児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2016年04月


● 今日(4月28日)の主なできごと

1253年 日蓮宗の始まり……日蓮は安房国小湊浦の清澄山山頂で集まった大衆に、初めて「南無妙法蓮華経」の題目をとなえ、立宗宣言を行った。そのため、日蓮正宗の寺院では、毎年この日に「立宗会」を行っている。

1876年 開智学校の上棟式……日本で最も古い小学校の一つといわれる松本市の開智学校が、この日に上棟式が行われた。仮校舎として使用していた廃寺の跡地に建てられた校舎は、和洋折衷建築の美しい建物で、1961年に重要文化財の指定を受けた。1963年3月まで小学校として約90年間使用された後、今は解体移築復元され、1965年から教育博物館として公開されている。

1937年 初の文化勲章授賞式……この日、第1回文化勲章授賞式が行われ、長岡半太郎(物理学)、本多光太郎(金属物理学)、木村栄(地球物理学)、佐佐木信綱(和歌・和歌史)、幸田露伴(小説)、岡田三郎助(洋画)、藤島武二(洋画)、竹内栖鳳(日本画)、横山大観(日本画)の9名が受賞。1949年からは、毎年文化の日に天皇から直接授与するようになった。

1952年 日本が独立回復……第2次世界大戦でアメリカをはじめとする連合国軍に敗れた日本は、連合国軍に占領されていたが、前年9月8日に調印された「サンフランシスコ平和条約」が発効し、6年8か月ぶりに独立を回復した。これと同時に「日米安保条約」も発効したため、アメリカ軍の日本駐留などの問題が残された。


● 今日の主な記念日・恒例日

主権回復記念日(サンフランシスコ平和条約発効記念日)……「日本との平和条約」(サンフランシスコ平和条約)が発効し、日本の主権が回復したのを記念して制定。

労働安全衛生世界デー……労災の犠牲者を追悼する国際的な記念日。カナダ地方公務員組合が1914年のこの日に「包括的労働者補償法」が成立したことをうけ、国際労働機関(ILO)が1984年に国連の国際デーの一つとしたもの。


● 今日生まれた人

1670年 伊藤東涯……江戸時代中期の儒学者。伊藤仁斎の長男で、古義学興隆の基礎を築く。

1758年 モンロー……アメリカ第5代大統領。アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱。(モンロー宣言)

1897年 東郷青児……大正・昭和期の洋画家。代表作『パラソルさせる女』など。

1898年 佐伯祐三……大正・昭和期の洋画家。代表作『郵便配達夫』『テラスの広告』など。

1937年 サダム・フセイン……イラクの政治家。イラク共和国大統領、首相。イラク軍最高司令官歴任。イラク戦争で侵攻したアメリカ軍により拘束され処刑。


● 今日亡くなった人

1944年 中里介山……明治・大正・昭和期の小説家。代表作『大菩薩峠』など。

1945年 ムッソリーニ……イタリアの政治家。ファシズム運動の指導者。


● 過去のマイブログ「4月28日」のテーマ

2015年のブログ 『大菩薩峠』 の中里介山
長編時代小説『大菩薩峠』を著し、孤高の人生を貫いた作家の中里介山(なかざと かいざん)が、1944年に亡くなった日です。1885年、現在の東京羽村市に精米業者の子として生まれた中里介山(本名・弥之助)は、生家の商売がうまくいかなくなったために、1898年高等小学校を卒業後に上京、以後何度となく上京・帰郷をくりかえしながら、電話交換手や母校の代用教員になるなど、一家を支えました……。

2014年のブログ 「ファシスト独裁」 のムッソリーニ
第40代イタリア首相で、ファシズム理論を独自に構築して20年も独裁政治を行ったムッソリーニが、1945年に銃殺された日です。1883年、ボローニャの南東にあるプレダピオという小村に鍛冶屋でアナーキスト系社会主義者の父と小学教師の母との子として生まれたベニート・ムッソリーニは、寄宿学校で学び成績は優秀だったものの、教師に石を投げつけたり、けんかをして相手をナイフで刺すなど……。

