児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2014年11月

今日11月28日は、アメリカの作家で、イギリスで名声をえたアービングが、1859年に亡くなった日です。

1783年、ニューヨークのマンハッタンに裕福な商人の11人兄弟末っ子として生まれたワシントン・アービングは、身体が弱かったため、幼いころから読書に親しみました。1804年、保養を兼ねてイギリスに渡ってイギリス文学に親しみ、1806年に帰国して弁護士資格を独学でとると、弁護士を開業するかたわら、短編を書きためていきました。

1807年に兄や友人らとともに、ユーモアやパロディを交えて社会情勢を語る雑誌を発行します。1809年に初の自著『ニューヨークの歴史』を刊行すると、そのユーモア感覚が評判を呼びました。ところがアービング家の商売にいきづまりが生じ、イギリスで貿易商をしていた兄の手伝いをするため1815年にロンドンに渡るものの兄は破産、生活をささえるために執筆を本格化させ、以後17年間ヨーロッパに滞在します。

その間、あこがれていた作家スコットらイギリスの文人らと親しく交わりながら研さんを重ね、1818年、アービングの名をいちやく世界的にした『スケッチ・ブック』を出版しました。この作品は、主人公にとってはいくらも経っていないのに、世間ではいつの間にか長い時が過ぎ去っていたという類似性から[西洋浦島]といわれる「リップ・ヴァン・ウィンクル」、殺されて首を切られた騎手がやがて復活し、光る眼を持つ馬に乗って森の中で殺しの犠牲者を待つという「スリーピー・ホローの伝説」など30数編を収録した短編集で、アービングは国外で名声をえた初のアメリカ人作家といわれています。

さらに『ブレースブリッジ邸』『ある旅人の物語集』などを刊行後、1826年から5年間スペインのアメリカ公使館に勤務後に帰国すると、スペイン文化に親しんだ体験から『アルハンブラ宮殿物語』『グラナダ征服記』を著しています。

アービングの健筆ぶりは晩年まで衰えず、『ワシントン伝』(5巻)、ゴールドスミス、ムハンマドらの伝記、旅行記『大草原の旅』などのほか、随筆にもすぐれ『ロンドンの日曜日』『いなかの教会』などを残しています。


「11月28日にあった主なできごと」

1262年 親鸞死去…『南無阿弥陀仏』と念仏をとなえれば来世で極楽浄土に生まれかわることができると説く「浄土宗」を開いた法然に学び、その教えを発展させて「浄土真宗」を開いた親鸞が亡くなりました。

1883年 鹿鳴館開館…日本初の洋式社交場が、東京・内幸町に開業。外国人を歓迎する舞踏会がさかんに行われ、欧化主義風潮の拠点となったことで、1887年ころまでの狂熱的な一時期を「鹿鳴館時代」とよんでいます。

今日11月27日は、イスラエルの祖国回復(シオニズム)運動を指導し、初代イスラエル大統領となったワイズマンが、1874年に生まれた日です。

ロシア西部(今のベラルーシ)の小村モトルに、ユダヤ人木材運搬業者の子として生まれたカイム・アズリエル・ワイズマンは、ドイツのベルリン大学とスイスのフライブルク大学で化学を学び、1900年に卒業後は3年ほど、ジュネーブ大学で講師として化学を教えました。いっぽう、ユダヤ人の団結と国家建設をめざすシオニズム運動に参加しました。

1904年イギリスに移住し、マンチェスター大学で化学を教えながら、シオニスト評議会の議長に就任しました。1907年にはパレスチナを訪れ、ユダヤ人はシナイ(エジプト北東部)に戻って国家を建設すること、そのためには、政治的解決と植民の両方が必要だと確信し、この考えを主張するようになります。

1914年に第一次世界大戦が始まると、コルダイト火薬の原料として大量のアセトンが必要になりましたが、当時の製法では大量の木材が必要でしたが不足していました。ワイズマンはイギリスに協力し、バクテリア発酵法の工業化を成功させてアセトンの大量生産法を開発したことで、イギリス政府内のチャーチルやロイド・ジョージ、外務大臣バルフォアと知り合いました。そして、1917年11月「バルフォア宣言」を出させ、パレスチナ(西アジアのヨルダン川と地中海の間の地域)でのユダヤ国家建設をイギリスに約束させることに成功しました。

