児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2016年05月


● 今日(5月31日)の主なできごと

1902年 ボーア戦争終了……オランダ人の子孫ボーア人が植民地としていたダイヤモンドや金の豊富な南アフリカをめぐり、10数年も小競り合いをつづけてきたイギリスは、この地を奪い取ることに成功。8年後の1910年「南アフリカ連邦」を成立させた。

2002年 日韓ワールドカップ開幕……この日、アジアで初となる「日韓ワールドカップ」の開会式が韓国のソウルで行われた。史上初となる2か国の共同開催大会で、主催国の日本はベスト16、韓国はベスト8に残る健闘を見せ、日韓相互の応援を通じ両国の友好ムードが盛り上がった。


● 今日の主な記念日・恒例日

世界禁煙デー……世界保健機関(WHO)が1989年に制定した国際デーの一つ。1995年時点で世界の喫煙者は10億1000万人であり、約5人に1人の割合となっていた。毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられるがんや心臓病で亡くなっており、このままでは2030年代初頭には喫煙による死亡者が年間1000万人に達するとWHOは警告。日本では1992年から、5月31日から6月6日までの1週間を禁煙週間としている。


● 今日生まれた人

1596年 デカルト……フランスの哲学者。「コギト・エルゴ・スム」(われ思う、ゆえにわれあり)という独自の哲学で「哲学の父」とよばれた。

1750年 ハルデンベルク……プロシアの政治家。宰相として自由主義的諸改革を実施し、プロシアの近代化に尽力。

1819年 ホイットマン……アメリカの詩人・随筆家・ジャーナリスト。代表作『草の葉』など、アメリカ文学で最も影響力の大きい作家の一人。「自由詩の父」

1914年 伊福部昭……昭和・平成期の作曲家。『日本狂想曲』でチェレプニン賞1席、『ゴジラ』『座頭市』などの映画音楽も手がける。


● 今日亡くなった人

1594年 チントレット……イタリア・ルネサンス期のベネチア派画家。

1809年 ハイドン……オーストリアの作曲家。104もの交響曲を作ったソナタ形式の確立者。


● 過去のマイブログ「5月31日」のテーマ

2013年ブログ 「おもしろ古典落語」119回目 夢屋
世の中が進むにしたがいまして、いろいろと珍しいものが出てきました。新幹線やジェット機なんて、昔の人には想像がつかないものだったにちがいありません。テレビなんていうのも、家にいたままで、世界じゅうのできごとを見ることができるのですから、考えてみれば、不思議なことですね。これからお話しますのは、「夢屋」というなんとも不思議な商売が出てきまして……。

2012年ブログ 奇想画家チントレット
イタリア・ルネサンス期にベネチア派のチチアーノと並ぶ代表画家チントレットが、1594年に亡くなった日です。1518年、水の都ベネチア(ベニス)の染物屋の子として生まれたヤーコポ・ロブスティは、「染物屋の息子」を意味する「チントレット」と呼ばれるようになりました。生涯のほとんどをベネチアで過ごし、そこで亡くなったきっすいのベネチア人でした……。

2011年ブログ 「アメリカ国民詩人」 ホイットマン
アメリカ文学において最も影響力の大きい人物のひとりで「自由詩の父」ともいわれるホイットマンが、1819年に生まれた日です。ウォルト・ホイットマンは、ニューヨーク州ロングアイランドに、貧しい大工の子として生まれました。短期間学校へ通っただけで、12歳ごろから印刷工、学校の見習い教師などさまざまな仕事についたのち、19歳で新聞を創刊、記者、印刷工、販売、配達まですべて自分で行いました……。

2010年ブログ ボーア戦争
南アフリカの地に、1910年「南アフリカ連邦」が成立した日です。南アフリカのケープ地方は、17世紀の中ごろからオランダ人が開拓したところでした。入植した子孫たちはボーア人とよばれ、そこへイギリス移民の人たちが流れこんできて、ボーア人を追い払うようになりました。北へ逃げたボーア人は、新天地を求めてアフリカ大陸内部へ植民を開始し、1852年にトランスバール共和国、1854年にオレンジ自由国を設立し、黒人たちを使って農場を作ったり、鉱山をひらいたりしていました……。