2009年のブログ サンフランシスコ講和条約
太平洋戦争敗戦後アメリカを中心とする連合国に占領された日本が、平和条約を結び、1952年のこの日に主権が回復した日です。1945年8月15日、第2次世界大戦で連合国軍に敗れた日本は、同年9月から連合国軍に占領されていました。そして、1951年9月、この大戦の終結と国交回復のために、アメリカのサンフランシスコで、対日講和会議が開かれ、日本は連合国48か国と講和条約「サンフランシスコ講和条約」に調印しました。そして、この日に条約が効力を発生し、いちおう独立国として再出発することになりました……。

2008年のブログ スペイン・ポルトガルの旅
兄猛夫夫妻と同行するヨーロッパの旅は、2003年スペイン、2006年フランス周遊、2007年ドイツ周遊に続き今回で4回目。バルセロナ・バレンシア・ラマンチャ・グラナダ・コルドバ・セビージャ・エヴォラ・リスボン・バターリャ・ポルト・サンチャゴデコンポステーラ・レオン・サラマンカ・セゴビア・マドリッドという、スペイン、ポルトガルの主だった都市やその周辺を、走行距離3800km、1日平均400km以上のバスによるハードな旅ではありましたが、それぞれの場所に、印象深い思い出を残すことができました……。

2007年のブログ しょうぼうじどうしゃ じぷた
ある町の消防署。高いビルが火事のときは、ぐんぐんはしごをのばして指揮する、はしご車・のっぽくん。どんな大火事でも、すごい圧力で水をふきかけて火を消してしまう、高圧車・ぱんぷくん。けが人がでると、矢のような早さで病院へはこぶ、救急車・いちもくさん。そして、はたらきものだが、ちびっこの・じぷた。でも、じぷたには、なかなか出番がありません……。


● 今日(4月27日)の主なできごと

1180年 頼朝が平家追討令を受ける……伊豆の蛭ヶ小島に流されていた源頼朝のもとへ、高倉天皇の兄宮である以仁王から、当時権勢をふるっていた平家を追討する命令がこの日に伝えられた。これを受けて頼朝は挙兵を決意し、全国の反平氏勢力が兵を挙げる6年にわたる大規模な内乱が始まった。この乱は、源平合戦とか、治承・寿永の乱といわれる。

1917年 世界初の駅伝競走……東京遷都50年を記念して、京都・三条大橋から東京・上野不忍池までの508kmをタスキをつないで走る「東海道五十三次駅伝」が世界で初めて行われ、この日から3日間、昼夜休まず続けられた。


● 今日の主な記念日・恒例日

哲学の日……紀元前399年のこの日、時の権力者から死刑宣告を受けたギリシアの哲学者ソクラテスが、弟子たちは脱獄を勧めたものの「悪法も法」だと言って毒杯をあおって亡くなったという逸話にちなんだ記念日。


● 今日生まれた人

1737年  ギボン……イギリスの歴史家。代表作『ローマ帝国衰亡史』など。

1791年 モールス……アメリカの発明家・画家。モールス電信機とモールス符号を発明。

1820年 スペンサー……イギリスの哲学者・社会学者・倫理学者。代表著作『発達仮説』『心理学原理』『社会学原理』『倫理学原理』など。

1840年 ウィンパー……イギリスの登山家・木版画家。マッターホルン初登頂。

1896年 カロザーズ……アメリカの化学者。合成ゴム・ポリアミド・ナイロンを発明。

1933年 天野祐吉……昭和・平成期のコラムニスト・評論家。雑誌「広告批評」主宰。


● 今日亡くなった人

BC399年 ソクラテス……古代ギリシアの哲学者。

1521年 マゼラン……大航海時代のポルトガルの航海者・探検家。マゼラン率いるスペイン艦隊が1522年に史上初の世界一周を成し遂げた。マゼラン自身は、航海中のフィリピンで現地の住民に殺された。

