児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ

30歳で独立、31歳で出版社(いずみ書房)を創業。 取次店⇒書店という既成の流通に頼ることなく独自の販売手法を確立。 ユニークな編集ノウハウと教育理念を、そして今を綴る。

● 今日(3月18日)の主なできごと

1871年 パリ・コミューン……普仏戦争の敗戦後のこの日、パリに労働者の代表たちによる「社会・人民共和国」いわゆるパリ・コミューンが組織された。正式成立は3月29日で、5月28日に政府軍の反撃にあってわずか72日間でつぶれてしまったものの、民衆が蜂起して誕生した革命政府であること、世界初の労働者階級の自治による民主国家で、短期間のうちに実行に移された革新的な政策(教会と国家の政教分離、無償の義務教育、女性参政権など)は、その後の世界に多くの影響をあたえた。

1964年  世界初の電卓……早川電機(現在のシャープ)が、商用化された製品としては初の電子式卓上計算機(電卓)を発表。トランジスタを搭載したメモリー付計算機で、重さ25kg。定価53万5千円は、当時、自動車が買える値段だった。同日、ソニーも試作品を発表。

1965年 初の宇宙遊泳成功……ソ連の宇宙船「ボスホート2号」に乗ったレオーノフ中佐は、1本の命づなをたよりに船外に出ておよそ24分間、人類初の宇宙遊泳をした。この成功は、人が宇宙空間でも活動ができること、宇宙服が船外服として使用できることを証明したもので、以後の宇宙開発の重要な一歩となった。アメリカが成功したのは、3か月後のことだった。


● 今日の主な記念日・恒例日

精霊の日……飛鳥時代の柿本人麻呂、平安時代前期の小野小町、平安時代中期の和泉式部の3人は、いずれも三十六歌仙の歌人で亡くなった日がこの日と伝えられていること(異説あり)から、記念日となった。柿本人麻呂は、月遅れの4月18日に明石の柿本神社で例祭が行われ、小野小町は、全国の小町ゆかりの地でイベントが行われる。


● 今日生まれた人

1654年 康熙帝……中国清の第4代皇帝。唐の太宗とともに、中国歴代最高の名君といわれる。

1844年 リムスキー……ロシアの作曲家。代表作『シェエラザード』『スペイン奇想曲』など。

1858年 ディーゼル……ドイツの機械技術者。ディーゼルエンジン発明。

1913年 ルネ・クレマン……フランスの映画監督。代表作『禁じられた遊び』『太陽がいっぱい』など。

1913年 石田波郷……昭和期の俳人。加藤楸邨、中村草田男らとともに「人間探求派」。

1923年 田村隆一……昭和・平成期の詩人・翻訳家・エッセイスト。


● 今日亡くなった人

1473年 山名宗全……室町時代の武将・守護大名。応仁の乱の西軍の総大将。

1584年 イワン雷帝……ロシアの皇帝イワン4世。強力な権力で中央集権化を推進「雷帝」といわれる。

1933年 吉野作造……明治・大正・昭和期の政治学者・評論家。民本主義を創始。

1981年 佐伯孝夫……昭和期の作詞家。代表作『燦めく星座』『有楽町で逢いましょう』『鈴懸の径』『湯島の白梅』『いつでも夢を』など。

1989年 菊島隆三……昭和期の脚本家。黒澤明監督作品『用心棒』『天国と地獄』『赤ひげ』など10作品の脚本にたずさわる。

1991年 鴨居羊子……昭和・平成期の下着デザイナー。


● 過去のマイブログ「3月18日」のテーマ

2015年  「応仁の乱」 と山名宗全
10年にもわたる内戦「応仁の乱」の西軍総大将として知られ、「赤入道」と呼ばれた山名宗全(やまな そうぜん)が、1473年に亡くなった日です。山名氏は、かつて「六分の一衆」といわれ、全国66か国の1/6を領有する権力を持っていました。しかし、1391年山名時熙(ときひろ)のとき、室町3代将軍足利義満の挑発により敗れ(明徳の乱)、わずか伊賀・但馬・備後の3国を領するだけになって……。

2014年   イワン雷帝
ロシア史上もっとも強力で個性的だった皇帝のイワン4世が、1584年に亡くなった日です。1530年、ロシアを統一をしたイワン3世の孫、バシリー3世の子としてモスクワに生まれたイワンは、3歳のときに父王が亡くなったためにモスクワ大公になります。ところが摂政をつとめた母も急死したことで、宮廷クレムリンの中は大貴族たちが私闘をくりかえし、陰謀と暴力、人身攻撃がうずまくなかで、少年期を……。

