予定通り、一昨日、阪急交通社主催によるツアー「サンチャゴ巡礼道を含む15の世界遺産をめぐるスペイン・ポルトガル13日間」の旅より、兄猛夫夫妻とともに無事帰国いたしました。

兄猛夫夫妻と同行するヨーロッパの旅は、2003年スペイン、2006年フランス周遊、2007年ドイツ周遊に続き今回で4回目。バルセロナ・バレンシア・ラマンチャ・グラナダ・コルドバ・セビージャ・エヴォラ・リスボン・バターリャ・ポルト・サンチャゴデコンポステーラ・レオン・サラマンカ・セゴビア・マドリッドという、スペイン、ポルトガルの主だった都市やその周辺を、走行距離3800km、1日平均400km以上のバスによるハードな旅ではありましたが、それぞれの場所に、印象深い思い出を残してこれました。

バルセロナからセビージャまでと最終のマドリッドは、2003年秋、亡き妻との最後の海外旅行で出かけた場所でもありました。この時はメキシコに7年半滞在したことがありスペイン語の堪能な兄猛夫夫妻に同行してもらい、車椅子持参の旅ではありましたが、アルハンブラ宮殿を徒歩で4キロも歩くほど元気だったことを思い出しました。1年後に亡くなるなど予期できないほどに。

今回も、期待通りの旅行を楽しめました。わがベスト10は次の通りです。

● 20年前に感動した「フラメンコ」に再会
● マドリッド3大美術館を制覇
● カトリックの聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラとの出会い
● イスラム文化とキリスト教文化の融合
● 風車とドンキホーテ
● ガウディの偉業を再確認
● 大航海時代のポルトガルの栄光
● ヨーロッパ大陸最西端ロカ岬の感銘
● ポートワインの奥深さ
● 世界遺産の魅力

近いうちに項をもうけ、これらをテーマにつづりたいと思います。

なお今回も、この旅行記は、私の兄猛夫のブログで、1か月以上にわたり詳しく紹介される予定です。私のブログ右下の[links]にあります「十(とお)一(はじめ)こと酒井猛夫のブログ」をクリックしてご覧いただければ幸いです。