1625年 毛利輝元……安土桃山・江戸時代前期大名。五大老の一人。

1864年 洪秀全……中国清代の宗教家・革命家。太平天国の最高指導者。

1882年 エマーソン……アメリカの思想家・詩人。代表著作『自然論』など、超越主義を提唱。無教会主義の先導者。

1919年 前島密……明治期の官僚・実業家。近代郵便制度を創設。国語国字改良論者。

1989年 松下幸之助……昭和・平成期の実業家。パナソニック(旧松下電器産業)創業。「経営の神様」といわれる。


● 過去のマイブログ「4月27日」のテーマ

2015年ブログ 「長州藩の祖」 毛利輝元
豊臣秀吉政権の「五大老」のひとりで、「関ヶ原の戦い」では西軍の総大将をつとめた毛利輝元(もうり てるもと)が、1625年に亡くなった日です。1553年、毛利隆元の長男として安芸国(広島県)郡山城に生まれた毛利輝元(幼名・幸鶴丸)は、1563年父の急死により11歳で家督を継ぎました。若かったため祖父元就(もとなり)の後見を受け、1565年に元服して11代将軍足利義輝の1字をもらって輝元を名乗りました……。

2012年ブログ 「ナイロン」 のカロザーズ
世界で初めて高分子から成る化学繊維(ナイロン)を発明したアメリカの有機化学者カロザーズが、1896年に生まれた日です。アイオア州のバーリントンという町で生まれたウォレス・ヒューム・カロザーズは、商業学校の先生が父でしたが、子ども4人をかかえた一家の暮らしは、あまり豊かではありませんでした。そこで、長男だったカロザーズは、高等学校を卒業すると……。

2009年ブログ 哲人・ソクラテス
古代ギリシアの哲学者ソクラテスが、紀元前399年に毒を飲んで亡くなった日です。古代ギリシアに大きく花開いた文化は、ソクラテス、プラトン、アリストテレスらの大哲学者を輩出させたことが、まず第1に特記されます。ソクラテスは、彫刻家と助産婦の子として、紀元前470年ころギリシアのアテネに生まれました。父は彫刻家、母は助産婦でした……。

2007年ブログ 「千の風になって」 に思うこと
先日の多磨霊園めぐりの途中、あるキリスト教系の墓地の前で、若い神父さんの説教を聞く10数人の遺族と思われるグループに出会いました。そこに、聴き覚えのある音楽が流れています。何の歌だったかと思い浮かべているうち、「千の風になって」のメロディであることに気づきました……。

2006年ブログ ひさの星
「ひさの星」(斉藤隆介作 岩崎ちひろ絵・岩崎書店刊) のあらすじは次のとおりです。11歳のひさは、無口な、おなごわらし。小さな子がイヌにおそわれたとき、ひさは、小さな子の上にかぶさって、その子を守ってやり、自分はイヌにかまれてけがをしたのに、だれにも、なにも言わない女の子でした。ある雨の多い夏、水かさがました川へ、男の子が落ちました。男の子は助かったのですが、ひさの姿は見えなくなってしまいました。「ひさが、ひさが」 と泣きさけぶ男の子。やがて雨がやむと、東の空に青白い星がひとつ……。


● 今日(4月26日)の主なできごと

1937年 ドイツ空軍がゲルニカを無差別攻撃……スペイン内戦に干渉したドイツ空軍は、北スペインの小都市ゲルニカを史上初となる無差別攻撃を行ったことで、非戦闘員2千人以上が死亡。パリ滞在中にこの事件を知ったピカソは、この都市名をタイトルにした大作「ゲルニカ」で、戦争への怒りを表現。

1986年 チェルノブイリ原発事故……ソ連(現・ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で、後に決められた国際原子力評価尺度において最悪のレベル7に分類された爆発事故がおこり、ウクライナ・ベラルーシ・ロシアなど周辺の広い地域に「死の灰」をまき散らして、世界を震撼させた。ソ連政府は2日後にようやく事故を発表、のちに事故は運転員の規則違反と操作ミスが主な原因で、原子炉の設計にもミスがあったともいわれている。

1991年 自衛隊が初めてPKOに参加……PKO(国際平和維持活動)は、国際連合(国連)の加盟国が、紛争をしずめ、平和を維持するために人員を派遣して活動するもので、日本は、1988年から公務員らを派遣していた。この日、海上自衛隊の掃海艇が、湾岸戦争でイラクがしかけた機雷ををとりのぞくためにペルシャ湾へむけて出発。