さらに1919年のパリ講和会議で、アラブ民族運動の指導者だったイラク王子(のちの王)ファイサル1世との間で「ファイサル・ワイズマン合意」に調印し、お互いの民族国家建設のために協力することを約束したことで、世界的なシオニスト運動の指導者となっていきました。

1921年、世界シオニスト機構の代表に選ばれ、イギリスの庇護のもとでユダヤ人のパレスチナ移住運動をおこしました。ところが、先住のアラブ人との間で抗争となったり、イギリス政府が非協力的な態度をしめすようになったことから運動内部にも批判が高まり、一時運動から離れました。しかし、1935年に再度代表に復職し、1946年まで務めました。

1948年3月、イスラエル国建設のための国民評議会が開かれると議長となり、12月に名誉職的な初代大統領に就任(実務は首相が行う)し、翌年自叙伝『試行錯誤』を著し、1952年に亡くなりました。


「11月27日にあった主なできごと」

1095年 十字軍の提唱…ローマ教皇ウルバヌス2世は、この日フランス中部クレルモンの宗教会議で、聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回するために、聖なる戦いを勧告。これにより、胸に十字の標識をつけた兵士・キリスト教徒が聖地にむけて出発する「十字軍時代」が始まりました。

1769年 賀茂真淵死去…江戸時代中期に活躍した国学者で、本居宣長へ大きな影響を与えた賀茂真淵が亡くなりました。

1894年 松下幸之助誕生…パナソニック(旧松下電器産業)を一代で築き上げた日本屈指の経営者であるとともに、PHP研究所を設立して倫理教育に乗りだ出す一方、松下政経塾を立ち上げて政治家の育成にも意を注いだ松下幸之助が生まれました。

1958年 皇太子婚約発表…皇太子明仁親王(現天皇)と正田美智子さん(現皇后)の婚約がこの日に発表され、美智子さんが民間から出た最初の皇太子妃となることで日本中がわきたち、ミッチーブームがおこりました。

今日11月26日は、イギリスの作曲家・指揮者・ピアニスト・音楽ディレクターとして活躍したケテルビーが、1959年に亡くなった日です。

1875年、バーミンガムに版画師の子として生まれたアルバート・ウィリアム・ケテルビーは、11歳のときに、習作のピアノ・ソナタを音楽祭で演奏し、作曲家のエルガーに賞賛されたほど天才ぶりを示しました。13歳でロンドンの音楽カレッジに入ってホルストに師事すると、さらに才能ぶりを発揮し、16歳でセント・ジョン教会のオルガン奏者に迎えられたころには、ピアノ、クラリネット、オーボエ、ホルン、チェロなど、何にでも対応できる演奏家となりました。

劇場の音楽監督をしながら、軽音楽の編曲・指揮に才能を発揮し、大衆受けするミュージカルをはじめ、さまざまなペンネームを使ってたくさんの曲を作曲しました。レコード会社のディレクターや放送番組のプロデューサーなど、当時新しいメディアでの多彩な活動をしています。

そして1912年、放送番組の穴埋めに書いたといわれる「ファントム・メロディ」のいくつかがヒットしてからは、『ペルシャの市場にて』に代表されるようなエキゾチックな描写音楽を次々に発表し、レコードは売れ、コンサートも大いに受けたといわれています。

いちど聞いたら忘れない描写音楽の傑作『ペルシャの市場にて』は、こんなふうに展開します。
ラクダの隊商がゆったりと市場に近づき、美しく着飾った王女や酋長の行列がシャンシャン音を鳴らしながらたくさんの店の前を通ります。広場ではヘビ使いが笛を吹き、手品師がじゅうたんの上で芸を見せています。やがて、王女たちの行列も隊商たちの姿も消えて、市場に静けさがもどります……。

