● 今日(11月2日)の主なできごと

1934年 アメリカ大リーグ選抜野球チーム来日……この日、ベーブ・ルースらアメリカ大リーグ選抜野球チームが来日した。4日から13日まで全日本チームと対戦し、アメリカが18戦全勝、圧倒的な力の差を見せつけた。この時の全日本チーム選手を中心とした19名は、12月に大日本東京野球倶楽部を結成、今の巨人軍の前身となった。

1973年 トイレットペーパー買いだめ騒動……10月におきた第4次中東戦争が引き金となり、第1次オイルショックと呼ばれる石油価格高騰がおこり、品不足への不安から全国のスーパーにトイレットペーパーを求める主婦が殺到した。


● 今日の主な記念日・恒例日

キッチン・バスの日(家庭文化の日)……Kitchen-BathのK・Bがアルファベットの11番目・2番目でもあることにより、「文化の日」の前日のこの日を「家庭文化のあり方を考える日」にしたいと、キッチン・バス工業会が制定。

阪神タイガース記念日……1985年のこの日、日本シリーズで阪神タイガースが西武ライオンズを破り、38年ぶり、2リーグ制後初の日本一になったのにちなみ、タイガース後援会他が制定。


● 今日生まれた人

1288年 後醍醐天皇……鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇。「建武新政」実施、南朝政権(吉野朝廷)樹立。

1755年 マリー・アントワネット……フランス国王ルイ16世の王妃。フランス革命の際に国外逃亡に失敗し、処刑される。

1815年 ブール……イギリスの数学者・論理学者。「ブール代数」提唱。

1890年 岸田国士……明治・大正・昭和期の劇作家・評論家・小説家。


● 今日亡くなった人

1714年 柳沢吉保……江戸時代前・中期の大名。徳川綱吉の側用人。元禄期には大老格として幕政主導。

1942年 北原白秋……明治・大正・昭和期の童謡作詞家・詩人・歌人。代表作『赤い鳥小鳥』『あわて床屋』『からたちの花』など。

1950年 バーナード・ショー……イギリスの劇作家・評論家・政治家・ジャーナリスト。代表作『ピグマリオン』『聖女ジョウン』『ウォレン夫人の職業』など。

1957年 徳富蘇峰……明治・大正・昭和期のジャーナリスト・政治評論家・史論家。徳冨蘆花の兄。

1966年 荒木貞夫……大正・昭和期の政治家。陸軍大将・陸軍相・文相を歴任。

1980年 山川菊栄……大正・昭和期の評論家・婦人問題研究家。


● 過去のマイブログ「11月2日」のテーマ

2015年 「女性論壇の第一人者」 山川菊栄
戦前には、わが国女性解放運動の思想的原点といわれる数々の評論集を著し、敗戦後は、初代婦人少年局長になって女性・年少労働者の保護行政の基礎固めをした婦人問題研究家・評論家の山川菊栄(やまかわ きくえ)が、1980年に亡くなった日です。1890年、開明的官僚の森田龍之助を父に、水戸藩儒学者の娘を母に東京に生まれた菊栄は、東京府立二女を経て、1912年女子英学塾(現津田塾大学)を卒業……。

2012年 「おもしろ古典落語」92回目 『水屋(みずや)の富(とみ)』
江戸時代には、本所、深川といった土地の低いところでは、井戸を掘っても塩気があったりして、飲み水には適していません。そこで、多摩川上流の水を船でくみ込んで運び、河岸についた水をかついで、長屋のおかみさんに売りにいく水屋という商売がありました。でも、この商売は、身体のつらいわりにはあまりもうかりません。ある若い水屋が腕組みしながら、ひとりでぼやいています……。
 
2011年 「側用人政治」の 柳沢吉保
江戸時代の元禄期に、5代将軍綱吉の寵愛をえて、大老格として幕政を主導した柳沢吉保(やなぎさわ よしやす)が、1714年に亡くなった日です。1658年、上野国(群馬県)館林藩・勘定奉行の晩年の庶子して生まれた吉保は、幼いころから、館林藩主だった 徳川綱吉の小姓として仕えました。1680年に綱吉が、実兄の4代将軍徳川家綱の将軍の後継として江戸城に入ると……。

2010年 『暖流』 の岸田国士
小説家として『暖流』『双面神』などの作品、劇作家として『牛山ホテル』『チロルの秋』などの戯曲を著し、評論家・翻訳家・演出家としても活躍した岸田国士(きしだ くにお)が、1890年に生まれた日です。1938年4月から9月まで『朝日新聞』に連載された、代表作『暖流』の内容は、次の通りです。東京の山の手に志摩病院という大病院がありましたが、院長は病床にあり病院の経営は乱脈をきわめていました……。