2013年  『シェエラザード』 のリムスキー
ロシア国民学派五人組のひとりで、交響組曲『シェエラザード』『スペイン奇想曲』など、管弦楽曲や民族色豊かなオペラを数多く残したロシアの作曲家リムスキー・コルサコフが、1844年に生まれた日です。ロシア北西部ノブゴロドに、軍人貴族の家庭に生まれたリムスキー・コルサコフは、幼少のころから楽才を示しましたが、12歳でサンクトペテルブルクの海軍兵学校に……。

2010年   ディーゼルエンジン
空気を強く圧縮すると高い温度になります。この原理を応用して、空気を圧縮した筒のなかに液体の燃料を噴射して自然発火させ、爆発力でピストンを動かすエンジンが、1897年に発明されました。そのエンジンを発明したルドルフ・ディーゼルが、1858年にフランスのパリに生まれた日です。両親ともドイツ人で、父はパリの皮革工場の労働者……。

2009年   万葉集の代表歌人・柿本人麻呂
飛鳥時代の歌人で、山部赤人らとともに歌聖と称えられている柿本人麻呂が、724年に亡くなったとされる日(柿本神社記録)です。柿本人麻呂は『万葉集』最高の歌人です。しかし、額田王と同じように、生まれた年も亡くなった年もわからず、その生涯は『万葉集』の歌からおしはかるよりしかたがありません……。

2008年  [おもしろ民話集 38] 絵姿女房
むかし、ごんべぇという、貧乏ではありますが、正直でよく働く若者がいました。ある晩のこと、見たこともない美しい娘が、ごんべぇの家にやってきて 「道に迷ってしまいました。どうか、一晩とめてもらえないでしょうか」 というのです……。

● 今日(3月17日)の主なできごと

1220年 サマルカンド征服……モンゴルの征服者チンギス・ハンは、インドから黒海に至る交通路を占めていたホラズム・シャー朝の首都サマルカンド(現・ウズベキスタン)を徹底的に破壊し、数十万という人口の3/4を殺害した。

1945年 硫黄島玉砕……2か月ほど前から小笠原諸島の南西にある硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じていた戦闘は、この日、アメリカ軍は猛爆を加え、日本軍2万3千人のうち捕虜になった210人を除く全員が戦死、アメリカ軍に島を奪取されてしまった。このため、アメリカ軍は日本本土空襲の理想的な中間基地を手に入れ、東京大空襲、名古屋大空襲、大阪大空襲を続けざまに実施、日本軍は、勝ち目のほとんどない絶望的な本土戦を余儀なくされた。

1988年 東京ドーム完成……日本初の屋根付き球場「東京ドーム」が落成。このドームは内側の気圧を外より高くして、400トンある屋根を膨らませているため「ビッグエッグ」の愛称がついている。5万5千人の客席があり、野球の他、他のスポーツやコンサートにも使用されている。


● 今日の主な記念日・恒例日

漫画週刊誌の日……1959年のこの日、日本初の少年週刊誌『少年マガジン』が講談社から創刊された。当時の漫画は5本だけで、ニュース、スポーツ、科学、小説など読み物が大半だった。ところが1か月後に『少年サンデー』が小学館から発刊されると、手塚治虫、藤子不二雄らを起用して人気を得たため、『少年マガジン』もどんどん漫画に力を入れ、1960年代に入ると「巨人の星」(原作梶原一騎・作画川崎のぼる)や「あしたのジョー」(原作高森朝雄・作画ちばてつや)が大ヒットし、「少年漫画週刊誌」の競合時代になっていった。1968年には集英社も『少年ジャンプ』を創刊、1980年代に「ドラゴンボール」(鳥山明)などがヒットして、600万部以上の売上を記録。その後下火となったといわれるものの、今も少年漫画週刊誌は出版界の大きなシェアを占めている。


