児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2015年08月

今日8月31日は、20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家のヘンリー・ムーアが、1986年に亡くなった日です。

1898年、北イングランドのヨークシャーに貧しい炭鉱夫の子として生まれたヘンリー・ムーアは、中学時代に粘土や木による造形を美術教師にほめられたのがきっかけになって、彫刻家になる決心をしました。しかし、両親は彫刻を手工業的な労働として評価しませんでした。

1917年、第1次世界大戦を戦うためにイギリス陸軍に徴兵されたムーアは、フランス戦線で爆撃に遭い、毒ガスの被害で軍病院で療養しました。戦後に退役軍人の手当を資金に、念願の彫刻家になろうとリーズ芸術学校に入学して彫刻の最初の生徒となり、1921年には王立美術学校で学ぶようになります。そして時間が許す限り大英博物館へ足しげく通って、原始彫刻や未開彫刻に大きな刺激を受けました。

1925年に卒業後は、王立美術学校で彫刻を教えながら、フランスやイタリアへ短期留学するうち、ブランクーシやキュービズムの彫刻に影響されます。やがて、エジプト、アフリカ、メキシコの古代彫刻の抽象的な素朴さに魅かれるようになり、1929年、トルテカ文明のチャックモール像の形態に示唆された人体の横臥像に興味を持ち、初の『横たわる人体』を制作、これが生涯のモチーフとなりました。

のちにムーアは次のように語っています。「人体の基本となるポーズが3つある。まず立っているもの、次に坐っているもの、そして横たわっているものである。3つのポーズのうちで、横たわる人体像は、最も自由がきき、構成しやすく、また空間性を持っている。横たわる人体像はどんな床面にも横たえることが可能だ。自由がきくと同時に安定性もある」──と。

1933年にムーアは、抽象芸術家グループ「ユニット・ワン」を設立すると、ロンドン・レスター画廊で初のグループ展を開きました。とくに、山塊のような人体、有機的でユーモアと生命感あふれるムーアのユニークな彫刻は世界的な評価を受け、イギリス抽象美術運動の推進者といわれるようになりました。

第2次世界大戦中は、従軍美術家としてデッサンによる「防空壕シリーズ」を制作、戦後の1946年からは、ニューヨーク「近代美術館」を皮切りにアメリカ、オーストラリアで個展の巡回を行って高い評価を得ると、1948年のベネチアビエンナーレで国際彫刻大賞を受章し、イギリス美術を国際的なものにすることに大きく貢献しました。そして、大規模なモニュメントなどの注文をこなす能力により、ムーアはその生涯の後半に美術家としては並外れた財力を所有することになりました。しかし、質素な生活を亡くなるまで続け、その財産のほぼすべてを「ヘンリー・ムーア財団」の基金として寄付し、美術教育や普及の支援のために使われています。

なお、ムーアの代表作11点は、箱根の「彫刻の森美術館」で見ることができます。箱根の自然に彩られた広大な庭園の中で、彫刻が静かに出迎えてくれる庭園美術館の見学はお勧めです。


「8月31日にあった主なできごと」

1957年 マラヤ連邦独立…19世紀後半からイギリスの支配下にあったマラヤは、マラヤ連邦として独立宣言をしました。なお、マラヤ連邦は、1963年にイギリス保護国だった北ボルネオ他と統合し「マレーシア」となりました。

1997年 ダイアナ妃交通事故死…イギリスの元皇太子妃ダイアナが、パリ市内で不慮の交通事故で亡くなりました。

今日8月28日は、織田信長の援助で室町幕府第15代将軍になったものの、信長と敵対して敗れた足利義昭(あしかが よしあき)が、1597年に亡くなった日です。

1537年、第12代将軍足利義晴の次男として生まれた足利義昭(幼名・千歳丸)は、兄に嗣子の義輝がいたため、1542年に奈良興福寺一乗院に入り覚慶と名のりました。1565年に兄の13代将軍義輝が松永久秀らに暗殺された際は、ひそかに近江の和田惟政の館にのがれ、翌1566年に還俗して義秋を名のり、無力になった将軍の力を取り戻そうと、強い協力者を求めて上杉・武田・毛利らの戦国大名を訪ね歩きました。

1567年には若狭を経て越前の朝倉義景に頼ると、1568年4月に一乗谷で31歳にして元服し、義昭と改名しました。しかし義景を見限ると、7月に織田信長を頼って岐阜へ赴き、9月に信長とともに京都に入りました。すでに三好氏に支持されて14代将軍足利義栄(よしひで)がいましたが、信長の京都入りを知ると義栄は阿波へ逃げた後に病死したことで、10月に義昭は、15代将軍となりました。