2007年ブログ 「アメリカ(2)」巻末解説
25年ほど前に初版を刊行した「子どもワールド図書館」(38巻) 第26巻「アメリカ(2)」 の改訂巻末解説と、その後の変化を記した補足事項を記します。アメリカ合衆国は、本土の48州とアラスカ、ハワイの2州を加えた50州、それに首都地区 (コロンビア区) とプエルトリコ、バージン諸島、グアム島などの海外領土から成る連邦共和国です。およそ936万平方キロメートルの国土に、2006年10月、人口3億人を突破しました……。

2006年ブログ しずかなおはなし
「しずかなおはなし」(サムイル・マルシャーク/文 ウラジミル・レーベデフ/絵 うちだいさこ/訳 福音館書店刊)は、3~6歳くらいの子どもへの読み聞かせに適しているお話の一つです。それは、話のおもしろさが子どもをひきつけるというより、子どもを想像の世界に誘いこむものにあふれているからです……。

2005年ブログ 「せかい童話図書館」刊行の原点
文庫判上製のシリーズ「せかい童話図書館」を刊行することが、私のいずみ書房創業のキッカケだった。なぜ出版社を起こしてまで、童話のシリーズを刊行することになったのか、それにはいくつかの理由がある。そのひとつは、幼児・児童期の体験が原点としてあると思う。私は、7人兄弟の四男で下に3歳違いの妹がいる。私の父は、小学校の教師を長くやっていたせいか、幼児期の大切さがわかっていたのだろう。物心がついてから毎晩のように寝る前に、「学習室文庫」という1冊40~50ページほどの薄い本を読んでくれた……。


● 今日(5月30日)の主なできごと

1431年 ジャンヌ・ダルク処刑……フランス百年戦争の英雄的少女ジャンヌ・ダルクがイギリス軍により火あぶりの刑に処され、19年の短い生涯を終えた。(2008年マイブログ参照)

1966年 「巨人の星」連載開始……この日『少年マガジン』に原作梶原一騎、作画川崎のぼるによる漫画作品「巨人の星」が連載を開始して大ヒット。さらに「巨人の星」「新・巨人の星」を原作としたアニメ作品が1968年から10年以上にわたって放送され、その後の劇画ブームの先駆的な作品となった。

1972年 テルアビブ空港乱射事件……イスラエルのテルアビブ近郊にあるロッド国際空港(今のベン・グリオン国際空港)で、岡本公三ら「日本赤軍」を名乗る3名の過激派組織が自動小銃を乱射し、26名の死者を出した。犯人2人は現場で死亡、岡本は逮捕されイスラエルで終身刑で受刑後に捕虜交換で釈放、現在はイスラエルと敵対する勢力の庇護を受けている。


● 今日の主な記念日・恒例日

消費者の日……1968年のこの日、「消費者保護基本法」が公布・施行されたことで経済企画庁(今の内閣府)が1978年に制定。

ゴミゼロの日……「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合せから、関東地方環境対策推進本部空き缶等問題推進委員会や豊橋市の530(ゴミゼロ)運動などにより、運動は全国的な広がりを見せ、1993年に厚生省がこの日を初日とするごみ減量化推進週間を制定。


● 今日生まれた人

1265年 ダンテ……イタリアの詩人。代表作『神曲』『新生』など。ルネサンスの先駆者。

1672年 ピョートル1世(大帝)……ロシアの皇帝。ロシアをヨーロッパ列強の一員とし、バルト海交易ルートを確保。

1909年 ベニー・グッドマン……アメリカのジャズクラリネット奏者。「スウィングの王様」

1920年 安岡章太郎……昭和・平成期の小説家。代表作『流離譚』『悪い仲間』『陰気な愉しみ』など。


● 今日亡くなった人

1431年 ジャンヌ・ダルク……「百年戦争」 でイギリス軍からフランスを救った少女ジャンヌ・ダルクが 「魔女」 の汚名をきせられ処刑されたが、1920年にローマ法王は、ジャンヌを 「聖女」 とした。

