今日5月29日は、江戸時代後期の蘭学者で、植物学、動物学、化学などを、新造語をこしらえて初めて体系的に紹介した宇田川榕庵(うだがわ ようあん)が、1846年に亡くなった日です。

1798年、大垣(岐阜県)藩医の長男として江戸で生まれ育った榕庵は、14歳の時に、父の師匠である津山(岡山県)藩医宇田川玄真にその才能を見出されて養子となりました。養父の手ほどきを受けて漢方医学を学ぶかたわら、山野を歩いて本草学に親しみ、1814年にはオランダ通詞(通訳)から本格的に蘭学を学びはじめ、1817年に津山藩医となります。

1822年にお経形式で書いた初の植物学書『菩多尼訶(ぼたにか=植物学)経』を著し、幕府に重用されて1826年には天文台の翻訳員になってフランスのショーメル百科事典のオランダ語版訳書『厚生新編』を作成したひとりとして、亡くなる直前までこの仕事に取り組みました。

その間、養父玄真との共著で和漢にない西洋薬の『遠西医方名物考』、和漢にある薬の西洋式利用法をとく『新訂増補和蘭薬鏡』などの薬学書を出版したほか、動物学の項目を集めて整理した『動学啓原』や、リンネの分類による植物学のテキスト『植物啓原』、日本初の近代化学を体系的に紹介する大著『舎密(せいみ=化学)開宗』(内編18巻・外編3巻)を著しました。ここには、学術用語に新しい造語をこしらえて、酸素、水素、窒素、炭素、白金といった元素名を記すなど、後世に大きな影響を与えているばかりか、実験を行って確かめ、すでに近代的な論文、研究書のていをなしていると高く評価されています。

榕庵はこれらの出版に際し、上記以外にも元素、酸化、還元、溶解、分析といった化学用語、細胞、属といった生物学用語を考えだし、コーヒーを「珈琲」としたのも、榕庵が考案した『蘭和対訳辞典』で使われたのが最初といわれています。


「5月29日にあった主なできごと」

1917年 ケネディ誕生…わずか43歳で第35代アメリカ大統領となり、対ソ連に対し平和共存を訴え、こころざし半ばで暗殺されたケネディが生まれました。

1942年 与謝野晶子死去…明治から昭和にかけて歌人・詩人・作家・思想家として活躍した与謝野晶子が亡くなりました。

1953年 エベレスト初登頂…イギリス登山隊のヒラリーとシェルパのノルゲイが、世界最高峰のエベレスト(チョモランマ)の初登頂に成功しました。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット