児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

2006年11月

● 教室の窓から逃げ出して城跡にねころぶ

啄木は5歳で小学校へ入学しました。父 (村の寺の住職) に早くから読み書きを教わってきた啄木は、わが子を自慢に思う父の計らいで、人よりも1年早く入学したのです。
1年のときは病弱で欠席が多かったため、あまりよい成績ではありませんでしたが、2年、3年と成績順位は上がり、尋常科卒業の4年のときにはクラスの中で1番でした。そして、このころから、のちに 「なんとなく自分をえらい人のように思いいたりき、子供なりしかな」 と歌っているように、自分はほかの子とは違うのだと思うようになっていきました。自分の才能への自信、これが歌人石川啄木を生む大きな力になっていったのです。
10歳で入学した高等小学校でも1~3番、とくに作文力にすぐれ、担任の教師から 「石川の作文は学校に残しておきたい」 と、いつも取り上げられました。このことも文才への自信につながっていきました。
ところが、盛岡中学へ進んだ啄木は、軍人になることを考えました。
男はだれもが軍人を夢みる時代だったからでしょう。「軍人になると言い出して、父母に苦労させたる昔の我かな」 と歌っています。
しかし、2年上の及川古志郎 (のちの海軍大将) の家へ遊びにいくようになって、軍人の夢を捨てました。及川家にあった、山のような古典文学にふれて文学熱に火がついたのです。それからというもの 「教室の窓より遁げてただ1人、かの城址に寝に行きしかな」 の歌のとおり、教室をぬけでてもの思いにふけるようになりました。

石川啄木(1886~1912)──貧困と病気の生活のなかで、歌をよみつづけた明治期の歌人、詩人。

詳しくは、いずみ書房のホームページにあるオンラインブック「せかい伝記図書館」をご覧ください。近日中にアップする予定ですので、ご期待ください。

● 船で商売の旅にでた父を、ひたすら待ち続ける

マルコポーロは、15歳になるまで、父の顔を知りませんでした。
父は、マルコがまだ母のお腹の中にいるときに船で商売の旅にでたまま、もどってこなかったのです。
マルコは、母から父の話を聞き、いつもベネチアの港へ行って、心にえがいた父を待ちました。14歳のときに母が亡くなり、ひとりぼっちになりました。マルコは、それまで以上に海の向うをみつめて父を待ちつづけました。
15年ぶりにもどってきた父は、心にえがいたとおり、たくましい船乗りでした。マルコは、これまでのさみしさを忘れました。ところが父が再婚し、継母を迎えることになり、またもさみしい日を送らねばなりませんでした。
しかし、10数年ものあいだ見知らぬ東の国ぐにを旅してきた父は、マルコの誇りでした。そして、そんな父から胸がわくわくする冒険の話を聞くのが、なによりも楽しみでした。
ある日、マルコは目を輝かせて父に言いました。
「ぼくも、海の向うの知らない国へ行ってみたい。どんなことにも負けないから──」
こうして、マルコは17歳のときに父といっしょに船に乗り、25年間もの冒険の旅をつづけることになりました。そして、その旅を1冊の本にまとめあげたものが『東方見聞録』です。

マルコポーロ(1254~1324)──25年ものあいだ命がけの旅をつづけ『東方見聞録』を残したイタリアの商人。

詳しくは、いずみ書房のホームページにあるオンラインブック「せかい伝記図書館」をご覧ください。
http://www.izumishobo.co.jp/onlinebook/c02_denki/maruko/index.html

● ぼうしも菓子もすてて逃げた

小学校へ行きはじめたダーウィンは、山や森で、虫や鳥をかんさつするのが、とくいでした。でも、ふだんは、ほかの子どもよりも、すこし、ようちでした。
ある日のこと、ひとりのいたずらっこの友だちが、ダーウィンをお菓子屋へつれていくと、お菓子をかったのに、お金をはらわないで店をでてきました。そして、ふしぎに思っているダーウィンに、いいました。
「ぼくの、おじさんがお金もちだから、このぼうしを、こんなふうにふると、お金をはらわなくてもいいようになっているんだ。ぼうしをかしてやるから、きみも、やってみたらどうだい」
よろこんだのはダーウィンです。ダーウィンは、店へいくと、ぼうしをふりながら、お菓子をにぎって、店からでてきました。ところが、大きな声におどろいてふりむくと、お菓子屋の主人が、目をつりあげて追いかけてきます。さあ、びっくりしたダーウィンは、お菓子も、ぼうしもなげだして、いちもくさんに逃げました。
これを見て、友だちがわらっています。店の主人は、その友だちの家を知っていて、その子だけは、お金は、あとではらえばいいようになっていたのをダーウィンは知らなかったのです。ダーウィンは、このときほど、びっくりしたことはありませんでした。

