児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2010年08月

今日8月31日は、明治時代初期に日本に招かれたドイツ人医師で、26年にわたって医学を教え、日本医学界の発展に尽くしたベルツが、1913年に亡くなった日です。

明治新政府ができたとき、欧米の進んだ文化や学問や技術をとりいれて、いち早く欧米に追いつきたいと考えました。そのために、たくさんの外国人教師を招きましたが、そのなかでも特に立派な人格と優れた指導力で、日本人に大きな影響力を与えたばかりでなく、日本文化の研究をして海外に紹介した人たちも少なくありませんでした。そんななかでも、ベルツは第一級の人物で、これまでの日本の医学が蘭学中心だったのに対し、明治以降の西洋医学がドイツ中心になったのも、ベルツの影響といってもよいようです。

1849年に、南ドイツのビーティヒ・ハイムで生まれたエルウィン・ベルツは、チュービンゲン大学で医学を修め、ライプツィヒ大学で臨床を学びました。見習軍医としてプロイセン・フランス戦争に従軍後に復学して医学博士となりました。たまたま、ライプツィヒ大学病院に入院中の日本人留学生を治療したことで日本との縁が生まれ、1876年、東京医学校(現在の東京大学医学部)の教師として招かれました。

当初ベルツは、生理学を教えていましたが、内科、産婦人科を講じるようになりました。さらに、皇室の待医や、明治の元勲といわれる政治家たちの診療をしています。日本滞在は、2年間の予定でしたが、日本が気に入って、1881年には日本人の妻花子と結婚し、一男一女をもうけました。

こうしてベルツは1905年に、妻を伴って帰国するまで29年間日本に滞在しましたが、この間に記していたのが有名な「ベルツ日記」です。明治時代前半の生きた文化史ともいわれ、皇室、政治家からはじまって、一般市民の風俗や文化、意識構造までも細かく観察、分析した第1級の史的資料とされています。

そして、ベルツの日本における最大の貢献は、ドイツ医学の「研究」の方法論を800人以上もの学生たちに伝え、日本に多発していた寄生虫病、脚気(かっけ)などの究明に手をつけたことでした。いわばヨーロッパが生み出した近代科学の思想と方法を日本に体系的に伝えた最初の外国人といってよいでしょう。


「8月31日にあった主なできごと」

1957年 マラヤ連邦独立…19世紀後半からイギリスの支配下にあったマラヤは、マラヤ連邦として独立宣言をしました。なお、マラヤ連邦は、1963年にイギリス保護国だった北ボルネオ他と統合し「マレーシア」となりました。

1997年 ダイアナ妃交通事故死…イギリスの元皇太子妃ダイアナが、パリ市内で不慮の交通事故で亡くなりました。

今日8月30日は、ニュージーランド出身・イギリスで活躍した実験物理学者で「原子物理学(核物理学)の父」と呼ばれるラザフォードが、1871年に生まれた日です。

すべての自然科学の研究のなかでも、特に注目されているのが原子や原子核についての研究です。その原子物理学のもとになる新しい考え方をいくつも生み出し、実験で証明して発展の道をきりひらいたのが、1908年にノーベル賞を受賞した、アーネスト・ラザフォードです。

1871年、ラザフォードはニュージーランドの開拓民の家に生まれました。小さいときから勉強熱心で、好奇心が人一倍強く、実験をしたり、道具の組みたてをするのが好きでした。

ニュージーランドの大学で学んだのち、1895年にイギリスへ渡り、ケンブリッジ大学のキャベンディシュ研究所に入学しました。すでに物理学の研究を生涯の仕事と決めていたラザフォードは、その熱心さが認められて、電子を発見したトムソン教授のもとで指導をうけることになりました。研究所でラザフォードが始めた実験は、エックス線を気体にあてて電離させる研究でした。

このころ世界では、現代の物理学の出発ともいわれるような発見がたくさんありました。ドイツの レントゲン のエックス線や、フランスのベクレルの放射線の発見などです。

ラザフォードも負けてはいません。1898年、カナダの大学に教授としてまねかれると、いままで以上に研究や実験をくりかえし、アルファ線、ベータ線の発見をしました。また、科学者ソディと協力して、これまで永久に変わらないものと考えられていた原子が、変化をするという画期的な考えも発表しました。

やがて、ふたたびイギリスにもどると、1911年には、アルファ線の散乱を調べて、原子が核をもつことも明らかにしました。トムソン教授のあとをついで、48歳のとき、キャベンディシュ研究所の所長になったラザフォードは、研究への情熱を、ますます燃えあがらせました。

ラザフォードは、自分だけの研究に没頭するのではなく、ラザフォードの指導のもとに、助手のチャドウィックが中性子の発見で、コッククロフトとウォルトンが加速器を使った元素変換の研究で、アップルトンが電離層の研究でそれぞれノーベル賞を受賞するなど、おおくの研究者のなかから、ノーベル賞受賞者を10人近くもだすほどでした。

研究と実験をかぎりなく愛し情熱をそそいだラザフォードは、研究活動が最高潮だった1937年の秋、とつぜん病気にかかり、66年の偉大な生涯を閉じたのでした。


「8月30日にあった主なできごと」

1748年 ダビッド誕生…フランスの古典派の代表的画家ダビッドが生まれました。(2008.4.4ブログ 「皇帝ナポレオンの戴冠」 参照)

1871年 国木田独歩誕生…「武蔵野」 「牛肉と馬鈴薯」 「源叔父」 などの著作をはじめ、詩人、ジャーナリスト、編集者として明治期に活躍した 国木田独歩 が生まれました。

1945年 マッカーサー来日…第2次世界大戦後、日本は連合国軍司令部(GHQ)の統治下におかれました。その最高司令官に任命されたのがアメリカのマッカーサー元帥で、神奈川県の厚木飛行場におりたちました。

今日8月27日は、インドのカルカッタにあるスラム街で「長期間にわたる献身的な働きにより、苦しみのなかにいる人々に安息をもたらした」としてノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサが、1910年に生まれた日です。今年は、テレサ生誕100年にあたります。

マザー・テレサの本名は、アグネス・ゴンジャ・ボワジュといい、旧ユーゴスラビア(現マケドニア)の古都スコピエの裕福な商人の家に生まれました。両親ともに熱心なカトリック信者で、アグネスも幼いころから教会へかよいました。12歳のときに、貧しさに苦しむインドという国があること、そこで献身的な行動をする宣教師の話を神父から聞き、いつか自分も、貧しい人たちのために生きたいと考えるようになりました。

18歳になったとき、アイルランドにあるロレット修道会が修道女をインドへ派遣していることを耳にしました。さっそく、両親に修道女になりたいと話すと、「もう二度と家にもどれない覚悟があるか」と聞かれ、しっかりうなずくのでした。こうしてダブリンの修道会本部へいき、志願する何人かのシスターたちと共にインドへ渡りました。 

2年後に「テレサ」に改名すると、ロレット修道会の経営する学校で先生になり、やがてこの学校の校長にまでなりました。ところが、1946年のある日、ヒマラヤにあるダージリンに向かう列車の中で、「貧しい人の中でも一番貧しい人たちのなかで神に仕えなさい」と内なる神の声を聞きました。この声こそが、その後のテレサの生き方を決定づけたといってよいでしょう。

ロレット修道会を出て、もっとも貧しい人々の中にはいることを決意したテレサは、カルカッタ大司教とローマ法王に修道会の外に出て活動する許可を求めました。でも、修道女が修道会の外に出ることは原則として許されません。テレサの熱心な願いは、ついに聞き届けられ、2年後に例外的に許可がおりました。

テレサが、カルカッタのスラム街に入っていったとき、ポケットにはわずか5ルピーがあるだけでした。テレサの活動は、地面に棒で文字を書いて字を教える青空教室から始まりました。わずか5人からスタートした教室も毎日のように新しい子どもが顔を見せ、1週間後には100人にふくれあがりました。テレサのうわさをきいたロレット修道院時代の教え子も仕事を手伝い、家を提供してくれる人やお金を寄付してくれる人も現われはじめました。このようにしてテレサの拓いた生活共同体は1950年、ローマ法王から、修道会「神の愛の宣教者会」として認可され、このころから「マザー・テレサ」と呼ばれるようになりました。「マザー」は指導的な修道女への敬称です。

1952年になるとテレサは、路上で死にそうになっている人や重症の人たち収容し、最期をみとる施設「死を待つ人々の家」を開設しました。ヒンズー教徒の多い住民の強い反対がおこりましたが、コレラで死にそうなヒンズー教徒の僧を引き取り、死をみとったことがきっかけになって、住民のテレサを見る目が変わっていきました。さらにテレサは、孤児救済のため「聖なる子供の家」を開設、ハンセン病患者専門の診療施設をつくるなど、献身的な活動をインド各地に広げていくのでした。