1640年 ルーベンス……バロック期のフランドルの画家・外交官。代表作 『鏡を見るヴィーナス』『キリストの磔刑』など。

1747年 太宰春台……江戸時代中期の儒学者。荻生徂徠に学び独自の体系を築く。

1778年 ボルテール……フランスの啓蒙思想家。ディドロ、ダランベールらとともに百科全書派の学者の一人として活躍。

1868年 沖田総司……幕末期の剣士。新選組一番隊組長。

1912・48年 ライト兄弟……動力をつけた飛行機で、1903年に人類初の飛行に成功したアメリカのライト兄弟の兄ウィルバーが1912年に、4歳下の弟オービルが1948年に亡くなった。

1934年 東郷平八郎……明治・大正期の海軍軍人。日露戦争の日本海海戦を指揮。「東洋のネルソン」

1960年 パステルナーク……ソ連の詩人・小説家。代表作『ドクトル・ジバコ』など。

1978年 片山哲……明治・大正・昭和期の社会主義者・政治家。社会党初の首相。

1992年 井上光晴……昭和・平成期の小説家・詩人。代表作『虚構のクレーン』『死者の時』『書かれざる一章』など。


● 過去のマイブログ「5月30日」のテーマ

2014年ブログ 「経済学の先駆」 太宰春台
江戸時代中期の儒学者で、荻生徂徠に学び、やがて独自の体系を築いた太宰春台(だざい しゅんだい)が、1747年に亡くなった日です。1680年、信濃国(長野県)飯田藩士の子として飯田城下生まれた春台(本名・純)は、9歳のとき父が過失によって罷免されたことで江戸へ出て学問を修めると、1694年に、但馬(兵庫県)出石藩の松平氏に仕えました。その間儒学者に師事して朱子学を学ぶものの……。

2013年ブログ  [おもしろ民話集 86] 金の毛が3本はえた鬼
むかし、ある村の貧しい夫婦に、男の赤ちゃんが生まれました。頭に「幸せなぼうし」といわれる膜をつけていたので、占い師は「16歳になったら、王さまの娘を妻にするだろう」と予言しました。このことを耳にした悪い心の王さまは、おもしろくありません。変装して男の子の家をたずねてこういいました。「おまえさんたち、この子を私にあずけなさい。王さまになってもはずかしくないように育ててあげよう……。

2012年ブログ 「社会党内閣」 と片山哲
明治・大正・昭和にわたって活躍した社会主義者で、日本社会党の初代委員長を務め総理大臣となった片山哲(かたやま てつ)が、1978年に亡くなった日です。1887年、和歌山県田辺市に生まれた片山は、熱心なキリスト教信者だった母の影響を受け、少年時代からキリスト教人道主義の立場から社会主義運動を展開する安部磯雄に傾倒しました。第三高校(現京都大学)を経て、東大法学部を卒業すると……。

2011年ブログ 画家で外交官のルーベンス
バロック時代のヨーロッパを代表する画家で、外交官でもあったルーベンスが、1640年に亡くなった日です。「バロック」とは、16世紀末から17世紀初頭にかけてイタリアに誕生し、ヨーロッパじゅうに急速に広まった美術・文化の様式で、ルネサンス絵画の均整のとれた構図や理想化された人物表現から、動きの多い劇的な構図や豊かな人物表現に変わって行ったところに特色があります……。

2008年ブログ フランスを救ったジャンヌ・ダルク
「百年戦争」 でイギリス軍からフランスを救った少女ジャンヌ・ダルクが 「魔女」 の汚名をきせられ、1431年に処刑された日です。14世紀から15世紀にかけて、イギリスとフランスは、長い戦争をくりかえしていました。これを 「百年戦争」 といいます。当時のフランスは、まだまとまった国になっておらず、イギリス王はフランスに広い領地を持っていて、いつかフランスを併合しようとたくらんでいました……。