● 今日の主な記念日・恒例日

世界知的所有権の日……1970年のこの日、「世界知的所有権機関を設立する条約」が発効して、同機関が発足。「知的所有権」は「知的財産権」ともいわれ、芸術的・学術的な表現を保護する「著作権」、技術的な発明を保護する「特許権」、アイデアを保護する「実用新案権」、物品のデザインを保護する「意匠権」、商品やサービスのマークを保護する「商標権」などがあり、その役割と貢献を強調するとともに、人間の試みや努力に対する意識・理解の向上をはかることを目的とする。世界知的所有権機関(WIPO)が2000年に制定。

リメンバー・チェルノブイリ・デー……1986年のこの日、チェルノブイリ原子力発電所で、大爆発事故が発生したことにちなみ、この事故を忘れないようにしようと制定された記念日。


● 今日生まれた人

1711年 ヒューム……イギリスの哲学者・歴史家・思想家。イギリス経験論哲学の完成者。代表作『人間本性論』『英国史』など。

1783年 村田清風……江戸時代後期の長州藩士。藩政改革指導者。

1798年 ドラクロワ……フランスの画家。代表作『民衆を導く自由の女神』『サルダナパールの死』『キオス島の虐殺』など。

1885年 飯田蛇笏……明治・大正・昭和期の俳人。「ホトトギス」の隆盛期を代表。

1898年 内田吐夢……昭和期の映画監督。代表作『大菩薩峠』『飢餓海峡』『宮本武蔵』シリーズなど。

1907年 山本健吉……昭和期の文芸評論家。代表作『芭蕉』『古典と現代文学』『柿本人麻呂』『詩の自覚の歴史』『いのちとかたち』など。


● 今日亡くなった人

BC479年 孔子……古代中国の思想家で、「仁」を重んじる政治を唱えたくさんの弟子を育てた孔子が、亡くなったとされる日。孔子の教えは、弟子たちの手で『論語』としてまとめられ、孔子を始祖とする思想・信仰の体系は「儒教」と呼ばれ、江戸時代には、もっとも大切な学問とされていた。

1964年 堤康次郎……大正・昭和期の実業家。西武グループ創設。


● 過去のマイブログ「4月26日」のテーマ

2013年ブログ 「おもしろ古典落語」116回目 無精床(ぶしょうどこ)
むかし、「無精床」とあだ名をされた床屋がございました。ぶあいそうで、ものぐさな親方なもんで、いつも店はガラガラ。何も知らず、すいてるからと飛びこんできた不運な客がありました。「こんちは、親方、こんちは」「うるせぇな、こんちはなんて、いっぺんいゃぁわかるじゃあねぇか。なんの用だ」「すぐやってもらいてぇんだが…」「やるって、なにを?」「頭をこさえてもらいてぇ」「うちは人形作りじゃねぇ」「そうじゃねぇ、つまり、髪を結い直して、いい男にしてもらいてぇんだ」……。

2012年ブログ 「おもしろ古典落語」67回目 そこつの釘(くぎ)
「ちょいとおまえさん、今ごろまで何をしてたんだい?」「どこったって、こんな重いもんしょって、どこへいくもんか、ここへこようと思ったんだ」「朝早いうちに家を出て、もうじき夕方じゃないか。この引越しの荷物、長屋のみなさんが、みんなで手伝ってくださったんだよ」「おいおい、おれだって好きでこうなったわけじゃねぇ。これにゃ、深いわけがあるんだ」「どんなわけだい?」……。

2007年ブログ 社会性を身につけさせるには
子どもを、集団のなかで行動できる子、社交性のある子、協調性のある子にしたいなら、幼児期から、仲間とのけんかをおそれないことです。 3、4歳になった子どもを、同じ年頃の子どもと遊ばせる。すると、必ず、おもちゃの取りっこになって、子どもどうしでけんかをする。そして、おもちゃ取りに勝ったり負けたりして、相手を泣かせたり、自分が泣かされたりすることになります……。

