今日5月28日は、『アメリカ版英語辞書』をはじめ『スペリング』などの教科書を著し、「アメリカの学問・教育の父」といわれるウェブスターが、1843年に亡くなった日です。

1758年、アメリカ建国13州のひとつコネティカット州ハートフォードの農園に生まれたノア・ウェブスターは、読書の好きな子どもで、独立戦争のさなかにエール大学に通学を始めるものの順調に授業が進まなかったため、独立戦争に参戦します。この体験から政治的な独立とともに、言語も独立すべきという精神基盤が作られました。1781年に法学位をとると、アメリカ各地の小学校に教師として勤務してみると、どの学校も、教科書の数が十分でない上に、イギリスの教科書で使いづらいことに気づきました。

そこでウェブスターは、1783~85年に「スペラー」(つづり)、「グラマー」(文法)、「リーダー」(読本)の3巻で構成された教科書を出版すると、アメリカじゅうで使われるようになり、1861年までに年間の販売数が100万部に到達したといわれています。とくに1巻目の「スペラー」は、1890年までに7千万部も売れ、聖書につぐベストセラーを記録するほどでした。

1793年にウェブスターは、ワシントン新政府との交流を深めるためニューヨークに移住して日刊紙や隔週誌を発刊しましたが、1800年以降は、コネチカット州ニューヘブンにもどって、『アメリカ版英語辞書』を書き始め、語源の調査のために、アングロサクソン語やサンスクリット語など26の言語を学びながら、地域によってまちまちなスペリングや発音、語法などを標準化することを願って、1828年に初版を刊行しました。収録語7万語のうち、1万2千語がこれまで辞書に収録されたことのない単語でした。

その後もたびたび改訂され、辞書の代名詞ともいえる『ウェブスター辞典』の基になり、今も改訂・増補されています。


「5月28日にあった主なできごと」

1634年 出島の建設開始…キリスト教の信者が増えることを恐れた江戸幕府は、ポルトガル人をまとめて住まわせるために、長崎港の一部を埋めたてた出島の建設を開始、2年後に完成させました。1639年にポルトガル人の来航を禁止してから無人になりましたが、1641年幕府はオランダ商館を平戸から出島に移転させ、オランダ人だけがこの島に住むことが許されました。鎖国中は、オランダ船が入港できた出島がヨーロッパとの唯一の窓口となりました。

1871年 パリ・コミューン崩壊…普仏戦争の敗戦後、パリに労働者の代表たちによる「社会・人民共和国」いわゆるパリ・コミューンが組織されましたが、この日政府軍の反撃にあい、わずか72日間でつぶれてしまいました。しかし、民衆が蜂起して誕生した革命政府であること、世界初の労働者階級の自治による民主国家で、短期間のうちに実行に移された革新的な政策(教会と国家の政教分離、無償の義務教育、女性参政権など)は、その後の世界に多くの影響をあたえています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット