児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2015年07月

今日7月16日は、英独仏への政治介入をするなど、ローマ・カトリック教会を全盛期に導いた教皇インノケンティウス3世が、1216年に亡くなった日です。

1161年、ローマ郊外のアナーニに貴族の子として生まれたインノケンティウス(本名 ロタリオ・ディ・コンティ)は、パリ大学とボローニャ大学で神学・教会法を学んだのち、教皇庁に入りました。1190年に枢機卿となり、1198年に37歳の若さで教皇に選出されました。

当時のローマ教会は、十字軍の遠征などで西ヨーロッパに大きな影響力を持っていたこともあり、ドイツ国王の選出に干渉し、ローマ教皇による採決権を主張、意のままにならないドイツ王(神聖ローマ皇帝オットー4世)を、1210年に破門しました。また、王妃離婚問題からフランスのフィリップ2世(尊厳王)を、さらにカンタベリー大司教の選任を巡って対立したことで、イングランド王ジョン(欠地王)をそれぞれ破門し、屈服させました。

こうしたローマ教皇のもとで、英独仏の君主が破門されたり、意のままに操られたことは、教皇権が最大の権威に達したあかしで、1215年第4ラテラン公会議で教皇自ら発した「教皇は太陽・皇帝は月」に示されていえるようです。

いっぽう1202年、第4回十字軍を送ったところ、諸事情から十字軍はエルサレムに向かわず、1204年に東ローマ帝国の首都コンスタンチノーブルを占領してラテン帝国を建国しました。これを聞いた教皇は、はじめは怒ったものの、のちにこれを利用して東ヨーロッパにも勢力を伸ばそうとしました。

なお教皇は、徹底した清貧生活を送るアッシジの修道士フランチェスコの活動を認めて「フランシスコ会」を承認するなど、キリスト教徒の保護を積極的に行ったことでも知られています。


「7月16日にあった主なできごと」

622年 回教暦元年…イスラム教の預言者ムハンマド(マホメット)が、メッカからメディナに移って布教を開始し、この年を回教暦元年としました。

733年 山上憶良死去…貧しい人たちへの気遣いや家族思いで知られる万葉歌人の山上憶良が亡くなったといわれます。

1260年 立正安国論…僧の日蓮はこの日、鎌倉幕府の前執権北条時頼に「立正安国論」を献上し、相次ぐ地震や飢饉、疫病などの災害の原因は、阿弥陀如来だけを信じ念仏をとなえればよいという法然を激しく非難、正法である法華経を信じなければ国内に反乱がおこり外国から侵略を受けると予言しました。

1872年 アムンゼン誕生…ノルウェーの極地探検家で、1911年南極点に初めて到達したアムンゼンが生まれました。

1945年 世界初の原爆実験…アメリカのニューメキシコ州の砂漠で、原子爆弾実験がおこなわれました。この成功により、広島に8月6日、9日に長崎へ原子爆弾が落とされました。

今日7月15日は、「蔵人所」や「検非違使」を新設し、律令体制の手直しにつとめるなど、宮廷文化を開花させた嵯峨天皇(さがてんのう)が、842年に亡くなった日です。

786年、のちに平安京(京都)に都を移す桓武天皇と皇后藤原乙牟漏(おとむろ)の第二皇子として生まれた嵯峨天皇(名・神野)は、同母の兄平城(へいぜい)天皇の即位に伴って、806年に皇太弟とされましたが、平城天皇が病気となったことから、809年、第52代天皇の嵯峨天皇として即位します。

翌810年に平城天皇が上皇として復位を試みた「薬子の変」が発生すると、坂上田村麻呂らの兵を発して制圧し、皇太子を高岳(たかおか)親王から、異母弟の大伴親王(のちの淳和天皇)に変えました。さらに、宮中の事務や機密文書を取り扱う役所「蔵人(くろうど)所」、都の警察の役割をになう「検非違使(けびいし)」を新設します。また、唐(中国)の文化を採り入れて、朝廷の儀式や制度を唐風にし、818年には「弘仁格式」を発布して朝廷の儀式をまとめて「内裏式」としました。内宴、朝覲(ちょうきん=謁見)、行幸などの優雅な年中行事を発達させ、「令義解(りょうのぎげ)という養老律令の注釈書を作らせたり、『凌雲集』『文華秀麗集』『経国集』などの勅撰詩集を作らせました。天皇自身も漢詩人であり、唐風書道の名手として、空海、橘逸勢(はやなり)とともに「三筆」とされています。

自ら政治を行った824年までの14年間に加え、上皇として淳和天皇らを支え、死去するまでの30余年間は、嵯峨天皇(上皇)の権威のもとに、古代史ではまれにみる政治的安定を実現し、宮廷文化を開花させました。

しかし、皇子や皇女が50人以上も生まれ、これをすべて親王とすることは財政的に無理だったため、嵯峨天皇(上皇)の子で源姓を賜ったものとその子孫を「嵯峨源氏」といい、以後源氏賜姓の先例となりました。なお、紫式部『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの一人といわれる源融(とおる)も嵯峨天皇の皇子の一人です。


「7月15日にあった主なできごと」

1099年 第1回十字軍…ローマ教皇ウルバヌス2世の呼びかけに応じた第1回十字軍が、聖地エルサレムを占領しました。

1606年 レンブラント誕生…『夜警』『フローラ』『自画像』など数々の名画を描き、オランダ最大の画家といわれるレンブラントが生まれました。

1871年 国木田独歩誕生…『武蔵野』『牛肉と馬鈴薯』『源叔父』などの著作をはじめ、詩人、ジャーナリスト、編集者として明治期に活躍した国木田独歩が生まれました。

1924年 黒田清輝死去…『湖畔』『読書』などの作品を描き、わが国の洋画の発展に大きな功績を残した画家の黒田清輝が亡くなりました。

今日7月14日は、古代日本語の音韻・表記・語彙・文法・日本語の起源、日本人の思考様式など幅広い業績を残し、大ベストセラー『日本語練習帳』を著した国語学者の大野晋(おおの すすむ)が、2008年に亡くなった日です。

1919年、今の東京深川の商家に生まれ育った大野晋は、開成中学のころから日本語に関心をいだきはじめ、1939年に東京帝国大学に入学すると、日本語学の権威橋本進吉に師事しました。1943年に同大国文学科を卒業後も、橋本に学びながら国語学、特に日本語系統論、上代語、文法論、仮名遣いの研究にたずさわりました。

敗戦後は、清泉女学院高校や学習院大学の講師をつとめながら、1947年には『上代語の清濁音の研究』を著して、『日本書紀』の万葉仮名に清濁の区別があることを指摘するなどの業績をあげ、1952年学習院大学文学部助教授(1960年に教授)に就任します。1953年には、上代仮名遣いを綿密に分析しながら、各時代における日本語の音韻数の変遷および語彙の変化を考証した『上代仮名遣の研究』を発表しました。

そして、1957年に『日本語の起源』を著し、日本語が、古代インドのタミル語にあるという説をとなえ、大きな反響をもたらします。この学説は、1981年の『日本語とタミル語』に引きつがれ、タミル語の単語が日本語に多いというだけでなく、文法構造や係り結び、五七韻律など、共通する部分が多くあること。日本語とタミル語との共通する単語には稲作に関するものが多いことなどから、稲作の伝播とタミル語の影響には密接な関わりがあったとの大野の推論は、学界内外で激しい論議を引き起こしました。さらに、大野は、2000年に『日本語の形成』を著し、この説をタミル語と縄文語のクレオール現象として説明、同祖説の総仕上げを行いました。

大野は、それらの研究と並行して『岩波古語辞典』を1974年に編纂したほか、1968~75年には『本居宣長全集』の編纂、1985年には『類語国語辞典』(共著)を上梓しています。また、1999年には『日本語練習帳』が190万部を超える大ベストセラーとなり、「日本語ブーム」のきっかけをつくったことはよく知られています。上記以外のおもな著書に、『日本語の年齢』『日本語をさかのぼる』『係り結びの研究』(読売文学賞)『光る源氏の物語』(丸谷才一と共著・芸術選奨文部大臣賞)などがあります。


「7月14日にあった主なできごと」

1789年 フランス革命…パリ市民が政治犯を収容するバスティーユ牢獄を襲撃し、世界史上に特筆される「フランス革命」の火ぶたが落とされました。日本ではこの日を 「パリ祭」 と呼んでいますが、フランス国民は毎年、歌ったり踊ったり、心から喜びあう国民の祝日です。

1810年 緒方洪庵誕生…大坂に適塾を開き、福沢諭吉 や大村益次郎らを育てた蘭医・教育者として大きな功績を残した緒方洪庵が生まれました。

今日7月13日は、安土・桃山・江戸時代初期の大名として秀吉、家康に仕えた福島正則(ふくしま まさのり)が、1624年に亡くなった日です。

1561年、桶屋を営んでいたとされる福島正信の長男として今の愛知県あま市で生まれた福島正則(幼名・市松)は、母が豊臣秀吉の叔母(大政所の妹)だったため、幼少のころから小姓として秀吉に仕え、1578年に播磨三木城の攻撃で敵兵を討ち取って初陣を飾りました。

1582年、信長の弔い合戦といわれる「山崎の戦い」では、勝龍寺城を攻撃するなど軍功をあげ、翌1583年の織田勢力を二分する柴田勝家との激戦「賤ヶ岳の戦い」では、一番槍・一番首として敵将・拝郷家嘉を討ち取るという大功をあげました。そのため賤ヶ岳の七本槍の筆頭と讃えられ、他の加藤清正・加藤嘉明・脇坂安治・平野長泰・糟屋武則・片桐且元が3千石だったのに対し、別格の5千石を与えられました。