● 今日生まれた人

1797年 大原幽学……江戸時代後期の農政学者。

1834年 ダイムラー……ドイツの工業技術者。自動車開発のパイオニア。

1839年 月岡芳年……江戸時代後期の浮世絵師。代表作 『奥州安達が原ひとつ家の図』 『大日本名将鑑』 『月百姿』など。

1846年 グリーナウェイ……イギリスの挿絵画家。絵本画家。

1898年 横光利一……大正・昭和期の小説家。代表作『日輪』『頭ならびに腹』『機械』『旅愁』など。

1907年 三木武夫……昭和期の政治家。第66代首相。


● 今日亡くなった人

806年 桓武天皇……平安京を開いた第50代天皇。

1853年 ドップラー……オーストリアの物理学・数学・天文学者。ドップラー効果発見。

1914年 平出修……明治・大正期の歌人・小説家・弁護士。幸徳秋水事件を弁護。

1960年 藤原銀次郎……昭和期の実業家・政治家。王子製紙社長歴任。「製紙王」

1970年 市河三喜……昭和期の英語学者。「日本英語学の祖」

1984年 伊馬春部……昭和期の劇作家・小説家。代表作『向う三軒両隣り』など。

1994年 安井かずみ……昭和・平成期の作詞・訳詞家。代表作『恋のしずく』『わたしの城下町』『赤い風船』『ドナドナ』など。

1996年 ルネ・クレマン……フランスの映画監督。代表作『禁じられた遊び』『居酒屋』『太陽がいっぱい』など。

2001年 新珠三千代……昭和・平成期の女優。映画『女の中にいる他人』テレビドラマ『氷点』などで活躍。

2007年 船越英二……昭和・平成期の俳優。 映画『野火』テレビドラマ『時間ですよ』などで活躍。


● 過去のマイブログ「3月17日」のテーマ

2015年  『逆徒』 の平出修
「大逆事件」で幸徳秋水ら被告の弁護を務めた作家・歌人で弁護士の平出修(ひらいで しゅう)が、1914年に亡くなった日です。1878年、今の新潟市に庄屋の8男として生まれた平出(旧姓・児玉)修は、幼いころは身体が弱かったものの、記憶力に優れ、高等小学校を卒業後、地元の小学校の教師となりました。そのかたわら短歌や評論を雑誌「明星」に発表して……。

2014年   ドップラー効果
「ドップラー効果」を発見したことで知られるオーストリアの物理学者・数学者・天文学者ドップラーが、1853年に亡くなった日です。1803年、ザルツブルクに石工の子として生まれたクリスチアン・ドップラーは、病弱だったために家業を継ぐのをあきらめ、ウィーンの工芸学校を卒業後、同市の工業研究所の助手となり、大学教授となる目標をたてました……。

2010年   千年の都を開いた桓武天皇
794年から1869年までの千年以上も、日本の都として京都に平安京がおかれていました。この平安京を開いた第50代天皇の桓武天皇が、806年に亡くなった日です。桓武天皇は、光仁天皇の皇子として737年に生まれ、山部王とよばれました。しかし、初めは、天皇のあとをつぐ皇太子にはなれませんでした。母が渡来人の子孫で、純粋な日本人ではなかったからです……。

2009年   自動車の父・ダイムラー
ドイツの技術者で、自動車開発のパイオニアと讃えられるダイムラーが、1834年に生まれた日です。自動車の研究は、いまからおよそ400年くらいまえから、ヨーロッパで始められました。でも、自動車といっても、初めは帆かけ船のように帆を張って、風の力を利用して走るもので、そのつぎが蒸気や電気の力で走るものでした。ガソリンエンジンの自動車があらわれたのは19世紀末になってからのことで……。

2008年  何でもいうことを聞くのは「素直」なのではない
母親が子どものことを 「勉強はあまりできませんが、素直なだけがとりえです」 「親に逆らうようなことのない素直な子です」 などといいます。母親同士の会話の中にも 「素直が一番ですよ」 という言葉を耳にすることが少なくありません……。

2006年  世界に目を向け日本をみつめなおす
「日本読書クラブカタログ(本の価値と楽しみ)」の第9章「文化地理」の項を紹介してみよう。地球上の国ぐにが交際すること、あるいは、その国ぐにの人びとが交際することを 「国際」といいます。そして、戦後の日本では、「国際社会の一員として」 「国際社会に生きる」 「国際的な視野で」 ……。