2007年ブログ 「アメリカ(1)」巻末解説
25年ほど前に初版を刊行した「子どもワールド図書館」(38巻) 第25巻「アメリカ(1)」の改訂巻末解説を記します。アメリカは広大な国です。ロシア、カナダ、中国についで世界第4位ですが、日本のざっと25倍もの広さがあります。ロッキー山脈だけで、日本列島がすっぽり入ってしまいますし、五大湖のひとつ、スペリオル湖が北海道とほぼ同じ大きさといえば、アメリカがいかに広大な国であるかがよくわかります……。

2006年ブログ アンネの日記
『アンネの日記』(文春文庫他)……これは、戦後、少年少女たちにもっとも長く読みつがれてきた本の一つです。第2次世界大戦中、ユダヤ人というだけでナチス・ドイツの迫害を受け、2年間をかくれ家ですごし、平和を願いながら15歳で死んでいった少女アンネ・フランク。小学校5、6年の子どもでも、一つの物語をとおして人種差別問題を深く考えることができるということを、アンネの物語を読んでの感想文は教えてくれます……。

2005年ブログ 20年以上前の刊行物が売り上げトップ
「いずみ通販カタログ」2005年夏号が完成して今月中旬より配布開始、先週末までの2週間の売り上げ集計が出た。およそ50ページの掲載ページがある中で、44ページ目、「せかい童話図書館」「せかい伝記図書館」「レディバード図書館」の3点を紹介したページがダントツなのに驚いた……。


● 今日(5月27日)の主なできごと

743年 墾田永年私財法……奈良時代中ごろ、聖武天皇は、墾田(自分で新しく開墾した耕地)の永年私財法を発布した。それまでは、3代まで私有地を認める「三世一身の法」を実施していたが、開墾がなかなか進まないため、永久に所有を認めるものだった。これにより、貴族や寺社、神社などが積極的に開墾をすすめ、「荘園」といわれる私有地が増えていった。

1905年 日本海海戦……日露戦争中のこの日、苦戦していたロシアは、当時最強といわれていたバルチック艦隊を7か月もかけて応援に送り込んだ。東郷平八郎が率いる日本海軍連合艦隊は、対馬沖に現れた38隻からなるバルチック艦隊の行く手をさえぎって一斉射撃を加え、艦船の半数を撃沈して大勝利をおさめ、世界をおどろかせた。この勝利により、日露戦争は講和へとむかった。


● 今日の主な記念日・恒例日

百人一首の日……1235年のこの日、鎌倉時代初期の歌人藤原定家によって「小倉百人一首」を完成したことにちなんで制定された。定家の「明月記」によれば、親友の豪族の求めに応じて、「古今和歌集」などの勅撰和歌集から100人の和歌百首を年代順に選び、京都・嵯峨野にある小倉山荘の障子に貼ったとの記述があることで「小倉百人一首」といわれている。百人一首はいくつか存在したものの、江戸時代になると、「絵かるた」となった「小倉百人一首」が庶民に親しまれ、今では「百人一首」といえば、「小倉百人一首」をさす。