1979年「高貴な人間愛の象徴」としてノーベル平和賞を受賞したテレサの授賞式でのスピーチは、世界の人たちを感動させました。「私は皆さんが考えておられるようなノーベル平和賞の受賞者にはあたいしません。でも、だれからも見すてられ、愛に飢え、死にひんしている世界のもっとも貧しい人びとにかわって賞を受けました。私には、受賞の晩さん会は不要です。どうか、その費用を貧しい人たちのためにおつかいください」──と。

受賞後も、テレサの行動は少しも変わりませんでした。朝4時に起床、シスターたちといっしょに、路上生活者やごみ捨て場に捨てられた幼児を施設に連れてくるといった生活です。しかし、1996年頃から心臓発作を起こし始め、持病のマラリアも再発して、1997年9月貧しい人々へ愛を送り続けた87年の生涯を終えました。葬儀はインド政府による国葬として行われ、各国から1万人以上も参列し、人々が沿道をうめつくしたといいます。テレサがいかに宗教や民族を越えた偉大な人物であったかを物語っているかのようです。2003年には、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって、福者(聖人の次位者の称号)に列せられました。


「8月27日にあった主なできごと」

紀元前551年 孔子誕生…古代中国の思想家で、「仁」を重んじる政治を唱えたくさんの弟子を育てた 孔子 が生まれたといわれます。

663年 白村江の戦い…当時朝鮮半島では、新羅(しらぎ)が唐(中国)の力を借りて、百済(くだら)と高句麗(こうくり)を滅ぼして半島を統一しようとしていました。百済から援軍を求められた斉明天皇は、日本水軍を援軍に送りましたが7月に病没、かわって中大兄皇子が全軍の指揮にあたりましたが、この日、白村江(はくすきのえ)で、新羅・唐軍を迎え撃って奮闘しましたが、翌日に敗れてしまいました。

1714年 貝原益軒死去…江戸時代の初期、独学で儒学、国文学、医学、博物学を学び、わが国はじめての博物誌 「大和本草」 などを著わした 貝原益軒 が亡くなりました。

1859年 安政の大獄…大老 井伊直弼 は、水戸の徳川斉昭を永蟄居(ながのちっきょ)、15代将軍となる徳川慶喜(よしのぶ)を隠居謹慎を命じました。これを恨んだ水戸浪士たちは、翌年3月桜田門外で井伊直弼を暗殺しました。

1957年 日本初の原子の火…茨城県東海村にある原子力研究所の原子炉で、初めて「原子の火」が灯りました。この原子炉は、ウランなどが原子核反応によって得たエネルギーを、発電用に利用するために建設されたものです。

1969年 「男はつらいよ」第1作公開…山田洋次監督・渥美清主演の映画シリーズ「男はつらいよ」第1作が公開されました。シリーズは48作にもおよび、国民的映画シリーズとなって、ギネスブックの世界最長記録にも認定されました。

今日8月26日は、従来の化学理論を次々と正し、実験で証明したフランスの偉大な科学者ラボアジエが、1743年に生まれた日です。しかし1789年にはじまったフランス革命によって命を奪われた悲劇の人でした。

アントワーヌ・ローラン・ラボアジエは、パリの恵まれた家庭に生まれました。父は弁護士で、母も弁護士の家に育った人です。幼いころから名門校に通い、すぐれた教育をうけたラボアジエは、勉強が何よりもすきだという少年時代を過ごし、やがて大学にすすんで、法律を学びます。

しかし、関心はしだいに自然科学の方面へむいていきました。化学をはじめとして地質学、植物学、天文学など、広く学びました。23歳の時、早くも都市の夜間照明についての論文を書いて、化学アカデミーから金メダルを受賞しました。ラボアジエが手がけた研究は、いろいろな分野にまたがっています。その中でも、元素の研究は、近代科学の橋渡しとなった、もっとも輝かしい業績です。

それまでは、火と水と土と空気の4種類が元素であると信じられていました。ラボアジエは、さまざまな実験をくり返し、4元素説が間違いであることを証明しました。そして、新たに酸素、窒素、水素など30種の元素が存在していることを確かめました。ラボアジエが、これらの研究結果をもとに出版した『化学教科書』は、近代科学の道しるべとして高い評価をうけました。

ラボアジエの活躍によって、化学は急速な進歩をとげました。しかし、社会のしくみやしきたりは、古い形で根強く残っていました。人びとは、不合理な制度にしばられて、苦しい生活にひたすら耐えていました。多くの不公平は、少しも改善されずに、不満はふくれ上がるばかりでした。そして、人びとの不満は、絶対王政へのはげしい敵意となって、フランス革命に発展しました。きびしい追及が始まり、ラボアジエにまで非難がおよびました。ある時期、徴税請負人という、税金をとりたてる仕事をしていたからです。どんなに貧しく困っている人からも、むりやり集金していくので、たいへん憎まれた職業でした。