ペルシア(今のイラン)の市場の情景を、そのまま管弦楽曲として描いたのは、さまざまな楽器を駆使できるケテルビーだからこそできたといえそうです。

日本では、この曲以外にはほとんど知られていませんが、オンライン音楽館「ユーチューブ」では、『修道院の庭にて』『中国寺院の庭にて』『エジプトの秘められた大地』『心の奥深く』など、ケテルビーの描写音楽の名品を聴くことができます。


「11月26日にあった主なできごと」

1086年 院政のはじまり…白河天皇がわずか8歳のわが子に、堀川天皇として位を譲りました。上皇となった白河天皇は、幼い天皇の後見役として政治の実権を握り続けました。上皇のいるところが「院」と呼ばれ、そこで政治が行なわれたために「院政」とよばれます。

1906年 満鉄設立…日露戦争に勝利した日本は、ロシアが建設した東清鉄道を譲り受け、南満州鉄道(満鉄)として経営することになりました。満鉄は、鉄道事業を中心に広範囲にわたる事業を展開、日本の満州(中国東北部)進出の中核となりました。

1911年 小村寿太郎死去…日英同盟、日韓併合の立役者であり、日露戦争が終結したポーツマス講和会議の全権大使を務めた外交官の小村寿太郎が亡くなりました。

1952年 ヘディン死去…87年の生涯を中央アジアの探検にそそぎ、砂にうずもれた楼蘭の町や、インダス川の水源や、ヒマラヤ山脈の北にあるもう1つの山脈トランスヒマラヤなどを探りあてたスウェーデンのヘディンが亡くなりました。

今日11月25日は、西武流通グループ・セゾングループ代表などを歴任した実業家の堤清二(つつみ せいじ)が、2013年に亡くなった日です。堤は、辻井喬(つじい たかし)のペンネームで、作家・詩人としても活躍しました。

1927年、西武グループの創業者堤康次郎の子として生まれた堤清二は、東京府立十中、成城高校を経て、1951年に東京大学経済学部を卒業すると、衆議院議長だった父康次郎の秘書を務め、1954年に西武百貨店(現そごう・西武)に入社、翌年から取締役店長として百貨店経営にたずさわりました。

1964年、康次郎の死去に伴い、西武百貨店など西武グループの流通部門を継承すると、当時阪急百貨店会長清水雅に経営手法を学びながら、スーパーマーケット西友の業績を拡大させました。また1968年に西武百貨店渋谷店、翌69年に同池袋店を開店させて成功をおさめると、パルコの経営を展開するなど積極的な出店攻勢と「感性経営」といわれる演出も話題を呼ぶなど、1980年後半には当時百貨店売上高首位の三越を抜き、日本一の百貨店になるまで成長させました。また脱大衆文化と称し、DCブランドの展開、無印良品、ファミリーマート、雑貨のロフト、セゾンカード、FM放送のJ-WAVEなどの事業や、西洋環境開発を通じてホテル経営、リゾート開発へも乗り出すなど、100社以上を傘下に持つ「セゾングループ」を形成していきました。

さらに、海外有名ブランドの導入を積極的に推進し、エルメス、ポロ、イブ・サンローラン、アルマーニなどを百貨店に導入したほか、セゾン美術館など芸術活動を支援したり、倒産した大沢商会や吉野家をグループに組み入れ、見事に再建させるなど、マスコミも清二を「財界の若きプリンス」ともてはやすようになります。

しかしバブル崩壊により、金融機関からの借入金に頼った拡大路線が破綻してしまい、1991年に堤は、同グループ代表を辞任しました。2000年には西洋環境開発を清算する際に、100億円もの私財提供を余儀なくされました。また、2005年に西武鉄道グループを率いていた異母弟の堤義明が一連の不祥事で逮捕されると、義明への批判をしたり、異母弟の猶二と共に西武鉄道へ買収提案を行うなど、西武の創業者一族としての活動も展開しました。