● 今日生まれた人

1868年 広瀬武夫……明治期の海軍軍人。文部省唱歌『広瀬中佐』に、日露戦争中に戦士したエピソードが歌われ「軍神」とされた。

1871年 ルオー……フランスの画家。代表作『キリストの顔』など、野獣派に分類される孤高の画家。

1907年 レイチェル・カーソン……アメリカの生物学者。代表作『沈黙の春』を刊行し、環境破壊や汚染を告発して世界へ大反響を巻き起こす。

1923年 キッシンジャー……アメリカの国際政治学者・国務長官。


● 今日亡くなった人

1564年 カルバン……フランスの神学者・宗教改革者。

1797年 バブーフ……フランスの革命家。

1840年 パガニーニ……イタリアの作曲家。

1910年 コッホ……ドイツの細菌学者。炭疽(たんそ)菌、結核菌、コレラ菌などを発見し、細菌培養法の基礎を確立。「近代細菌学の開祖」

1964年 ネルー……インドの初代首相。

1992年 長谷川町子……昭和期の漫画家。代表作『サザエさん』など。


● 過去のマイブログ「5月27日」のテーマ

2015年ブログ 『サザエさん』 の長谷川町子
庶民生活の日常をコミカルに描いた『サザエさん』などの漫画で「国民栄誉賞」を授与された長谷川町子(はせがわ まちこ)が、1992年に亡くなった日です。1920年、今の佐賀県多久市に三姉妹の次女として生まれた長谷川町子は、幼少期から旧福岡高等女学校2年まで福岡に育ち、炭鉱技師だった父の死去により、1934年に一家で上京しました……。

2014年ブログ 「共産主義の先駆者」 バブーフ
フランスの革命家で、平等社会の実現をめざしたバブーフが、1797年に処刑された日です。1760年、フランス北部にあるピカルディの貧しい農家の子として生まれたフランソワ・バブーフは、学校へ通うことができないため父に読み書きを教わると、さまざまな分野の本を読みあさるほど向学心の旺盛な少年でした。家計を支えるため、14歳で家に近いロアの土地台帳管理の職について自立しました……。

2013年ブログ 「現代の宗教画家」ルオー
宗教画におおくの傑作を残したフランスの孤高の画家ルオーが、1871年に生まれた日です。1871年、パリ・コミューン(革命的な自治政府)の騒動のさなか、指物師(さしものし=箱や机などを作る職人)の子としてパリに生まれたジョルジュ・ルオーは、14歳の時、ステンドグラス職人に弟子入りし、修行しながら工芸美術学校の夜間部に入り……。

2011年ブログ バイオリンの鬼才・パガニーニ
『バイオリン協奏曲』 第1番・第2番(第3楽章が『ラ・カンパネーラ』として有名)などを作曲し、演奏家としても活躍したイタリアの作曲家パガニーニが、1840年に亡くなった日です。1782年、イタリアの港町ジェノバで生まれたニコロ・パガニーニは、5歳のころから父にバイオリンの手ほどきを受け、13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれるほど、バイオリンの名手でした。あまりにも素晴らしい演奏に……。

2010年ブログ 宗教改革のカルバン
ルターと並び評されるキリスト教宗教改革・新教(プロテスタント)の指導者カルバンが、1564年に亡くなった日です。ジャン・カルバンは、1509年フランス北部、ベルギーに近いノマイヨンという商業の盛んな町に弁護士の子として生まれました。早くから秀才ぶりを発揮して父親をこえるほどでした。パリ大学でルターの教えを信じる教授の影響から聖職者を目ざしましたが……。

2009年ブログ 細菌学の祖・コッホ
炭疽(たんそ)菌、結核菌、コレラ菌などを発見し、細菌培養法の基礎を確立したドイツの細菌学者コッホが、1910年に亡くなった日です。コッホは、フランスの パスツール と並んで、近代細菌学の開祖と讃えられ、北里柴三郎 を育てたことでも知られています。ロベルト・コッホは、1843年に、ドイツのハノーバーに近い町クラウシュタールで、銀鉱山の技師の子として生まれました。13人もの兄弟がいたため、暮らしは豊かではありませんでした。学校の勉強にもあまり熱心ではなく……。

2008年ブログ 「うれしいわ」 と声をかける母親
母親が1日に、1回でも2回でも、わが子に 「お母さん、うれしいわ」 「ママ、うれしいわ」 と声をかけてやることの素晴らしさ。1年ほど前から、これを実践されたお母さんと話をする機会がありました。お聞きしたその内容のポイントを記してみましょう……。


