見ると、あたり一面に、美しい花が咲きみだれています。やまんばは、あやに言いました。「この花は、山のふもとの人間が、やさしいことをひとつすると、ひとつ咲く。おまえの足もとの赤い花、それは、おまえが咲かせた花だ……。


● 今日(5月6日)の主なできごと

1607年 朝鮮使節(通信使)が江戸を訪問……豊臣秀吉の朝鮮出兵以来、途絶えていた国交を回復するため李氏朝鮮から派遣された朝鮮通信使507名が初めて江戸を訪問、2代将軍秀忠と会見した。その後も、将軍が代わるときの祝賀使節などに派遣され、江戸時代には計12回訪日した。

1970年 三浦雄一郎エベレスト滑降……プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎は、この日エベレストのサウスコル8000m地点からの滑降を成功させた。その映像が「エベレストを滑った男」のタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得。最終的に、1985年に54歳で南アメリカ大陸最高峰アコンカグアからの滑降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させた。

1994年 英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)開通……イギリスとフランス間にあるドーバー海峡を結ぶ鉄道用海底トンネルは、8年前に工事が着工され、ついにこの日イギリスのフォークストンとフランスのカレーを結ぶユーロトンネル開通式となった。全長約50km、世界最長のトンネルで、ロンドンとパリ間が、直行特急では3時間で結ばれることになった。


● 今日の主な記念日・恒例日

ゴムの日……5(ご)6(む)の語呂合せから、身近なゴム製品を見直す日として制定。ゴムはもともと、ゴムの木から採った天然ゴムが中心だったが、最近ではガスや石油から作られる「合成ゴム」が多く用いられるようになった。弾性や強度が天然ゴムに似ているだけでなく、耐熱・耐油・耐薬品・耐摩耗性などにすぐれた性質をもつ。


● 今日生まれた人

973年 ハインリヒ2世……神聖ローマ皇帝(ザクセン朝最期のドイツ王)。「聖王」といわれる。

1758年 ロベスピエール……フランス革命の指導者。恐怖政治の中心人物。

1827年 楠本イネ……江戸時代後期から明治期の産科医。シーボルトの子。宮内庁御用掛。

1856年 フロイト……オーストリアの精神医学者。『夢判断』を著し、精神分析学を創始。

1856年 ピアリー……アメリカの探検家。初の北極点到達。
 
1868年 ガストン・ルルー……フランスの小説家。代表作『黄色い部屋の秘密』『オペラ座の怪人』など。

1885年 野上弥生子……明治・大正・昭和期の小説家・翻訳家。代表作『迷路』『秀吉と利休』など。

1907年 井上靖……昭和・平成期の小説家。代表作『闘牛』『敦煌』『氷壁』『天平の甍』など。


● 今日亡くなった人

763年 鑑真……飛鳥・奈良時代の唐からの帰化僧。日本律宗開祖。

1408年 足利義満……室町幕府第3代将軍。金閣寺建立など、「北山文化」を開花させる。

1612年  有馬晴信……安土桃山・江戸時代初期のキリシタン大名。

1694年 三井高利……江戸時代前期の豪商。三井家の祖。

1919年 バウム……アメリカの児童小説家。代表作『オズの魔法使い』シリーズ。

1941年 九鬼周造……大正・昭和期の哲学者。代表著作『いきの構造』『人間と実存』など。

1949年 メーテルリンク……ベルギーの劇作家・詩人・思想家。代表作『青い鳥』など。

1963年 久保田万太郎……大正・昭和期の小説家・劇作家・演出家・俳人。代表作『末枯』『大寺学校』『うしろかげ』『三の酉』など。

1964年 佐藤春夫……大正・昭和期の詩人・小説家・評論家。代表作『田園の憂鬱』『晶子曼陀羅』など。

1999年 東山魁夷……昭和・平成期の日本画家・著述家。代表作『白馬の森』『残照』など。昭和を代表する画家の一人。

2006年 萱野茂……昭和・平成期のアイヌ文化研究家・政治家。


● 今日(5月2日)の主なできごと

713年 元明天皇『風土記』の編纂命令……710年に奈良時代を開いた女帝の元明天皇は、諸国に『風土記』の編纂を命じ、各地方の由来に始まり、地形や文化、いい伝え、草木や動物などを記した書物を作るようにおふれを出した。

1920年 日本初のメーデー……この日、上野公園で第1回メーデーが開催され、およそ1万人の労働者が「8時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えた。翌年からは5月1日となり、開催地や参加人数も増えていった。