一方、辻井喬のペンネームで小説や詩も数多く発表しています。とくに、1991年セゾングループ代表辞任後は精力的に作家活動を行い、1993年詩集『群青、わが黙示』で高見順賞、1994年小説『虹の岬』で谷崎潤一郎賞、『父の肖像』で野間文芸賞を受賞したほか、2000年には小説『風の生涯』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞するなど、作家や詩人としても高く評価されています。


「11月25日にあった主なできごと」

1890年 第一回帝国議会…明治憲法発布翌年のこの日、帝国議会が開かれました。議会は、貴族院と衆議院の2院からなり、貴族院議員は皇族・華族、多額納税者などから選ばれ、衆議院議員は、25歳以上の男子で国税15円以上を納める人に限定されていました。
 
1892年 オリンピック復活の提唱…フランスのクーベルタン男爵は、アテネで古代競技場が発掘されたことに刺激され、スポーツによる世界平和を築こうとオリンピック復活の提言を発表、オリンピック委員会が作られ、4年後に実現しました。

1970年 三島由紀夫割腹自殺…『仮面の告白』『金閣寺』『潮騒』など、ちみつな構成と華麗な文体で人気のあった作家の三島由紀夫が、アメリカに従属する日本を憂えて自衛隊の決起をうながすも受け入れられず、割腹自殺をとげました。

今日11月21日は、江戸時代後期に、加賀国(石川県)の海運業者で巨万の富をえた銭屋五兵衛(ぜにや ごへえ)三代目が、1852年に亡くなった日です。

1774年、いまの金沢に生まれた五兵衛(幼名・茂助)は、祖先が両替商を営んでいたために「銭屋」とよばれ、1789年に家督をついだことで三代目銭屋五兵衛となりました。両替商をはじめ醤油製造業、呉服・古着商をてがけ、1811年には加賀藩の認可を受けて海運業にも乗り出し、北前船(きたまえぶね)という廻船の繁栄とともに全国34か所に支店をもうけ、千石以上の持ち船20隻を含む200隻も所持していました。

そのやり方は、米の売買を中心に、蝦夷地(北海道)からニシンのしめかす、昆布などの海産物や大豆類を、津軽南部地方から木材などを買入れ、これを上方(大坂・京都など)で売り、上方で仕入れた木綿、紙、砂糖、畳表などを蝦夷や東北地方で売るというものでした。当時の商売の記録は、五兵衛の手記『年々留』に詳細に記されています。

さらに、天保年間(1830~43)には、加賀藩の執政だった奥村栄実(てるざね)に重く用いられ、藩が所有する商船の管理人となって、巨万の利を得ました。ところが奥村が亡くなったことで、改革派と対立するようになりました。1850年に河北潟の干拓・開発工事を請け負うものの、難工事の上に地域住民の妨害などにより工事は遅れ、完成をあせって埋め立てに石灰を使いました。毒ではないものの魚が窒息死したのを見た住民に、「毒を流した」といいたてられ、五兵衛は息子たち11名とともに投獄されて五兵衛は獄死、一族も処刑されて銭屋は絶えてしまったのでした。

なお、銭屋五兵衛は、外国との密貿易を行っていたということでもよく知られています。当時は鎖国体制下にあり、外国との交易は厳禁されていたものの、海外交易の必要性を痛感してい銭屋は、蝦夷地・択捉島・樺太でロシアと通商したほか、朝鮮、香港、アメリカ、オーストラリアなどと密貿易をしていたといわれており、確証はないもののある程度までは事実だったようです。

なお、歌舞伎に銭屋を主人公にした『銭屋五兵衛』『銭屋五兵衛父子』『海の百万石』などがあります。また、金沢市には「石川県銭屋五兵衛記念館」があります。


「11月21日にあった主なできごと」

1481年 一休死去…形式化した禅宗と僧侶たちを厳しく批判し、世間的な常識に真っ向から対立する奇行と人間味あふれる狂詩で世を風刺した室町時代の名僧・一休が亡くなりました。

1724年 近松門左衛門死去…江戸時代中期に人形浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎の作者として活躍した近松門左衛門が亡くなりました。

↑このページのトップヘ