● 今日(5月26日)の主なできごと

1180年 以仁王・源頼政の死……保元の乱、平治の乱を経て平清盛が台頭し、平氏政権が形成されたことに対し、後白河天皇の皇子以仁王(もちひとおう)と源頼政が打倒平氏のための挙兵を計画。これが露見して追討を受け、宇治平等院の戦いで敗死した。しかしこれを契機に諸国の反平氏勢力が兵を挙げ、治承・寿永の乱が6年間にわたって続き、鎌倉幕府誕生の前哨戦となった。

1467年 応仁の乱……10年以上も続いた日本最大の内乱といわれる応仁の乱が、本格的な戦闘に入った。(2010年マイブログ参照)

1933年  滝川事件……京都帝国大学の滝川教授の休職を、国が一方的に下す思想弾圧事件「滝川事件」がおきた。京大事件とも呼ばれる。(2009年マイブログ参照)


● 今日の主な記念日・恒例日

東名高速道路全通記念日……1969年のこの日、大井松田IC~御殿場ICが開通し、東京から愛知県小牧市まで346kmにおよぶ東名高速道路が全線開通。これにより、小牧ICで、4年前に完成していた名神自動車道と接続し、東京~西宮536kmを結ぶ日本の大動脈となった。

ル・マンの日……1923年、自動車耐久レースの最高峰といわれるル・マン24時間耐久レースの第1回大会が、フランス北西部の町ル・マンで開催された。これにちなんだ記念日。


● 今日生まれた人

1825年 頼三樹三郎……幕末の儒学者・尊攘派志士。頼山陽の子。「安政の大獄」で捕らえられ、橋本左内らとともに斬首。

1832年 中村正直……明治期の洋学者・啓蒙思想家。

1877年 荒木貞夫……大正・昭和期の陸軍軍人。陸軍大臣・文部大臣歴任。皇道派のカリスマ的存在。

1877年 イサドラ・ダンカン……アメリカの舞踏家。裸足で踊るモダン・ダンス確立。女性解放の象徴。

1895年 谷川徹三……昭和期の哲学者・評論家。

1905年 加藤楸邨……大正・昭和期の俳人。

1907年 ジョン・ウェイン……アメリカの映画俳優・監督。『駅馬車』など西部劇スター。


● 今日亡くなった人

1855年 村田清風……江戸時代後期の長州藩士。藩政改革指導者。

1877年 木戸孝允……幕末・明治初期に活躍した西郷隆盛・大久保利通と並ぶ「維新の三傑」の一人。

1922年 ソルベー……ベルギーの工業化学者。炭酸ナトリウムの製造法を発明。

1946年 三浦環……明治・大正・昭和期のオペラ歌手。「蝶々夫人」で世界的な名声。

1976年 ハイデッガー……ドイツの哲学者。主著『存在と時間』などで、独自の存在論哲学を展開。


● 過去のマイブログ「5月26日」のテーマ

2015年ブログ 「長州藩大改革」 の村田清風
長州藩の天保改革を指導し、幕末・維新期に活躍する人脈の土台づくりをした村田清風(むらた せいふう)が、1855年に亡くなった日です。1783年、長州藩士郡代官の長男として大津郡三隅に生まれた村田清風(幼名・亀之助)は、藩校明倫館で国学や兵学を学び、成績優秀だったことから学費免除のうえ明倫館書物方に抜てきされ……。

2014年ブログ 『蝶々夫人』の三浦環
日本で初めて国際的な名声をつかんだ女性オペラ歌手の三浦環(みうら たまき)が、1946年に亡くなった日です。1884年、東京・芝に公証人の子として生まれた環は、幼いころから母に長唄、琴、日本舞踊などを学ぶうちに音楽の才能を見せ始め、1900年に東京音楽学校(東京芸大の前身)に入学して無理のない発声法を身につけると……。

2011年ブログ 「おもしろ古典落語」23回目 首屋
江戸時代に、自分の首を売って歩くという不思議な男がおりました。風呂敷包みをひとつしょって、町にやってきました。「くびーっ、首屋でござーい。首・くび、首はいりませんか」こんな調子で、番町あたりまでやってきます。むかしは、このあたりは旗本屋敷が多かったところで、この売り声を、ある殿様が聞きつけました。「これ、三太夫、あれへまいる者が、首…くびやと申しておる。おかしな稼業があらわれたものじゃ……。