武士の棟梁として、実質的に全国の大名を支配しよう夢見た義昭でしたが、武力による天下統一をねらっていた信長の思惑は違っていたために、両者の関係は徐々に悪化していくこととなります。信長は将軍権力を制約するために、1569年~70年に、殿中御掟という掟書を義昭に承認させるなど対立が深まり、義昭は、毛利元就、大友宗麟、上杉輝虎(謙信)、武田信玄との講和を図り、浅井長政、朝倉義景、本願寺などの反信長グループをまとめて信長包囲網を作って対抗しだしました。

こうして1573年、信長に対する包囲網が完成したことで浅井長政、朝倉義景、武田信玄らとはかり、信長討伐の兵を上げました。しかし敗退し、信長のため将軍の座を追われ、室町幕府は滅びました。

その後の義昭は、幕府の再興をもくろんで、紀伊から備後の鞆(とも=今の福山市)に移り、毛利輝元に頼りました。こうして毛利氏・本願寺・上杉謙信による信長包囲が再びできあがるかに見えましたが、謙信の死と信長の鉄船の出現で本願寺は敗退、毛利氏も苦戦を強いられ、義昭の願いは絶たれました。

晩年は新しい支配者である豊臣秀吉の保護を受け、1587年に1万石の土地をまかない料として与えられ、出家して仏の道にもどったのでした。


「8月28日にあった主なできごと」

1573年 浅井長政死去…織田信長と同盟を結び、近江一帯をおさめる戦国大名となった浅井長政でしたが、信長と不和になって「姉川の合戦」に敗れ、自刃しました。

1583年 大坂城完成…豊臣秀吉がいまの大阪城である「大坂城」を築きました。秀吉死後は、遺児・豊臣秀頼が城に留まりましたが、1615年の大坂夏の陣で落城、豊臣氏は滅亡しました。

1749年 ゲーテ誕生…『若きウェルテルの悩み』『ファウスト』など数多くの名作を生みだし、シラーと共にドイツ古典主義文学の全盛期を築いた文豪ゲーテが生れました。

1953年 民放テレビ開始…日本初の民放テレビとして「日本テレビ」が放送を開始しました。当時は受像機の台数が少なく、人気番組のプロレス中継・ボクシング中継・大相撲中継には、街頭テレビに観衆が殺到し、黒山のような人だかりになりました。

今日8月27日は、幕末期に大老・井伊直弼の懐刀として、紀州慶福(よしとみ)を14代将軍家茂に決定したこと、勅許なく条約を結んだこと、「安政の大獄」を起こしたこと、和宮降嫁の運動に着手などを主導した長野主膳(ながの しゅぜん)が、1862年に亡くなった日です。

1815年に生まれ、伊勢国滝村に住む長野次郎祐の弟とされる長野主膳(本名・義言[よしとき])ですが、25歳ころまでの経歴はほとんど不明です。

1845年、三重県飯南郡滝野村(今の飯高町)にやってきた長野主膳は、紀州新宮領主の滝野次郎左衛門の妹多紀と結婚すると、二人は京に上りました。主膳は国学を講じながら、妻多紀とともに伊勢、美濃、尾張、三河を遊歴し、1841年近江国志賀谷村(今の滋賀県米原市)に「高尚館」を開きました。翌1842年、その名声を聞いた井伊直弼は主膳を訪ね、3日3晩も語り合って主膳に傾倒し、弟子になったと伝えられています。

その後主膳は、京都に出て九条家に仕え、妻の多紀は今城家に仕えました。関白九条尚忠は英照皇太后の父で孝明天皇の外戚にあたり、九条家は井伊家とは密接な関係にありました。いっぽう今城定章の娘が孝明天皇の寵姫今城重子でした。

やがて1850年、直弼が兄の死を受けて彦根藩主となると、主膳は直弼に招へいされて藩校・弘道館国学方に二十人扶持で取り立てられ、直弼の藩政改革にも協力しました。功名心の強い主膳は、直弼が優れた才と度胸があるうえに学問もしており、長い間逆境にあって世の中の動きに通じています。直弼を大老として幕閣第一の権力者としたうえで、自ら幕府の要人になろうと考えました。