2006年ブログ ガラスのうさぎ
「ガラスのうさぎ」(高木敏子作・金の星社刊) のあらすじは、つぎの通りです。太平洋戦争末期、東京下町に住む少女・敏子は敗戦色が濃く物資が欠乏した厳しい世の中で、家族とともに一生懸命生きていました。しかし、昭和20年3月10日の東京大空襲で、敏子は母と二人の妹を失ってしまいました。焼け跡から、空襲の猛火で形の変わったガラスのうさぎを掘り出した敏子は、戦争の恐ろしさを目の当たりにします。さらに疎開の途中、駅で米軍機の機銃掃射を受け、父までも亡くしてしまいました。たったひとりになった敏子は……。


● 今日(4月25日)の主なできごと

1792年 ギロチンの実用化……当時のフランスは、フランス革命後の恐怖政治により、毎日何百人もの人が処刑されていた。そこで、内科医で国民議会の議員だったギヨタンは、受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも全ての身分が同じ方法で処刑できるような「単なる機械装置の作用」により行うよう議会で提言し、その案が採択された。その後、外科医のアントワヌ・ルイが設計の依頼を受けて、各地の断頭台を研究し、刃を斜めにするなどの改良を加えた。そのため当初は、ルイの名前をとって「ルイゼット」とか「ルイゾン」と呼ばれていたが、この装置の人間性と平等性を大いに喧伝したギヨタンの方が有名になり、ギヨタンから名前をとったドイツ語読みの「ギロチン」が定着、この日実用化された。ルイ16世やその妃マリー・アントアネットをはじめ何万人もの人が首を切られたが、ギヨタンもまたギロチンで処刑された。

1953年 DNAの構造……イギリスの科学誌『ネイチャー』に、英米の科学者ワトソンとクリックがDNA(デオキシリボ核酸)が、生物の細胞にめずらしい構造をもっていることを発表。この発見により、生物学は大きく発展、最近では犯罪捜査の犯人割り出しや、親子など血縁の鑑定などに、DNA鑑定が威力を発揮している。


● 今日の主な記念日・恒例日

世界マラリアデー……2000年のこの日にナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれたことを記念して、同会議はこの日を「アフリカ・マラリア・デー」として制定。2008年から世界保健機関は「世界マラリアデー」として実施。


● 今日生まれた人

1599年 クロンウェル……イギリス(イングランド)の政治家。清教徒革命を指導して初代護国卿となり独裁政治を行う。

1662年 徳川家宣……江戸幕府第6代将軍。5代将軍綱吉の「生類憐れみの令」廃止、新井白石を登用。

1874年 マルコーニ……イタリアの電気技師。世界初の無線通信成功後、イギリスとカナダを結ぶ無線通信にも成功。

1884年 田村俊子……明治・大正期の小説家。代表作『誓言』『嘲弄』『木乃伊の口紅』など。

1922年 三浦綾子……昭和・平成期の小説家。代表作『氷点』、自伝『道ありき』など。


● 今日亡くなった人

1613年 大久保長安……戦国時代の武将。武田氏から徳川氏の家臣、後に江戸幕府勘定奉行。佐渡金山等の開発、5街道の1里塚建設など。

1744年 セルシウス……スウェーデンの物理学者・天文学者。摂氏温度目盛りを考案。

1868年 近藤勇……幕末期の「新選(撰)組局長」。官軍に抵抗して捕えられ斬首。

1946年 岩波茂雄……大正・昭和期の出版人。岩波書店創業。

1968年 万城目正……昭和期の作曲家。代表作『リンゴの唄』『悲しきロ笛』『この世の花』など。

1973年 石橋湛山……大正・昭和期のジャーナリスト・政治家・教育者。第55代首相。

1976年 キャロル・リード……イギリスの映画監督。代表作『第三の男』『オリバー!』など。

1978年 東郷青児……大正・昭和期の洋画家。代表作『パラソルさせる女』など、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像に人気。

1992年 尾崎豊……昭和・平成期のシンガーソングライター。『十七歳の地図』でデビュー後、若者たちの心をとらえ続け、死去から20年以上経過した今も人気は衰えない。


