今日5月29日は、明治から昭和にかけて歌人・詩人・作家・思想家として活躍した与謝野晶子(よさの あきこ)が1942年に亡くなった日です。

与謝野晶子は、1878年、大阪府堺市の老舗の菓子問屋に生まれました。10代のはじめのころから店の手伝いをしながら、古典や、歴史書に親しみ、地元の女学校を卒業後、同人誌に詩や短歌を投稿するようになりました。20歳をすぎたころ、与謝野鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を7首送ったところ、次の号に6首も採用されました。晶子はうれしさのあまり、それからたてつづけに『明星』に歌を送りました。それにこたえて、鉄幹からも、はげましの手紙がたびたびくるようになりました。

1900年8月、大阪で講演した寛に会い、大いに創作意欲を刺激されました。そして翌年寛のもとに上京、処女歌集『みだれ髪』を刊行。「やは肌のあつき血汐(ちしほ)にふれも見でさびしからずや道を説く君」など、恋愛の情熱を大胆に歌い上げた作風は、文壇の注目を浴びました。まもなく晶子は寛と結婚し、『明星』の中心となって、小説、詩、評論、古典研究など多方面に活動するようになりました。

1904年2月に、日露戦争がおこって晶子の弟も出征。晶子は同年9月、『明星』に『君死にたまふことなかれ』を発表しました。旅順口で戦う弟を歎いた詩でした。

あゝおとうとよ、君を泣く 君死にたまふことなかれ 末に生まれし君なれば 親のなさけはまさりしも 親は刃をにぎらせて 人を殺せとをしへしや 人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや

堺の街のあきびとの 旧家をほこるあるじにて 親の名を継ぐ君なれば 君死にたまふことなかれ 旅順の城はほろぶとも ほろびずとても何事ぞ 君は知らじな、あきびとの 家のおきてに無かりけり…

この晶子の詩に対して、当時の言論界の大御所だった大町桂月は、雑誌『太陽』に「教育勅語、宣戦詔勅を非難する大胆な行為である。乱臣なり、賊子なり」(国のためにみんなが戦争をしているときに、こういう詩を書くとは、国賊だ)と非難しました。これに対して晶子は「当節のやうに死ねよ死ねよと申し候こと、またなにごとにも忠臣愛国などの文字や、畏おほき教育勅語などを引きて論ずることの流行は、この方かへって危険と申すものに候はずや」と反論。さらに晶子は「女というものはみな戦争がきらいなのです」と、一歩も譲りませんでした。

鉄幹との間に生まれた子は11人もありました。家計はいつも火の車で、晶子は作品の原稿料を前払いしてもらうこともたびたびでした。残した歌は5万首にも及ぶといいます。『源氏物語』の現代語訳、詩作、評論活動ととてもエネルギッシュな人生を送り、女性解放思想家としても大きな足跡を残しました。

なお、与謝野晶子の詳しい生涯は、いずみ書房のホームページで公開しているオンラインブック・せかい伝記図書館・35巻「与謝野晶子」 をご覧ください。また、オンライン図書館 「青空文庫」では、与謝野晶子の著作を数多く公開しています。