● 今日(3月16日)の主なできごと

1600年 リーフデ号漂着……ウイリアム・アダムスやヤン・ヨーステンらが乗っていたオランダ商船「リーフデ号」が、豊後国(大分県)の臼杵に漂着。乗組員は110人ほどいたが、生存者はわずかに24名だった。生存者のウイリアム・アダムスは「三浦按針」として徳川家康に仕え、ヤン・ヨーステンは日本人と結婚し、屋敷のあった場所が現在の八重洲だったことから「八重洲」の地名は彼の名に由来。

1934年 国立公園……日本で初めて、瀬戸内海・雲仙(今は雲仙天草)・霧島(今は霧島錦江湾)国立公園の3か所が指定された。国立公園とは、国が指定し保護・管理をする自然公園のことで、現在では、阿寒・大雪山・支笏洞爺・知床・利尻礼文サロベツ・釧路湿原・十和田八幡平・磐梯朝日・三陸復興・日光・富士箱根伊豆・秩父多摩甲斐・南アルプス・小笠原・尾瀬・中部山岳・伊勢志摩・上信越高原・白山・妙高戸隠連山・吉野熊野・山陰海岸・大山隠岐・足摺宇和海・阿蘇くじゅう・屋久島・西海・西表石垣・慶良間諸島国立公園が加わって計32となっている。

1985年 「つくば科学万博」開幕……この日茨城県の筑波研究学園都市で、「人間・居住・環境と科学技術」をテーマに、47か国、37国際機関が参加して、国際科学技術博覧会「つくば科学万博」が開幕した。リニアモーターカーが注目を浴びるなど、テレビ技術、映像技術、ロボット技術、コンピュータ技術、輸送技術、生物科学技術など数多くの斬新な技術が評判をよび、9月16日までの半年間に2033万人が訪れ、特別博覧会としては、史上最大規模となった。


● 今日の主な記念日・恒例日

国立公園指定記念日……1934年内務省が、瀬戸内海・雲仙・霧島の3か所を国立公園に指定し、日本初の国立公園が誕生したことを記念。


● 今日生まれた人

1789年 オーム……ドイツの物理学者。「オームの法則」を発見。電気抵抗の単位Ω(オーム)は彼の名に由来。

1806年 藤田東湖……江戸時代後期の儒学者。後期水戸学を大成。

1832年 古河市兵衞……明治期の実業家。古河財閥創立。古河鉱業(足尾銅山)社長。

1868年 ゴーリキー……ロシアの小説家。代表作『どん底』など。

1922年 佐川清……昭和・平成期の実業家。佐川急便創業。


● 今日亡くなった人

1925年 ワッセルマン……ドイツの細菌学者。梅毒診断法、コレラ予防接種法発見。

1940年 ラーゲルレープ……スウェーデンの小説家。代表作『ニルスのふしぎな旅』など。

1978年 山手樹一郎……昭和期の小説家。代表作『桃太郎侍』など。

1993年 笠智衆……昭和・平成期の俳優。代表作『晩春』『東京物語』ほか小津安二郎監督作品、『男はつらいよ』シリーズなど。

2001年 大川功……昭和・平成期の実業家。CSK創業、セガ会長・社長歴任。「ベンチャーの父」

2012年 吉本隆明……昭和・平成期の評論家・詩人。代表作『固有時との対話』『転位のための十篇』『情況』など。


● 過去のマイブログ「3月16日」のテーマ

2015年  『ニルスのふしぎな旅』 のラーゲルレープ
スウェーデン人初となるノーベル賞(文学賞)を受賞した女性作家ラーゲルレープが、1940年に亡くなった日です。1858年、スウェーデン中部べルムランド地方のモールバッカに、没落しつつある名家の子として生まれたセルマ・ラーゲルレーブは、生まれつき足が不自由だったために外遊びができず……。

2012年  「おもしろ古典落語」63回目  『孝行糖(こうこうとう)』
「大家さん、このたびはおめでとうございます」「長屋のみなさん、わざわざすまないね、上がっておくれ」「今年21になるあのウスバカの与太郎が、親孝行のほうびに、お奉行さまからごほうびをちょうだいしたそうで」「そうなんだ、青ざし五貫文いただいたんだ……。

2010年   アダムス(三浦按針)らの漂着
難破したオランダ商船「リーフデ号」が、1600年に豊後国(大分県)の臼杵に漂着した日です。自力では上陸できなかった乗組員は、小舟でようやく日本の土を踏みました。このことはすぐに大坂城の豊臣秀頼に知らされ、五大老の首座にあった徳川家康は、大坂に護送するように指示しました……。