● 過去のマイブログ「4月25日」のテーマ

2014年ブログ 「天下の総代官」大久保長安
戦国時代の甲斐武田家に仕え、武田滅亡後は徳川家の家臣となり、のちに鉱山開発などの業績が認められ、江戸幕府の奉行にまでのぼりつめた大久保長安(おおくぼ ながやす)が、1613年に亡くなった日です。1545年、武田信玄おかかえの猿楽師の子として甲斐(山梨)に生まれた長安は、武田領内にある黒川金山などの鉱山開発や税務などに従事しました。信玄没後は武田勝頼に仕えるものの、長篠の戦いに敗れ、1582年、織田信長・徳川家康連合軍の侵入(甲州征伐)によって武田家が滅ぶと、長安は家康にしたがう……。

2013年ブログ 「名出版人」岩波茂雄
わが国を代表する出版社のひとつとされる岩波書店を創業した岩波茂雄(いわなみ しげお)が、1946年に亡くなった日です。1881年、長野県諏訪の農家に生まれた岩波茂雄は、15歳のときに父が亡くなったことで母の農業を手伝いながら地元の中学に通いました。1899年に上京すると、1901年に第一高等学校に入学しました。しかし、友人だった藤村操が自殺したことで、哲学書をたずさえて山籠りをし、死と正面から向き合いました……。

2012年ブログ 「新撰組」 と近藤勇
江戸幕末期に「新撰組の局長」として幕府側に立って活躍した近藤勇(こんどう いさみ)が1868年に亡くなった日です。1834年、武蔵国多摩郡(現・調布市野水)の農民の子として生まれた勇は、15歳のとき近藤周介の剣術道場に入門し、めきめき腕をあげていきました。やがて盗人を退治するなどして認められ、1849年には周介の養子となって農民の子を中心とした試衛館道場を開き、のちに新撰組の副長となる土方(ひじかた)歳三と協力して……。

2007年ブログ  「アフリカ(2)」 巻末解説
1980年に初版を刊行した「子どもワールド図書館」(38巻) 第21巻「アフリカ(2)」 の巻末解説と、その後の変化を記した補足事項を記します。産業の不振とともに、アフリカの多くの国ぐにがかかえている大きな問題の一つに、人種の複雑さがあります。アフリカ大陸には、*[4億をこえる人びと]が住んでいます。そのほとんどは原住民です。*[2002年現在の人口約9億人 2014年に11億人突破]

2006年ブログ ファーブルの昆虫記
「ファーブルの昆虫記」 を読んだ子どもたち(小学校1~6年生) は、大きくわけると2つのことについて、おどろいたり感銘したりしています。まず1つは、この昆虫記のなかにえがかれている虫たちへのおどろきと、そのおどろきから発展しての、深い思考です。アリ、ハチ、クモ、セミ、カマキリなどの生きる姿の、あまりの不思議さ、神秘さ、強さ、悲しさ、やさしさ。子どもたちは、これらに目を見はり、いちように 「ただ虫けらだと思っていた虫たちは、みんないっしょうけんめいに生きているのだ」 ……。


● 今日(4月22日)の主なできごと

1500年 ブラジル発見……ポルトガル人のカブラルがブラジルに漂着し、ポルトガルの旗を立てて領土とした。そのため、中南米の国々では、ブラジルだけがポルトガル語を言語としている。

1927年 支払い延期令……この年の3月に倒産や休業したりする銀行が続出。この金融恐慌を鎮めるために、この日3週間にわたる「支払い延期令」(モラトリアム) を発令、即日実施した。日本銀行は、2億円の非常貸し出しに印刷が間に合わず、片面白紙の200円札を発行。

1946年 「サザエさん」登場……福岡の新聞「夕刊フクニチ」で、長谷川町子の4コマ漫画『サザエさん』の連載が始まった。その後「新夕刊」、「朝日新聞」と掲載紙を変えるものの、1974年2月まで続き、計6477話。いっぽう、それを原作とする「テレビアニメ」が1969年からはじまり、いまだに続く長寿番組となっている。


