今日7月8日は、『残照』『道』『黄山暁雲』『白馬の森』などを描いた昭和を代表する日本画家で最高峰の一人といわれる東山魁夷(ひがしやま かいい)が、1908年に生まれた日です。

船具商を営む家の次男として横浜市に生まれた東山魁夷(本名・新吉)は、父の仕事の関係で3歳の時に神戸に転居。旧第二神戸中学の頃から画家を志し、1926年に東京美術学校(今の東京芸大)日本画科へ進学しました。特待生となり、在学中の1929年第10回帝展に『山国の秋』を初出品して入選を果たしました。卒業後は同校の研究所で、結城素明に師事しました。

1933年に私費でヨーロッパに遊学し、翌年に日独交換留学制度でベルリン大学に留学し、美学と美術史を学び、ドイツロマン派のフリードリヒやレンゲの感性に共感をもちます。また、休暇にイタリアやフランスの美術の古典群を見学して衝撃を受けるいっぽう、ファン・エイク、デューラー、クラーナハら北方ルネサンスの作品に刺激されました。

1945年に応召して熊本で終戦を迎えると、千葉県市川市に移り、1999年に亡くなるまで50年以上にわたってこの地で創作活動を続けました。1947年の第3回日展で『残照』が特選となり政府買い上げとなったことがきっかけになって、以降は、風景を題材に独自の表現を追求していきました。1950年に日展で発表した、前方へとまっすぐに伸びる道だけを描いた『道』、1955年の日展作品で日本芸術院賞を受けた『光昏(こうこん)』など、単純化を極めた画面構成に新機軸を示しました。北欧、ドイツ、オーストリア、中国にも取材し、次々と精力的に発表された作品は、平明ながら深い精神性をそなえ、幅広い支持を集め、1969年には文化勲章を受章。1973年からは、唐招提寺御影(みえい)堂障壁画の制作に携わり、1981年に完成させた『黄山暁雲』は、魁夷「畢生の大作」といわれています。

私にとっては、長野県善光寺に隣接する信濃美術館の「東山魁夷館」が1990年に開館したこと、特に『白馬の森』が評判となっていることを知り、1995年ころに訪問して大きな感銘を受けたことを思い出します。蒼くふるえるように動く森の奥に、幻想的に佇む白い馬。まさに、作者の心象風景なのでしょうが、この絵の前からしばらく動けないほどでした。そして、魁夷と親交のあった谷口吉生設計という木々と水に囲まれ、作者の何百という作品を際立たせるために創られたという個人美術館。こんな素晴しい美術館を生前に持てるとは、魁夷という人は何と幸せな人だろうかというのが、率直な感想でした。魁夷は、文章にも優れ、『わが遍歴の山河』『風景との対話』など多数の著書も遺しています。

なお、『残照』『道』など日展への出品作など65点は東京国立近代美術館が所蔵し、復員後から亡くなるまで暮らしていた千葉県市川市には、自宅に隣接した「東山魁夷記念館」が開館しています。その他、兵庫県立美術館が235点、香川県坂出市にある「東山魁夷せとうち美術館」が281点所蔵しているほか、魁夷の作品は、全国50か所以上の美術館で見ることができます。


「7月8日にあった主なできごと」

1621年 ラ・フォンテーヌ誕生…人間を動物におきかえた教訓話(寓話)で名高いフランスの文学者・詩人のラ・フォンテーヌが生まれました。

1979年 朝永振一郎死去…量子力学の研究の中から「超多時間理論」をまとめ、それを発展させた「くりこみ理論」を発明した功績によって、ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎が亡くなりました。

1994年 金日成死去…朝鮮半島の抗日運動家・革命家として活動、1948年9月にソ連の支援をえて「朝鮮民主主義人民共和国」(北朝鮮)を建国、同国を朝鮮労働党独裁によって支配し続けた金日成が亡くなりました。