今日6月29日は、ポーランドのピアニスト・作曲家で、第1次世界大戦後に発足したポーランド共和国の第3代首相をつとめたパデレフスキーが、1941年に亡くなった日です。

1860年、ポーランド東南部の村クリロフカ(現・ウクライナ)の貴族の家に生まれたイグナツ・パデレフスキーは、幼年期から音楽に興味を示し、個人教師についてピアノを学びました。1872年、12歳でワルシャワ音楽院に進学し1878年に卒業すると、しばらく母校でピアノを教えていましたが、より技術を向上させようと、1881年にベルリンに留学します。

1884年、まだ満足できないパデレフスキーは、ウィーン音楽院でレシェティツキーに入門、ピアノ演奏は、いっそう高度な域に達しました。そして、1887年にはウィーンでデビューを果たし、ヨーロッパ各地で演奏会を開催すると、大変な人気を集めるようになりました。特に1889年のパリ、1890年のロンドン会場では、観客を大熱狂に巻きこんだといわれ、ヨーロッパ中にその名がひびきわたりました。1891年には、アメリカ合衆国でも同様の人気を博し、パデレフスキーの名は、高水準のピアノ演奏のことを指すまでになりました。

1900年以降は、演奏ばかりか、作曲家としても有名になり、交響曲、協奏曲、ピアノ曲などたくさんの作品を遺しています、1909年にワルシャワ音楽院長に就任。演奏会の収益を、社会事業や寄付活動につぎこみ、貧しい農家の子女のための学校を開いたりしました。

第1次世界大戦がはじまると、ドイツ帝国やオーストリア・ハンガリー二重帝国に占領されていたポーランドは、独立を求めて戦っていました。パデレフスキーは、祖国独立のために努力を重ね、1918年に独立を果たしますが、首相がなかなか定着しません。国民に圧倒的な人気のあるパデレフスキーがかつぎだされて、1919年、ポーランド首相と外務大臣を兼務しました。ポーランドを代表して、ベルサイユ講和会議に出席したり、国際連盟ポーランド大使を勤めたりしました。

1922年に政治の道から引退して、演奏活動に復帰したパデレフスキーは、復帰後の最初の演奏会をニューヨークのカーネギー・ホールで催し、大成功を遂げました。やがて、アメリカ、スイスで生活するようになりましたが、第2次世界大戦が勃発すると、老骨に鞭打って国政に復帰、1940年には、ロンドンのポーランド亡命政府の指導者になりました。80歳の芸術家が、再びポーランド回復基金を発足させ、財源確保のために何度も演奏活動を行い、そんな演奏旅行のさなか、ニューヨークで亡くなりました。

代表曲は 『メヌエット』 で、「演奏会用ユーモレスク」(6曲)の第1曲目にあたる作品。本人も好んで弾いたそうで、今も人気のある愛らしい小品です。


「6月29日にあった主なできごと」

1866年 黒田清輝誕生…『湖畔』『読書』などの作品を描き、わが国の洋画の発展に大きな功績を残した画家 黒田清輝 が生まれました。

1903年 滝廉太郎死去…『荒城の月』『花』などの歌曲や、『鳩ぽっぽ』『お正月』などの童謡を作曲した 滝廉太郎 が亡くなりました。

1932年 特高の設置…特別高等警察(特高)は、日本の主要府県警の中に設置された政治警察で、この日に設置されました。警察国家の中枢として、共産主義者はもとより、自由主義者や宗教人にも弾圧の手をのばし、国民の目や耳や口を封じ、たくさんの人々を自殺においこみ、虐殺させた思想弾圧機構ともいえるものでした。