● 今日(6月17日)の主なできごと

1869年 版籍奉還……明治新政府は、藩の土地(版)と人民(籍)をこれまで治めていた藩から、天皇に返す「版籍奉還」を開始した。

1877年 モース来日……アメリカの動物学者のモースが来日し、縄文時代の貝塚「大森貝塚」を発掘したことがきっかけとなって、日本に近代科学としての考古学がスタートした。

1972年 ウォーターゲート事件……ワシントンのウォーターゲートビルにあるアメリカ民主党本部に、盗聴器をしかけようとしていた5人組がこの日、逮捕された。共和党のニクソン大統領が、次の大統領選に有利にするため、相手方の様子を知ろうとしたためとされ、1975年8月、ニクソンは大統領辞職に追いこまれた。

2009年 辻井伸之優勝……アメリカのヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、盲目のピアニストとして知られる辻井伸行が日本人初優勝。


● 今日の主な記念日・恒例日

砂漠化および干ばつと闘う国際デー……1994年のこの日、「国連砂漠化防止条約」が採択されたことから、1995年の国連総会で制定。


● 今日生まれた人

1239年 エドワード1世……イギリス(イングランド)王。ウェールズを制圧し、法治国イギリスの基礎を築く。

1818年 グノー……フランスの作曲家。代表作 『ファウスト』『賛歌と教皇の行進曲』など。

1832年 クルックス……イギリスの化学者・物理学者。タリウムの発見や陰極線の研究に成果。

1869年 藤原銀次郎……大正・昭和期の実業家。「製紙王」

1882年 ストラビンスキー……ロシアの作曲家。代表作 バレー曲『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』など。

1920年 原節子……昭和期の映画女優。代表作『わが青春に悔なし』『青い山脈』『東京物語』『秋日和』など。


● 今日亡くなった人

1611年 堀尾吉晴……安土桃山・江戸時代前期の武将。

1857年 阿部正弘……江戸時代後期の幕府老中首座。安政の改革を断行。

1863年 箕作阮甫……江戸時代後期の蘭方医・蘭学者。医書のほか多分野の訳書。

1984年 中川信夫……昭和期の映画監督。代表作『エノケンのとび助冒険旅行』『東海道四谷怪談』
『地獄』など。

1985年 谷口雅春……大正・昭和期の宗教家。「生長の家」創始。

1990年 出門英……昭和期の歌手。男女デュオ「ヒデとロザンナ」を結成し、『愛の奇跡』『愛は傷つきやすく』などヒット曲連発。

1991年 永井智雄……昭和・平成期の俳優。「事件記者シリーズ」などの映画、「水戸黄門シリーズ」などのテレビドラマで活躍。

1994年 村山リウ……昭和・平成期の評論家。著書『源氏物語のすすめ』『女の自立 「源氏物語」から学んだこと』など、「源氏物語」の解説で知られる。

2001年 金井大……昭和・平成期の俳優。『水戸黄門』などの時代劇テレビドラマの悪役で有名。

2009年 中町信……昭和・平成期の推理作家。代表作『新人文学賞殺人事件』『十和田湖殺人事件』『模倣の殺意』など。

2010年 北野弘久……昭和・平成期の法学者。代表作『現代企業税法論』『日本税制の総点検』『納税者の権利』など。


● 過去のマイブログ「6月17日」のテーマ

2015年 「模範議会」 のエドワード1世
ウェールズを制圧し、騎士と市民の代表を議会に参加させるなど、法治国イギリスの基礎を築いたエドワード1世が、1239年に生まれた日です。フランス貴族の流れをくむ「プランタジネット朝」のイングランド王ヘンリー3世の長男として生まれたエドワードは、1265年に父王と貴族との間に争いがおきたとき、貴族派の指導者でイギリス下院を創設したシモン・ド・モンフォールや改革派の諸侯と「イーブシャムの戦い」に勝利し、国王の権威をとりもどしました……。