● 今日の主な記念日・恒例日

アースデー(地球の日)……アメリカの上院議員ゲイロード・ネルソンが、1970年のこの日に環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけた。この時、ネルソンがこの活動の統括役として選び出したのが、当時スタンフォード大学院生だったデニス・ヘイズで、デモや集会を成功させた。これをきっかけに、アースデー世界協議会等が、地球全体の環境を守るために、一人ひとりが行動をおこす日として制定。1991年からは毎年、世界各地でイベントが開催されている。


● 今日生まれた人

1451年 イサベル1世誕生……1474年カスティリャ王国の女王となり、夫がアラゴン国王となったのを機に両国を統合し、スペイン王国を建国、初代女王となったイサベルが、この日に生まれた。イサベルは、1492年にはイスラム国家グラナダ王国を制圧し、約800年にわたったレコンキスタ(国土回復運動)を完成させた。同年女王の援助したコロンブスが新大陸を発見、スペイン海外発展のキッカケとしたことは特に有名。

1724年 カント……ドイツの哲学者・思想家。代表作『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の3批判書。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルと続く「ドイツ古典主義哲学」の祖。

1870年 レーニン……ロシアの革命家。ソ連の初代首相。

1838年 山縣有朋……幕末の長州藩士、明治・大正期の陸軍軍人・政治家。第3・9代首相。伊藤博文と共に松下村塾出身、明治維新期に低い出自から栄達した代表的人物。

1896年 横山エンタツ……大正・昭和期の漫才師。花菱アチャコとコンビを組み「しゃべくり漫才」を生み出す。

1904年 オッペンハイマー……アメリカの理論物理学者。原爆製造を指導

1912年 新藤兼人……昭和・平成期の映画監督・脚本家。代表作『愛妻物語』『裸の島』『裸の十九才』『午後の遺言状』『生きたい』『一枚のハガキ』など。


● 今日亡くなった人

1778年 ハーグリーブス……イギリスの技術者。「ジェニー紡績機」発明。

1910年 荻原碌山……明治期の彫刻家。代表作『北条虎吉像』『女』など。

1928年 大倉喜八郎……明治・大正期の実業家。大倉財閥創設。

1994年 ニクソン……第37代アメリカ大統領。ウォーターゲート事件により任期中に辞任。


● 過去のマイブログ「4月22日」のテーマ

2015年ブログ 「ウォーターゲート事件」 とニクソン
ベトナム戦争の終結、中国との国交成立に尽力するものの、ウォーターゲート事件により唯一任期中に辞任した第37代アメリカ大統領のニクソンが、1994年に亡くなった日です。1913年、ロサンゼルス近郊ヨーバリンダの果樹園の子として生まれたリチャード・ミルハウス・ニクソンは、地元のウィッティア大学を卒業後、ノースカロライナのデューク大学法学大学院に進み、1939年に地元にもどって弁護士事務所を開業……。

2014年ブログ 「産業革命の父」 ハーグリーブス
「ジェニー紡績機」を発明したことで、イギリスに産業革命がおこるきっかけを作った技術者ハーグリーブスが、1778年に亡くなった日です。1720年頃、イングランドの北部ランカシャー地方オズワルトウィスル近郊に生まれたとされるジェームズ・ハーグリーブスですが、生い立ちなど詳しいことは、ほとんど知られていません。40歳のころ、大工を兼ねた織布工をしていたことがわかっていますが、当時の紡績業は、昔ながらの手を使って動かす方法で……。

2010年ブログ ブラジル発見
コロンブスが1492年にヨーロッパ人として初めてアメリカを発見した8年後の1500年、ポルトガル人のカブラルがブラジルに漂着し、ポルトガルの旗を立てて領土とした日です。ラテンアメリカ(中南米)諸国は、ほとんどスペイン語を話しますが、ブラジルだけがポルトガル語を話すのはそのためで、その後322年間、ポルトガルはブラジルを植民地にしました……。

2009年ブログ 地球の日(アースデイ)
地球全体の環境を守るため、一人ひとりが行動をおこす日として、1970年からスタートした世界規模の記念日です。いま地球は、さまざまな開発による自然破壊、工場や車の排気ガス、工場や家庭の排水などが関連しあって、環境汚染や温暖化が年ごとに進んでいます……。

↑このページのトップヘ