今日12月10日は、江戸時代後期の尼僧で歌人・陶芸家の大田垣蓮月(おおたがき れんげつ)が、1875年に亡くなった日です。

1791年、伊賀国上野の城代家老の子として京都に生まれた蓮月(本名・誠[のぶ])は、生後まもなく京都知恩院の坊官大田垣光古(てるひさ)の養女となりました。7、8歳のころから、丹波亀山城主松平家に奉公し、やがて1807年、養父光古が養子に迎えた望古(もちひさ)と結婚し、1男2女をもうけましたが、いずれも幼くして亡くなった上、1815年には望古も亡くなってしまいました。

4年後の1819年、ふたたび光古が養子に迎えた古肥(ひさとし)と再婚、1823年には夫が死別したため仏門に入ることを決め、出家して蓮月を名乗りました。養父も亡くなったため、蓮月は生まれ育った知恩院を去って、岡崎村(今の京都市左京区)に移りました。その後の蓮月は住居を転々とし、聖護院村、方広寺大仏そば、北白川の心性寺、西賀茂村など、「屋越し蓮月」と呼ばれるほどの引越し好きとして知られ、85歳で亡くなったときは、西賀茂の神光院でした。

蓮月は、幼い時から和歌に親しみ、歌道を正式に千種有功に学び、のちに香川景樹、小沢蘆庵らに私淑したといわれています。出家して岡崎村で暮しはじめたころから、陶芸により生計をたて、自作の焼き物に自詠の和歌を釘彫りで施した作品は「蓮月焼」と呼ばれ、京のお土産として人気を博すほど評判になりました。歌文集に『海人(あま)の刈藻(かるも)』があり、幕末京都女流歌人を代表する一人とされています。代表作には次のような作品があります。

はらはらと 落つる木の葉にまじりきて 栗の実ひとり 土に声あり
山里は 松の声のみ聞きなれて 風ふかぬ日は さびしかりけり
木の間より ほの見し露のうす紅葉 おもひこがるる 始めなるらむ

なお、オンライン和歌集「千人百首」には、36首が解説付きで紹介されています。

蓮月自身は、質素な生活を生涯続け、飢饉の際には匿名で奉行所に寄付したり、資財を投じて賀茂川に丸太町橋を架けるなど、慈善活動に勤しみました。また、若き日の富岡鉄斎を侍童として暮らし、鉄斎の人格形成に大きな影響を与え、幕末の志士頼三樹三郎や梅田雲浜らとも親交したといわれています。


「12月10日にあった主なできごと」

1896年 ノーベル死去…ダイナマイトを発明したスウェーデンの化学技術者ノーベルが亡くなりました。「人間のためになると思って苦労して発明したものが、人々を不幸にしている」── そう気づいたノーベルは、死ぬ前に遺言を書きました。「財産をスウェーデン科学学士院に寄付するので、そのお金の利子を人類の平和と進歩のためにつくした人に賞として贈ってほしい」。こうしてノーベルの死後5年目の1901年から、遺志にしたがって「ノーベル賞」を贈ることがはじまり、命日であるこの日が授賞式となりました。
なお、最近の日本人のノーベル賞は、2012年にiPS細胞を作製し再生医療実現に道を開いた山中伸弥(医学・生理学賞)に続き、昨年は青色発光ダイオード(LED)の開発と商品化により、赤崎勇・天野浩・中村修二の3名(物理学賞)が受賞しました。そして今年は、線虫の寄生による感染症に対する治療法発見などにより大村智(医学・生理学賞)とニュートリノ振動の発見により梶田隆章(物理学賞)が受賞、日本生まれのノーベル賞受賞者は24名となりました。