いずみ書房独自のフランチャイズ販売組織の告知は、口コミによる他に、当時ダイヤモンド社が発行していた月刊雑誌「セールス」に1ページ広告を掲載して公募を開始した。手元に1977年の2月発売号の掲載広告があるが、次のようになっている。

ただ今、全国60支社長募集中(募集地区を明記)。1976年11月募集開始、たちまち11地区の支社(神奈川・栃木・長野・宮城・南茨城・北茨城・東京多摩・東千葉・山口)決定。チャンスは今です。加盟料不要、保証金1地区わずか30万円、当社の将来性をみきわめ、参加の余地があるうちにお申込み下さいとし、神奈川支社長W氏の次のコメントを掲載した。

20数年間にわたり、100種類以上の本のセールスをしてきたが、わずかなセールス時間で1日10件も申し込みのとれる、しかもお客様に喜ばれ利益率の高い商品に出合ったのははじめてだ。2、3日テストセールスをしてみて「これだ!」と思い、即刻神奈川県内3地区の契約を済ませた。重いカバンも必要なく、まさに「ポケット」に見本を入れ、軽装で出かけられるのも魅力だ。

さらに、[近日完成]として、ビデオ絵本「せかいのどうわ」(全10作・制作ソニー)、[企画進行中]として、第2期「こども科学図書館」(40巻)、第3期「こどもワールド図書館」とある。さらに、「各界の有名人も絶賛の声」として、次の7名の方々の「ポケット絵本(現「せかい童話図書館」)への推薦文」を掲載している。

文芸評論家・山室静、歌手・加藤登紀子、作曲家・高木東六、詩人・高田敏子、参議院議員・田英夫、女優・寺島(藤)純子、全国学校図書館協議会理事・甲斐清通[敬称略]。ほとんどが社会思想社時代に出版でお世話になった方々だか、絵本の献本をしただけで、よくぞこれだけの推薦文をいただけたものだと、今さらながら感心する。