2009年   最初に日本へきた英国人・三浦按針
オランダの商船リーフデ号に乗ったウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針)が、1600年に日本に漂着した日です。ウィリアム・アダムスは、イギリスの造船のさかんな町に生まれ、造船技術を身につけて、イギリス艦隊の船長として従事したのち、オランダに渡って、1598年、5隻からなる東洋遠征船隊に水先案内としてリーフデ号に乗船しました。ところが……。

2007年  はなさかじじい、1円の中古本
作家五木寛之氏のロングセラーに「生きるヒント」という全5巻のシリーズがあります。氏は、私よりちょうど10歳年上で誕生月も同じです。1巻に12章、全60章からなっていて1章は400字詰原稿用紙20枚程度、10分ほどで読める分量もほどよい感じがして、この2、3週間、興味深く愛読しています……。

2006年  先人に人間の生き方を学ぶ
「日本読書クラブカタログ(本の価値と楽しみ)」の第8章「伝記」の項を紹介してみよう。「田中正造」……田中正造の生き方を考えましょう。自分だったら、どのような生き方をしたいと思ったか、考えをまとめましょう。「アンリ・ファーブル」……ファーブルが、どんなことを考えて、何をしたかを、読みとりましょう……。

● 今日(3月15日)の主なできごと

1890年 琵琶湖疏水の第1期工事竣工……琵琶湖疎水は、琵琶湖の湖水を京都市へ流すために作られた水路(疏水)で、大津~京都・蹴上間の第1期工事(第1疏水)がこの日に竣工。翌1891年には、日本初となる事業用水力発電所が完成、第2疏水は、1908年着工1912年に完成した。

1920年 第一次大戦後の恐慌……第一次大戦中、日本は綿糸や生糸などの輸出で好況を呈していたものの、その反動と、ヨーロッパ諸国が戦後に再びアジア市場に進出したことで、この日株価が半値以下の大暴落。「戦後恐慌」といわれる経済の大混乱が始まった。以後、銀行取付さわぎや企業倒産が続出。1920年代は「慢性不況」と称されるほどの長期不況が支配した。

1928年 3.15事件……日本共産党は、第1次世界大戦後に秘かに党を結成し、労働者の政治運動をさかんに行なっていた。その後、1928年2月の第1回普通選挙で、共産党を含む無産政党から8名の当選者を出した。これに脅威を感じた田中義一内閣はこの日全国一斉に、共産党を含む左翼団体の関係者1568名を捕え、治安維持法違反の罪で処罰した。これが「3.15事件」で、これ以降共産党や労農党の結社を禁止。この時逮捕された徳田球一や志賀義雄らは、1945年10月にGHQの指令で釈放されるまで18年間、獄中につながれたままだった。


● 今日の主な記念日・恒例日

靴の記念日……陸軍創始者の大村益次郎が、輸入された軍靴が大きすぎたため、日本人の足に合う靴を作ることを提案。これを受けて1870年のこの日、西村勝三が、東京築地に日本初の西洋靴工場「伊勢勝造靴場」を開設した。1932年、日本靴連盟が記念日に制定。

世界消費者権利デー……1962年のこの日、米国のケネディ大統領が、消費者の4つの権利(1.安全への権利 2.情報を与えられる権利 3.選択する権利 4.意見を聴かれる権利)を盛り込んだ教書を連邦議会に提示したことにちなみ、国際消費者機構が消費者運動の統一行動日として、1983年から実施。