ダーウィン(1809~1882)──生物は、下等なものから高等なものへと進化したことをとなえたイギリスの博物学者。

詳しくは、いずみ書房のホームページにあるオンラインブック「せかい伝記図書館」をご覧ください。近日中にアップする予定ですので、ご期待ください。

● カレイになるといわれ、岩の上でカレイになるのを待っていた

良寛は、子どものころの名を栄蔵といいました。
ある日のことです。夕方になっても外へ出たまま栄蔵がもどってきません。母は、家のものといっしょに、あたりをさがしました。
すると栄蔵は、もう薄暗くなった海岸の岩の上に、海のほうを向いて、ひとりですわっていました。
その日、父に叱られた栄蔵は、くやしさのあまり父をにらみかえすと 「いつまでもそんな目をしているといい。おまえは、きっとカレイになってしまう」 と言われ、もう自分はカレイになってしまうと思いこんで、岩の上でカレイになるのを待っていたのです。
栄蔵は、そんな素直さをもった少年でした。それに、本を読むのがなによりも好きでした。
村祭の夜のことです。いつも家で本ばかり読んでいるのを心配した母は、栄蔵に祭にでも行ってくるようにすすめました。
さて、もう祭も終りになる時刻、母がふと庭を見ると、明りのついた石どうろうのかげに、だれかがいます。母はなぎなたを持ちだすと、そっと石どうろうに近づきました。
ところが、そこにいたのは栄蔵です。祭に行くふりをして家を出た栄蔵は、石どうろうの明りで本を読んでいたのです。
人を信じ、ものごとを深く考える栄蔵は、15歳のころから手つだっていた家の名主の仕事を17歳でやめ、出家して僧になってしまいました。権力をもち年貢をとりたてる名主になるのをきらい、父と母の反対をおしきって、仏の道へ入っていったのです。

良寛(1758~1831)──自然や子どもを愛しながら歌の道に生きた僧。

詳しくは、いずみ書房のホームページにあるオンラインブック「せかい伝記図書館」をご覧ください。近日中にアップする予定ですので、ご期待ください。

● 人一倍つよかった負けん気

小学生のころのケネディは、偉人の伝記を読んだり、国の歴史の本を読んだりして、ひとりで静かに考えてすごすのがすきでした。しかし、負けん気は人いちばいつよく、ふたつ年上の兄とレスリングやボクシングをしては、負けても、負けても、兄にむかっていきました。ふたりが、公園の広場をそれぞれ反対に走って1周してくる自転車競走では、死にものぐるいにペダルをふんで、ついにゴールで兄の自転車と正面しょうとつして大けがをしたこともありました。
造船所の副支配人をしていた父は、ふたりの子どもが戦っているときは、弟のケネディが、どんなに投げとばされていても、どんなになぐられていても、けっしてとめません。
「どちらも負けるな。さいごまで戦うのだ」
「どんなことも1番になれ。2番は負けだ」
兄もケネディも、いつも父から、こう言い聞かされていたのです。でも、兄弟の仲が悪かったのではありません。血がでるほど戦ったあとでも 「よくがんばったなあ」 「このつぎは負けないからね」 といいながら握手するほどの、仲のよい兄弟でした。こんな負けずぎらいと、やさしさが、大統領への道を歩ませたのです。

ケネディ(1917-1963)──人間の自由を愛し「勇気ある戦い」に生きて、46歳の若さで凶弾にたおれた悲劇のアメリカ大統領。

詳しくは、いずみ書房のホームページにあるオンラインブック「せかい伝記図書館」をご覧ください。
http://www.izumishobo.co.jp/onlinebook/c02_denki/kennedy/index.html

↑このページのトップヘ