1853年、ペリーが軍艦4隻を率いて浦賀沖に来航、世情騒然となったその年、病気がちだった第12代将軍家慶が死亡。そして13代将軍に家慶の子の家定がつきました。しかし、家定は精神薄弱な人物だったため、次期将軍には賢明な人物を立てようとする動きが少しずつ高まりました。そして1858年、主膳の努力が実って直弼が大老に就任すると、一橋慶喜を推す派と、南紀慶福を推す派の2派が争う状況になり、主膳は京都に赴き、公家衆らへの裏工作を行って南紀派が推せんする慶福を、14代将軍徳川家茂として擁立に貢献しました。

しかし、朝廷の許しを得ないまま「日米修好通商条約」の調印をしたことで尊皇派の反感をかい、さらに「安政の大獄」で、主膳が直弼に一橋派の処罰や尊王攘夷派の志士の処罰を進言したため、直弼に次いでうらまれる存在になりました。そして、1860年に、直弼が桜田門外の変で暗殺されると、主膳は家茂への孝明天皇の妹和宮の降嫁実現のために積極的に行動しました。

1862年、主膳は彦根藩の藩政にもどりますが、藩内の空気が一変していて主膳に対する批判が爆発、「奸悪の徒」として禁固され、斬首・打ち捨ての刑に処せられたのでした。


「8月27日にあった主なできごと」

紀元前551年 孔子誕生…古代中国の思想家で、「仁」を重んじる政治を唱え、たくさんの弟子を育てた孔子が生まれました。

663年 白村江の戦い…当時朝鮮半島では、新羅(しらぎ)が唐(中国)の力を借りて、百済(くだら)と高句麗(こうくり)を滅ぼして半島を統一しようとしていました。百済から援軍を求められた斉明天皇は、日本水軍を援軍に送りましたが7月に病没、かわって中大兄皇子が全軍の指揮にあたりましたが、この日、白村江(はくすきのえ)で、新羅・唐軍を迎え撃って奮闘するものの、翌日に敗れてしまいました。

1714年 貝原益軒死去…江戸時代の初期、独学で儒学、国文学、医学、博物学を学び、わが国はじめての博物誌 「大和本草」 などを著した貝原益軒が亡くなりました。

今日8月26日は、安土桃山時代から江戸時代初期の天皇で、皇室の尊厳回復に努力し、古典文化研究の新しい潮流を生み出した後陽成天皇(ごようぜいてんのう)が、1617年に亡くなった日です。

1571年、正親町(おおぎまち)天皇の皇子の誠仁(さねひと)親王の第1子として生まれた和仁親王は、1586年に父の急死により、祖父にあたる正親町天皇に譲位されて後陽成天皇として即位しました。

当時は、織田信長の後継者として全国統一に羽柴秀吉が名乗りをあげたものの、徳川家康の抵抗にあい、家康との関係を軍事的征服でない主従関係にしたい秀吉は、1588年、平安京の跡地に築いた聚楽第に後陽成天皇を招きました(聚楽第行幸)。このとき秀吉は、京中の地子銀5530両を献上したほか、3日の滞在予定を5日に伸ばすなど大歓待をしました。こうして秀吉は、関白となって豊臣を名のり、政権の実質的成立を天下に知らせることに成功、後陽成天皇にとっては、ひっぱくしていた皇室経済を安定させるに至りました。

秀吉は1593年、「文禄の役」で朝鮮から持ち帰った李朝銅活字の器具を後陽成天皇に献上しました。天皇はこの技術を用いて『古文孝教』を印刷したと伝えられ(文禄勅版)、これが日本での銅活字を用いた最初の印刷とされています。また、学問を好み、舟橋秀賢、細川幽斎らに和学を、海北友松に画を学んでいた天皇は、1597年に李朝銅活字にならって大型木活字による『錦繍(きんしゅう)段』をはじめ、『日本書紀神代巻』『大学』『中庸』『論語』などを開版させています。これらは「慶長勅版」といわれ、朝廷や公家の間ばかりでなく、京都を中心とした古典文化研究の新しい潮流を生み出しました。

秀吉の死後の関ヶ原の戦いでは、丹後田辺城にあって西軍と交戦中の細川幽斎を惜しみ、両軍に勅命を発して開城させています。1603年、徳川家康を征夷大将軍に任じ、江戸幕府が開かれました。しかし、朝廷権威の抑制をはかりたい幕府は干渉を強め、官位の叙任権や元号の改元も幕府が握ることになりました。また、1609年に天皇の寵愛していた女官らが公家と密通していた事件(猪熊事件)では、幕府の京都所司代が宮中へ入り、天皇の意志がふみじられたことで、家康に退位を表明しました。