1948年 サマー・タイムの実施……欧米の政策を採り入れて、時計を1時間早めるサマー・タイムが実施された。しかし、日本の生活習慣に合わなかったため、4年後に廃止。最近になって、エネルギーの節約と時間の有効活用のために導入すべきだという声もきかれ、高緯度にある北海道の一部では、今も実験的に続けられている。


● 今日の主な記念日・恒例日

郵便貯金の日/郵便貯金創業記念日……1875年のこの日、東京と横浜の郵便局で郵便貯金の業務を開始したことで、郵政省(今の日本郵政)が1950年に制定。

交通広告の日……交通広告とは、駅や電車・バスの車内に貼られる広告のことで、5(ゴ)2(ツー)で「こうつう」(交通)の語呂合せから、関東交通広告協議会が1993年に制定。


● 今日生まれた人

1903年 スポック……アメリカの小児科医・平和運動家。代表著作『スポック博士の育児書』など。


● 今日亡くなった人

756年 聖武天皇……奈良時代の第45代天皇。全国に国分寺を建て、奈良東大寺に大仏を造営。

1519年 レオナルド・ダ・ビンチ……イタリア・ルネサンス期の巨匠。『モナリザ』『最後の晩餐』など絵画ばかりか、彫刻・建築・音楽・科学・工学・地学など「万能の天才」。

1927年 景山(福田) 英子……明治・大正期の婦人解放運動家。

1957年 マッカーシー……アメリカの政治家。共産主義者への攻撃。

1989年 槇有恒……大正・昭和期の登山家。マナスルに初登頂。日本山岳会設立。


● 過去のマイブログ「5月2日」のテーマ

2014年ブログ 「赤狩り」 のマッカーシー
アメリカの上院議員で、1950年代前半に「マッカーシズム」といわれる共産主義者への攻撃旋風をまきおこしたマッカーシーが、1957年に亡くなった日です。1908年、ウィスコンシン州グランド・チュウトに農場経営者の子として生まれたジョセフ・マッカーシーは、ミルウォーキーのマーケット大学で法律を学びました。1935年卒業後に弁護士の資格を取ると、法律事務所で働きながら1936年に民主党員として治安判事になるための運動に乗り出すものの成功せず……。

2013年ブログ  [おもしろ民話集 83] 歌う骨
むかしある国で、いのししが畑を荒らし、家ちくを殺し、牙で人のからだをひき裂くので、みんなとても困りました。そこで王さまは、この苦しみから国を救ってくれるものには、たくさんのほうびをあげる、と約束しました。でもこのいのししは 大きくて強いので、いのししが住んでいる森に近づく勇気のあるものはありません。そこで王さまは、いのししをつかまえるか、殺すかしたものには、王さまの一人娘を妻にやると……。

2012年ブログ 女性解放の闘士・景山英子
女性解放運動のさきがけとなった社会運動家の景山英子(かげやま ひでこ)が、1927年に亡くなった日です。1865年、岡山藩の下級武士の娘として生まれた英子は、下級武士の例にもれず生活の糧として内職に寺子屋を開く父と、寺子屋の教師をつとめる母という教育熱心な家庭に育ちました。英子が4歳の時、明治維新の大変革がおこり、武士階級の解体により、父は巡査になるいっぽう、母は岡山県が開設した女学校の教師となりました……。

2008年ブログ マドリッド3大美術館を制覇
マドリッドにある美術館といえば、まず 「プラド美術館」 があげられます。世界3大美術館の一つとして、パリのルーブル美術館、ロンドンのナショナル・ギャラリーと並び、絵画の収録点数は世界一の規模を誇ります。基礎になるのは、スペイン王室が所蔵していた大コレクションで、王家が宮廷画家たちに描かせた作品が多く、ベラスケス、ゴヤ、グレコ、ムリーリョらがその代表です……。

2007年ブログ ヘンリーおじさんの活躍に期待
本日より、私のブログの右下に「ヘンリーおじさん」というバナーを貼りました。ヘンリー坊やが楽しそうに歩いている姿をクリックすると、「ヘンリーおじさんと遊びながら英語を覚えよう!」のホームページにつながりますので、ぜひ訪ねてみてください。また、当社の「Growth Compass~成長の羅針盤~」でも取材をしていますのでご覧ください……。

2006年ブログ わたしのぼうし
「わたしのぼうし」(作・絵 さのようこ ポプラ社刊)のあらすじは、次の通りです。……たいせつにして、いつもかぶっていたわたしのぼうしが、きしゃの窓から吹きとばされてしまいました。おとうさんが 「とんでいったのが、おまえでなくて、よかったよ」 と言ってくれても、おかあさんが、えきでアイスクリームを買ってくれても、わたしはかなしくてたまりませんでした。つぎの日、おとうさんが、新しいぼうしを買ってくれました。でも……。

↑このページのトップヘ