2014年 「製紙王」 藤原銀次郎
倒産寸前だった王子製紙を再建し、巨大製紙企業につくりあげた実業家で、政界、教育界にも力を尽くした藤原銀次郎(ふじわら ぎんじろう)が、1869年に生まれた日です。現在の長野市に、藍問屋を営む豊かな農家に生まれた藤原銀次郎は、16歳のとき医者になることを条件に上京しました。しかし、医学の道には進まず慶応義塾に入って1889年に卒業後、島根県の地方紙「松江新報」の新聞記者になりました。ところが社が経営不振におちいったことで、藤原は社を引き受けて社長兼主筆となったものの、用紙の入手にてこずって再建に失敗し、帰京しました……。

2013年 「安政改革」 の阿部正弘
幕末に幕府の老中首座として日米和親条約を結び、安政改革を断行した阿部正弘(あべ まさひろ)が、1857年に亡くなった日です。1819年、備後(広島県)福山藩主で、当時幕府の老中だった阿部正精(まさきよ)の6男として江戸藩邸に生まれた阿部正弘は、1836年18歳のとき福山藩主となり、1840年には幕府の寺社奉行にばってきされました。寺社奉行として3年余の働きが高く評価された正弘は、1843年わずか24歳で、幕府最高の要職老中に任じられ……。

2011年  現代音楽の父・ストラビンスキー
3大バレー曲『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』など、20世紀音楽最初の巨人作曲家といわれるストラビンスキーが、1882年に生まれた日です。イーゴル・ストラビンスキーは、帝政ロシアの首都だったペテルブルク(現サンクトペテルブルク)近郊に生まれました。マリンスキー劇場の主役歌手だった父は、幼いころからストラビンスキーにピアノや作曲を教えましたが、音楽家にする気はなく、ペテルブルク大学で法律を学ばせました……。

2010年  日本考古学の父・モース
アメリカの動物学者のモースが1877年に来日した日です。モースが、縄文時代の貝塚「大森貝塚」を発掘したことがきっかけとなって、日本に近代科学としての考古学がスタートしました。1838年、アメリカの最東北部メイン州のポートランドに生まれたエドワード・モースは、学校の成績はかんばしくありませんでしたが、13歳ごろから採集しはじめた貝類の標本は、学者が見学にくるほど立派なものでした。その後も貝の研究に熱中し、1857年には新種のカタツムリを博物学協会誌に発表するほど、貝の研究家として注目されるようになりました……。

2009年  版籍奉還のはじまり
明治維新によって260年つづいた徳川幕府が倒れ、明治新政府が誕生しました。そして、藩の土地(版)と人民(籍)をこれまで治めていた藩から、天皇に返すという「版籍奉還(はんせきほうかん)」が、1869年のこの日からはじまりました。明治新政府の急務は、幕藩体制の解体を行い、王政復古の実質的な完成をめざすことでした。そのためには、各藩主が支配する土地と人民を、政府が支配しなくてはなりません……。

2008年  [おもしろ民話集 45] うかれバイオリン
むかし、ある農家で働いている若者がいました。若者はとても正義感の強い働き者で、つらい仕事でもいやな顔ひとつせずに、3年がすぎました。ところが主人はとてもけちな人で、若者に給料をはらいませんでした。そんなある日、若者は 「だんなさま、3年も働いたのですから、少しは給料をくれませんか」 と、思いきっていいました。すると主人は 「わかった。わしは前からたっぷりやりたいと思っていたところだ。さぁ、手をお出し。1年に銅貨を1枚、全部で3枚。大ふんぱつだ」 若者はこれまで、お金をもらったことがなかったので、よろこんで農家をあとにしました……。

2005年  キャメロン・ハイランド
私の趣味は何かといわれれば、迷うことなく「作曲」と答える。作曲といっても、私は専門の音楽教育をまったく受けたことがなく、自己流でおぼえたギターをかきならしながら、メロディづくりをするレベルである。20代のはじめの頃は、結構歌づくりにはまりこみ、高校時代の友人K君らと作詞・作曲のコンビを組んで100曲以上もこしらえ、この道で飯が食えたらいいなと夢想したこともあった……。