2010年ブログ 応仁の乱
10年以上も続いた日本最大の内乱といわれる応仁の乱が、1467年に本格的な戦闘に入った日です。この戦乱の主な原因は、室町幕府8代将軍足利義政に仕える管領の細川勝元と山名持豊(宗全)ら有力守護大名の対立でした。当時、守護大名たちは将軍よりも力をつけていました。15世紀のはじめころから、地方の村の武士(小武士)たちは、京都の公家や社寺の荘園の警備にあたっていましたが、一部の小武士の中に……。

2009年ブログ 滝川事件発生
1933年のこの日、国が京都帝国大学の滝川(たきがわ)教授の休職を、一方的に下す思想弾圧事件がおきた日です。滝川事件は京大事件とも呼ばれます。この事件は、前年に、他の大学で行なわれた京都帝国大学(京大)滝川幸辰法学部教授の講演内容に、無政府主義的な傾向があると、政府に目をつけられたのがきっかけでした。そして、1933年4月、内務省は教授の著書『刑法講義』『刑法読本』が共産主義的だとして、発売禁止処分を下しました……。

2008年ブログ 明治維新の立役者・木戸孝允
幕末から明治にかけた波乱の時代に生き、西郷隆盛・大久保利通とともに、明治維新の大功労者のひとりとして活躍した木戸孝允(きど たかよし) が、1877年に亡くなった日です。長州藩(山口県) の藩士だった孝允は、薩摩藩(鹿児島県) の西郷隆盛や大久保利通とならんで 「維新の3傑」 といわれています。高杉晋作なきあとの長州藩の軍隊をひきいた孝允が、西郷や大久保たちの薩摩藩と力をあわせ……。

2006年ブログ 片耳の大鹿
「片耳の大鹿」 椋鳩十作(ポプラ社刊)のあらすじは、次の通りです。鹿児島県の屋久島……この島で、少年たちはシカ狩りの名人吉助おじさんたちと、冬の山へシカを撃ちに行きます。めあては鉄砲で片耳をもがれたシカの大将。ところが急にあらしになり、ずぶぬれになった一行8人はほら穴にもぐりこみます。するとそこには仲間をつれてあらしをのがれた大シカがいました……。


● 今日(5月25日)の主なできごと

1336年 湊川の戦い……摂津国湊川(今の神戸市)でこの日、九州から東上して来た足利尊氏・足利直義兄弟らの軍と、これを迎え撃つ後醍醐天皇方の新田義貞・楠木正成の軍との間で合戦となり、足利尊氏軍が勝利した。楠木正成は一族とともに自害するいっぽう、尊氏は2年後に室町幕府を開いた。

1910年 大逆事件……長野県の社会主義者・宮下太吉ら4名が明治天皇暗殺計画が発覚したとして、この日逮捕された。この事件を口実に社会主義者、無政府主義者、思想家に対して取り調べや家宅捜索が行なわれ、20数人を逮捕。この政府主導の弾圧は「大逆事件」と呼ばれ、幸徳秋水ら12名が処刑された。


● 今日の主な記念日・恒例日

広辞苑記念日……1955年のこの日、岩波書店の中型国語辞典『広辞苑』(新村出編)の初版が発行されたことにちなみ制定。広辞苑は三省堂の『大辞林』と並ぶ人気のある辞典で、現在第6版が刊行されている。