ラボアジエは、革命の嵐にまきこまれ、1794年51歳の年に断頭台で処刑されてしまいました。学者をはじめとして多くの人が、ラボアジエの死を悔やみました。フランス国民は、とり返しのつかないことに気がつき、罪人の名をとり消して、ねんごろに葬儀を営んだそうです。


「8月26日にあった主なできごと」

1789年 フランス人権宣言の採択…フランス革命で、バスティーユ牢獄の襲撃をはじめその後の動乱が落ち着いたこの日、国民議会は憲法の前文にあたる「人間と市民の権利宣言」(人間宣言)を採択しました。アメリカの独立宣言を範としたこの宣言は17条からなり、権利の平等、人間が当然の権利として持つ自由、主権在民、思想・言論の自由、所有権、安全、圧政に対する抵抗権の確認などの原則が示されています。この民主主義の考え方は、新しい市民社会の原理となりました。

今日8月25日は、人を愛し敬う心を大切にし、母に孝養をつくして 「近江聖人」 とその徳望が慕われた江戸時代の儒学者・中江藤樹(なかえ とうじゅ)が、1868年に亡くなった日です。

中江藤樹は、江戸幕府が開かれてから5年後の1608年に、近江国(滋賀県)で生まれました。父は農民でしたが、藤樹は8歳で、武士の祖父のもとへ養子としてひきとられました。そして、6年ののちに祖父が亡くなると、祖父にかわって、伊予(愛媛県)の大洲藩につかえるようになりました。

藤樹は、子どものころから学問が好きでした。10歳をすぎたころから、中国の孔子の教えを説いた儒学を学び、人間が守らなければならない道を、深く考えるようになりました。学問の力がみとめられて、わずか18歳で村の政治や裁判をつかさどる郡奉行にとりたてられたとき、藤樹の前にでたものは、だれもうそがつけなかったということです。

ところが1634年、26歳の藤樹は大洲藩をしりぞいて、生まれ故郷の近江へ帰ってしまいました。父はすでに亡くなり、近江には母がいました。藤樹は、母へ孝行をつくすために近江へ帰りたいという願いを、藩へだしたのです。でも、藩は、藤樹の才能を惜しんで、その願いを許しませんでした。そこで、ひそかに藩をぬけだして、母のもとへ帰ってしまいました。 しかし、ほんとうは、このとき藤樹は、学問をあまり重くみない武士の生活が、いやになっていたのだろうといわれています。

武士を捨てた藤樹は、家で酒を売って母をやしないながら、塾を開いて、村の人びとに学問を教え始めました。

藤樹は、だれにも親切に、人間の正しい生きかたを説き聞かせました。そして、自分は、秩序正しい社会をきずくための人の道を教える朱子学を学んだのち「人の道は、知るだけではいけない。正しいことを知ったら、すぐ実行しなければいけない」と説く陽明学へ進み、やがては日本の陽明学をうちたてました。

藤樹の名は広まり、たくさんの弟子が集まりました。のちに陽明学の大家になった熊沢蕃山も、そのひとりでした。蕃山が弟子入りにきたとき、藤樹は、自分は田舎ものの学者にすぎないことを告げて、ことわりました。でも、蕃山は、ひと晩じゅう外にすわったまま立ち去ろうとせず、ついに藤樹は、その熱心さに心をうたれて入門を許したということです。

藤樹は、『翁問答』『鑑草』などおおくの本を残して、40歳で亡くなりました。 弟子を大切にした教育者でした。


「8月25日にあった主なできごと」

1543年 鉄砲伝来…ポルトガル人二人をふくむ100人以上も乗せた大きな船が九州の種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えました。(2008.8.25 ブログ参照) 

1830年 ベルギー独立革命…ベルギーの中心都市ブリュッセルの劇場で演じられていたナポリの独立闘争のオペラに刺激されて、ベルギーのオランダからの独立革命がおこりました。たちまち各地に運動が飛び火して10月に独立宣言がなされ、年末までにオランダをのぞくヨーロッパの列強は、ベルギーの独立を認めました。

1944年 連合軍のパリ解放…北フランスのノルマンディー上陸に成功した連合国は、ドイツ軍と激しくたたかいフランスの首都パリに入るとドイツ軍は降伏、パリは解放されました。解放運動の指導者 ド・ゴール が凱旋門に現われると、パリ市民は熱狂的な歓声で迎え、パリは4年ぶりにパリ市民の手にもどりました。

↑このページのトップヘ