その後、1584年の小牧・長久手の戦い、1585年の紀伊雑賀攻撃で畠中城攻め、1587年の九州平定でも功をあげて伊予国今治11万石の大名に封ぜられました。1590年の 小田原征伐では、織田信雄の軍として、韮山城攻撃の先鋒を務めました。1592年からの朝鮮侵略「文禄の役」では、五番隊の主将として京畿道の攻略にあたり、帰陣後の1595年、秀吉によって豊臣秀次が切腹させられるという大事件が起こると、そのあとを受けて、正則は尾張国清洲に24万石の所領を与えられたのは、いかに正則が秀吉に重視されていたかがうかがわれます。

1598年8月に秀吉が死去すると、武勇に優れた正則は文治派の石田三成らといっきに対立し、1599年の前田利家の死後、朋友の加藤清正らと共に三成を襲撃する事件を起こしました。このときは徳川家康に慰留され、その経緯から家康に尽くすこと誓い、1600年の「関ヶ原の戦い」では先鋒をつとめる貢献をしました。その功により、安芸・備後国49.8万石を与えられ、広島城主となりました。

ところが、1619年、幕府に無断で城の石垣を修理したことをとがめられて、信濃国川中島4.5万石へ領地替えをいいわたされてしまいました。これは、徳川家の秀吉系大名取り潰し策のもとに行われたといわれています。正則はその後5年で亡くなりますが、子孫にはわずか9000石が残されただけでした。


「7月13日にあった主なできごと」

BC100年 シーザー誕生…古代ローマ帝国の基礎を築いた軍人政治家で、「ガリア戦記」を著わしたシーザーが生まれました。

1128年 藤原清衡死去…平安時代後期の武将で奥州藤原氏をおこし、平泉に「金色堂」を建てるなど「北方の王者」といわれた藤原清衡が亡くなりました。

1930年 サッカー初のW杯で国交断絶…サッカーのワールドカップの第1回大会がこの日はじまり、13か国の選手がウルグアイの首都モンテビデオで熱戦をくりひろげました。勝ち進んだのはウルグアイとアルゼンチンで、ウルグアイが4対2で逆転優勝しました。ところが、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで暴動がおき、ウルグアイの領事館が襲われて国交断絶にまで発展しました。

今日7月10日は、日英同盟、日仏・日露協商の締結、初代駐英大使など外交官として活躍した林董(はやし ただす)が、1913年に亡くなった日です。

1850年、下総国佐倉藩(今の千葉県佐倉市)の優れた蘭医佐藤泰然の5男として生まれた董は、1862年に一家で横浜へ移り、宣教師のヘボン夫妻の設立したヘボン塾(のちの明治学院大)で、ヘボン夫人から英語を学び、1866年17歳で幕府御典医林洞海の養子となると、幕府の留学生としてイギリスへ留学しました。

帰国後、幕府に仕えていたため「戊辰戦争」で榎本武揚の率いる艦隊に身を投じ、箱館戦争では佐藤東三郎を名乗って戦うものの敗北、一時禁固となりました。しかし、その卓越した語学力と広い西欧知識を陸奥宗光や伊藤博文の知るところとなり、明治新政府に迎えられました。

1971年に神奈川県に出仕すると、同年11月の岩倉使節団(岩倉具視を正使とし、木戸孝允・伊藤博文・大久保利通ら政府首脳陣や留学生ら総勢107名で構成された10か月に及ぶ欧米使節団)に随行し、帰国後、工部省、逓信省、香川・兵庫の県知事を歴任後1891年に外務次官となって、外務大臣の陸奥とともにイギリスとの不平等条約改正に努力しました。

日清戦争では、陸奥を補佐して戦時外交を推進し、戦後は駐清公使として活躍した功績で男爵を授けられました。その後も日本が世界に進出するためには西欧強国と同盟する必要性を唱え続け、1902年1月駐英公使としてロンドンで「日英同盟」を調印しました。そして、日露戦争後の1905年12月、ロンドンの在英日本公使館が昇格して大使館となったことで、林は初代駐英大使に任命され、日本の外交官としては初の大使となりました。

その後も林は、1906年に第1次西園寺公望内閣の外相として日仏協商、日露協商を締結した功で伯爵に昇叙され、1911年の第1次西園寺内閣では逓信大臣となり、陸奥らと協調して、軍部の武断政治に抵抗しました。しかし、軍部の強硬論が勝ち、南満州鉄道(満鉄)が設立されると、「之れ、武人跋扈(ばっこ)の結果なり」と反対をとなえ、政界を引退しました。

なお、董の初代陸軍軍医総監の松本良順は実兄、娘の菊は福沢諭吉の次男捨次郎の配偶者、孫忠雄は三菱財閥の4代目総帥岩崎小弥太の養嗣子です。


「7月10日にあった主なできごと」

1509年 カルバン誕生…フランスの宗教改革者のカルバンが生れました。「カルバン派」は、オランダ、イギリス、フランスなど産業の盛んな地域に広まりました。

1821年 大日本沿海輿地全図…伊能忠敬が中心となって制作した日本全土の実測地図「大日本沿海輿地(よち)全図」が完成し、江戸幕府に献上されました。

↑このページのトップヘ