● 今日生まれた人

1876年 伊波普猷……明治・大正・昭和期の民俗学者・歴史家。「沖縄学」を創始。

1884年 長谷川伸……大正・昭和期の小説家・劇作家。代表作『瞼の母』『一本刀土俵入』など。

1916年 五味川純平……昭和・平成期の小説家。代表作『人間の条件』など。

1921年 貝谷八百子……昭和期のバレエダンサー。貝谷バレー団創設。日本を代表するプリマドンナ。


● 今日亡くなった人

BC44年 シーザー(カエサル)……古代ローマの政治家。終身執政官。ブルータスらに暗殺。

493年 オドアケル……ゲルマン族の傭兵隊長。西ローマ帝国を滅ぼす。

1898年 ベッセマー……イギリスの発明家・実業家。転炉式製鋼法発明。

1895年 井上毅……明治期の官僚・政治家。明治国家形成に貢献。

1981年 堀口大学……大正・昭和期の詩人・翻訳家。

1998年 スポック……アメリカの小児科医・社会運動家。代表作『スポック博士の育児書』など。

2010年 清水一行……昭和・平成期の経済小説家。代表作『小説・兜町』『動脈列島』『器に非ず』など。


● 過去のマイブログ「3月15日」のテーマ

2013年  「おもしろ古典落語」110回目  『しめこみ』
「しめこみ」といっても、お相撲さんの「まわし」のことではありません。ちょっとまぬけな「空き巣ねらい」の泥棒の話です。「こんにちは、お留守ですか? えー、表があけっぱなしになって、ぶっそうですよ。ごめんください……。

2012年  「大日本帝国憲法」 と井上毅
明治国家最大のブレーンといわれ、「大日本帝国憲法(明治憲法)」の基本を決定した政治家・井上毅(いのうえ こわし)が、1895年に亡くなった日です。1844年、熊本藩飯田家の3男に生まれ、井上家の養子となった井上毅は、幼いころから秀才のほまれ高く、私塾必由堂に学び、19歳で藩校の時習館で学び、1867年藩命により江戸と長崎でフランス語を学びました……。

2010年   古代ローマの英雄・シーザー
古代ローマの政治家で終身執政官となるも、「ブルータス、お前もか!」という有名なセリフを残して暗殺されたシーザー(カエサル)が、紀元前44年に亡くなった日です。ジュリアス・シーザーが、どこに生まれどのように育ったかについては、詳しいことはわかっていません。ローマの名門貴族の家に生まれながら権力争いに敗れて、ロードス島に逃げのび、そこで学問や雄弁術、武力を身につけたといわれています……。

2007年 「スペイン・ポルトガル」 巻末解説
25年ほど前に初版を刊行したワールド図書館の第4巻「スペイン・ポルトガル」の巻末解説と、その後の変化を記した補足事項を記します……。

2006年  観察をこえ、より深い思考へ
「日本読書クラブカタログ(本の価値と楽しみ)」の第7章「図鑑」の項を紹介してみよう。毎日新聞社が行なっている学校読書調査の結果によると、このところ、小学生のあいだで、昆虫、動物などの図鑑類がますます人気を集めています。4年生の男子では、昆虫図鑑が 「みんなに多く読まれた本」 の2位、動物図鑑が7~8位を占めているほどです……。

● 今日(3月14日)の主なできごと

1701年 浅野内匠頭(たくみのかみ)が吉良義央に刃傷(にんじょう)……江戸城松の廊下で、赤穂藩主の浅野長矩(内匠頭)が高家(こうけ=儀式や典礼を司る役職)の吉良義央を刀で斬りつけて負傷させた。長矩は即日切腹、お家断絶になったのに対し、吉良は無罪となった。これが発端となって、のちに赤穂浪士が吉良邸を襲う事件に発展、歌舞伎「忠臣蔵」で有名になった。

1868年 五箇条の御誓文……明治天皇が「五箇条の御誓文」を公布した。明治新政府の基本方針となるもので、「広く会議を興し、万機公論に決すべし」「上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし」など5項目の条文からなる。

1965年 「イリオモテヤマネコ」生息確認……作家の戸川幸夫らが沖縄の西表島から持ち帰ったヤマネコの頭骨と毛皮を、日本哺乳動物学会が調べた結果、新種のヤマネコであることをこの日に確認。1967年、イリオモテヤマネコ(西表山猫)と命名された。このヤマネコは1千万年前に栄えた原始的なヤマネコの特徴を備えているため「生きた化石」とよばれているが、生存数が少なく、1977年に国の天然記念物に指定された。

1970年 「大阪万博」開催……アジア初となる日本万国博覧会(大阪万博)が開幕。「人類の進歩と調和」をテーマに77か国が参加し、117のパビリオンが設置された。9月13日まで183日間の会期中に6422万人が訪れ、史上最多の入場者数を記録。


● 今日の主な記念日・恒例日

ホワイトデー……2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が、返礼のプレゼントをする日。バレンタインデーのチョコレートに対しキャンデーやマシュマロをお返しする風潮が1970年代から生まれてきた。