食堂車の日……1899年のこの日、山陽鉄道の京都~三田尻(今の防府)で日本初の食堂車が走ったことにちなんで制定。


● 今日生まれた人

1803年 エマーソン……アメリカの思想家・詩人。『自然論』などで、人間の神性を主張。

1848年 モルトケ(小モルトケ) ……ドイツの軍人。ドイツ帝国参謀総長。第一次世界大戦を事実上開始。

1892年 チトー……ユーゴスラビアの政治家。独自の社会主義連邦共和国を建国した大統領。

1893年 浜田広介……大正・昭和期の童話作家。代表作『泣いた赤鬼』『椋鳥の夢』『竜の目の涙』など。坪田譲治、小川未明とともに児童文学界の三種の神器と呼ばれた。


● 今日亡くなった人

1085年 グレゴリウス7世…… 157代のローマ教皇。「カノッサの屈辱」で有名。

1336年 楠正成……鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。「建武の新政」の立役者。

1901年 岸田俊子……明治期の女性民権家・教師。

1935年 ホルスト……イギリスの作曲家。代表作は管弦楽のための組曲『惑星』で、「木星」は特に有名。

1954年 キャパ……ハンガリーの報道写真家。


● 過去のマイブログ「5月25日」のテーマ

2015年ブログ 「女権論の先駆」 岸田俊子
自由民権と女性民権をテーマに、男女平等を主張しつづけた岸田俊子(きしだ としこ)が、1901年に亡くなった日です。1863年、京都の古着呉服商の子として生まれた岸田俊子は、幼いころから漢学を学び、神童とさわがれるほどでした。1877年に京都府女子師範学校に入学するものの病気のため退学し、1879年山岡鉄舟らの推挙で文事御用掛として宮中に出仕し、明治天皇の皇后に漢学を2年余り講義しています……。

2012年ブログ 『惑星』 のホルスト
管弦楽のために書かれた『惑星』をはじめ、吹奏楽曲や合唱のための曲を多く残したイギリスの作曲家ホルストが、1934年に亡くなった日です。1874年、イングランド中部にあるグロスターシャー州チェルトナムのスウェーデン移民の家系に生まれグスターブ・ホルストは、幼少のころからピアノやオルガンの奏者だった父からピアノを学び……。

2011年ブログ 「旧ユーゴスラビア」 をまとめたチトー
アドリア海をはさんでイタリアと向かいあったところに、6つの共和国(スロベニア・クロアチア・ボスニア=ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、セルビア、マケドニア)からなり、いくつもの民族が違った言葉をもつ「ユーゴスラビア」という国がありました。この複雑な国を一つにまとめあげ、たくましい社会主義連邦共和国に育てあげた政治家チトーが、1892年に生まれた日です。クロアチアの貧しい農家に生まれたヨシップ・チトーは、15歳のときから、かぎづくり職人の見習いになって働きはじめました……。

2010年ブログ 『泣いた赤鬼』 の浜田広介
『椋鳥(むくどり)の夢』『竜の目の涙』『泣いた赤鬼』ほか人情あふれる多くの作品群が「ひろすけ童話」として親しまれている大正・昭和時代の童話作家 浜田広介が、1893年に生まれた日です。山形県の農家に生まれた浜田広介は、早稲田大学英文科在学中に、「大阪朝日新聞」の懸賞おとぎばなしに、『黄金の稲束』が一等で入選。これがきっかけとなって……。

2009年ブログ 勤王の武将・楠木正成
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した河内の武将で、後醍醐天皇による「建武の新政」の立役者だった楠木正成(くすのき まさしげ)が、1336年に亡くなった日です。『太平記』とよばれる軍記物語があります。鎌倉時代の終わりころから南北朝時代までのあらそいをえがいた、歴史読み物です。この『太平記』によれば……。

2006年ブログ ちいさな きいろいかさ
「ちいさなきいろいかさ」(森比左志作 西巻茅子絵 金の星社刊)のあらすじは次の通りです。お母さんに買ってもらったきいろい傘……なっちゃんは、この傘に雨にぬれていたウサギとリスを入れてやりました。そのつぎに、胴長のダックスを入れてやると、ダックスのぶんだけ、傘がつっつっつっとひろくなりました。そして、ひろくなった傘に、バクのおやこも入れてやりました。さいごに、びしょぬれのキリンも入れてやりました……。

↑このページのトップヘ