こうして1611年、第3皇子の政仁(ことひと)親王に譲位して後水尾天皇として即位させると、仙洞御所へ退いて院政を復興しましたが、後水尾天皇ともうまく行かず、父子の間は長く不和であり続けたと伝えられています。なお、詠歌に『後陽成院御製詠五十首』、日記に『慶長六年正月叙位記』があります。


「8月26日にあった主なできごと」

1743年 ラボアジエ誕生…従来の化学理論を次々と正し、実験で証明して「近代化学の父」と称されるフランスのラボアジエが生まれました。

1789年 フランス人権宣言の採択…フランス革命で、バスティーユ牢獄の襲撃やその後の動乱が落ち着いたこの日、国民議会は憲法の前文にあたる「人間と市民の権利宣言」(人間宣言)を採択しました。アメリカの独立宣言を範としたこの宣言は17条からなり、権利の平等、人間が当然の権利として持つ自由、主権在民、思想・言論の自由、所有権、安全、圧政に対する抵抗権の確認などの原則が示されています。この民主主義の考え方は、新しい市民社会の原理となりました。

今日8月25日は、江戸幕府の第10代将軍徳川家治(とくがわ いえはる)が、1786年に亡くなった日です。

1737年、第9代将軍徳川家重の長男として江戸城西ノ丸に生まれた家治(幼名・竹千代)は、幼少時から聡明で、第8代将軍であった祖父吉宗の期待を一身に受けて育ちました。吉宗は1751年に亡くなるまで、家治に直接の教育・指導を行ったのは、言語が不明瞭だった家重に伝授できなかった帝王学を教えるためでもありました。

1760年、父家重の隠居により第10代将軍となった家治でしたが、まもなく亡くなった家重の遺言に従い、田沼意次を側用人に重用し、老中松平武元(たけちか)らと共に政治に励みました。

家治治政中の26年間は、宝暦~天明期の幕藩制転換期にあたり、しかも明和の江戸大火、天明の浅間山大噴火、大飢饉と百姓一揆、都市打ちこわしの大高揚と社会不安の激化した時期とぶつかっていました。そんな中、1779年に武元が亡くなってからは、しだいに幕政に興味を失い、代って老中に任命した田沼に任せ、自らは好きな将棋などの趣味に没頭し、大奥にいることが多くなりました。

いっぽう政治の実権を握った田沼は、印旛沼・手賀沼干拓を実施し、蝦夷地開発や対ロシア貿易を計画するなど、スケールの大きな政策を推進しました。また、株仲間を公認するなど商人の利益を保護し、商人たちから運上金を取る新しい税制を設け、南鐐二朱銀という東西の通貨の一元化を計るなど、「田沼時代」といわれる成果をあげました。田沼の賄賂政治への批判があるのに対し、最近では「意次を重用した事自体が英断である」として、家治を高く評価する歴史家が出てきているのは興味深いものがあります。

武元が亡くなった同じ1779年、家治の世継ぎといわれた長男の徳川家基が、鷹狩りの帰路に突然もがき苦しみ、18歳の若さで死去すると、その突発死は、家基の将軍就任によって失脚することを恐れた意次(家治歿後まもなく失脚)による毒殺説、大奥内に「意次悪人説」を広めた家基の生母である大奥出身の知保(蓮光院)が罪を意次に負わせようと毒殺したなど、多くの暗殺説を生んでいます。

なお家治は1781年、一橋家当主・徳川治済(はるさだ)の長男・豊千代(後の第11代将軍・徳川家斉)を自分の養子にむかえました。


「8月25日にあった主なできごと」

1543年 鉄砲伝来…ポルトガル人二人をふくむ100人以上も乗せた大きな船が九州の種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えました。

1819年 ワット死去…イギリスの産業革命で最大のできごとといわれる、蒸気機関を発明したワットが亡くなりました。

1830年 ベルギー独立革命…ベルギーの中心都市ブリュッセルの劇場で演じられていたナポリの独立闘争のオペラに刺激されて、ベルギーのオランダからの独立革命がおこりました。たちまち各地に運動が飛び火して10月に独立宣言がなされ、年末までにオランダをのぞくヨーロッパの列強は、ベルギーの独立を認めました。

1868年 中江藤樹死去…人を愛し敬う心を大切にし、母に孝養をつくして 「近江聖人」といわれ、その徳望が慕われた江戸時代の儒学者・中江藤樹 が亡くなりました。

1944年 連合軍パリ解放…北フランスのノルマンディー上陸に成功した連合国は、ドイツ軍と激しくたたかいフランスの首都パリに入るとドイツ軍は降伏、パリは4年ぶりに解放されました。

↑このページのトップヘ