● 今日生まれた人

1497年 毛利元就……戦国時代の武将。中国地方ほぼ全域と四国の一部を支配、毛利家の最盛期。

1804年 ヨハン・シュトラウス1世……オーストリアの作曲家。代表作『ラデツキ―行進曲』など。

1809年 島津斉彬……幕末の薩摩藩主。藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人。

1879年 アインシュタイン……ドイツ生まれアメリカで活躍した理論物理学者。「一般相対性理論」を完成させる。20世紀最大の物理学者。


● 今日亡くなった人

1701年 浅野長矩……江戸時代前・中期の大名。赤穂藩主。

1789年 三浦梅園……江戸時代中期の思想家・経済学者。代表作 独自の学問体系を築いた『玄語』など。

1883年 マルクス……ドイツの経済学者・哲学者。代表作『資本論』など。労働運動の理論的指導者。

1932年 イーストマン……アメリカの発明家。イーストマン・コダック社創業。

1948年 千家元麿……大正・昭和期の詩人。

1950年 吉本せい……昭和・平成期の実業家。「吉本興業」創業。

1981年 ルネ・クレール……フランスの映画監督。代表作『巴里祭』『自由を我等に』『夜ごとの美女』など。

1990年 池田潔……昭和期のイギリス文学者・評論家・随筆家。代表著作『自由と規律-イギリスの学校生活』『学生を思う』など。

2014年 宇津井健……昭和・平成期の俳優。『スーパージャイアンツ』『ザ・ガードマン』『さすらい刑事』シリーズなどで活躍。

2017年 渡瀬恒彦……昭和・平成期の俳優。『十津川警部シリーズ』『タクシードライバーの推理日誌』などで活躍。

2018年 スティーヴン・ホーキング……イギリスの理論物理学者。ブラックホールの特異点定理の発表など現代宇宙論に多大な影響。「車椅子の物理学者」


● 過去のマイブログ「3月14日」のテーマ

2014年   写真を普及させたイーストマン
ロールフィルムを発明し、イーストマン・コダック社を創業して写真の大衆化をはかったアメリカの実業家イーストマンが、1932年に亡くなった日です。1854年、ニューヨーク州ウォータービルにある農場経営者の子として生まれたジョージ・イーストマンは、ロチェスターの公立学校で学んだ後、銀行の帳簿係をつとめながら、趣味の写真撮影を楽しんでいました……。

2013年   人間愛をうたった千家元麿
人道主義・理想主義をかかげる「白樺派」を代表する詩人の千家元麿(せんげ もとまろ)が、1948年に亡くなった日です。1888年、東京・麹町に生まれた千家元麿の父は出雲大社の宮司で、後に東京府知事を経て西園寺内閣の司法大臣となった男爵千家尊福(たかとみ)でした。しかし、元麿の母は、正妻でない画家の小川梅崖でした……。

2012年  『資本論』 のマルクス
「科学的社会主義」を提唱し、労働運動の理論的指導者として世界に大きな影響力を与えたドイツ出身の経済学者マルクスが、1883年に亡くなった日です。1818年、プロイセン王国ライン州モーゼル河畔のトリーアに、ユダヤ系弁護士の長男に生まれたカール・マルクスは、1835年にボン大学に入学して法律をまなびましたが、まもなく哲学や歴史に熱中してベルリン大学に移り、ヘーゲル左派の影響を受けました……。

2008年  マネ「フォリー・ベルジェールのバー」
この絵を描いたマネは、モネやルノアールらとともに、印象派を代表する画家といわれます。でも、マネは彼らと同時代に新しい絵画を創造していましたが、印象派展には一度も出品したことはなく、印象派の画家たちに行くべき道を示した先駆者といってよいかもしれません……。

2007年  引っこみ思案な子にしない
集団にとけこめない子がいます。引っこみ思案の子がいます。親からみると、困ったなと思いながらも、かわいそうでなりません。仲間からひとり離れているわが子を見ると、飛んでいって抱きしめてやりたいほど、かわいそうになってしまいます……。

2006年  心ゆさぶる真実の世界
「日本読書クラブカタログ(本の価値と楽しみ)」の第6章「児童文学」の項を紹介してみよう。「ごんぎつね」(新美南吉)、「おこりじぞう」(山口勇子)、「たかのすとり」(千葉省三)、「雪わたり」(宮沢賢治)、「月の輪ぐま」(椋鳩十)、「ベロ出しチョンマ」(斉藤隆介)、「もぐら原っぱのなかまたち」(古田足日)、「ヒロシマのうた」(今西祐行)……。

↑このページのトップヘ